水大福
この水大福、大福なのに冷やして食べる、というしろもの。
大福はもち米から出来ているのに、冷たくしたら固くならないのかしら?不思議。
c0017736_018574.jpg

その不思議を味わってみたく探していたら、市内にありました。(^。^)

真っ白で、冷たくてつるんとして柔かく、もちもちして歯切れがいい。中の漉餡の甘さもはかなくも上品。笹の葉の香りもすばらしく、これは美味しいです!佐賀に白玉饅頭といってうるち米を使ったものがあるのですが、その食感に似ています。あー、もっと食べたい。

なんとか作れないものかしらん。で、お店の人にすこーし(企業秘密だもんね)お聞きすると、材料はもち粉と葛粉を入れているとか。作り方はとてもややこしいので、素人さんには無理でしょうと言われました。( ̄~ ̄;) ウーン

あとブログ+イツモノ(2005.05.28 銀座あけぼのの水大福)さんで紹介されてるものは、キャッサバの澱粉を使用とのこと。フーム、素材はいろいろです。

c0017736_0201573.jpg■松葉屋菓子店  北九州市八幡東区石坪14-25
℡093-651-6762  水大福1個 120円
なんでも2000年に九州大会でこの水大福で優勝してトロフィーと賞金○○万円頂いたとか。なるほど、納得のお味でした。
[PR]
by mintoto2 | 2005-06-28 01:10 | 和菓子
<< 枇杷ゼリー 豆乳のパンナコッタ >>