タグ:豆腐 ( 10 ) タグの人気記事
リコッタ豆腐のサラダ
落合務さんがテレビで紹介していた「リコッタ豆腐のサラダ」を作ってみました。
手作りのリコッタチーズに絹ごし豆腐を混ぜて、枝豆と青しそ(番組ではバジル)も入れて。
c0017736_22551565.jpg
美味しいです。以前モッツァレラでカプレーゼを作った時は思ったほど美味しくなくてがっかりしたのですが、このリコッタ豆腐、いけますですよ。チーズを買いに行かなくていいし。
トッピングは、塩、黒コショーにオリーブ油、それにバルサミコ酢を煮詰めたものをかけてます。黒いシミのようなのがバルサミコ酢。1枚目のお皿でシャッシャと線描きの練習したのですが、本番はボトンボトン(>_<)。でも味に変わりはないさ~。
c0017736_22553231.jpg
爽やかな酸味にミルクの甘さ、ねっとり感もあって夢中で食べてしまいました。

このリコッタチーズの材料は牛乳とレモンとお塩。シェフの教えを忠実に守って作ったら(ここ重要ね)、吃驚するくらい美味しいチーズが出来上がりました。以前これと似た方法で作ったカッテージチーズはザラザラした舌ざわりで不味かったのに、これは甘味もあって滑らか。


余った豆腐(レシピの半量で作ったのでね)で雷豆腐をこさえました。
これはテレビのレシピ(豆腐と揚げ玉で作る雷豆腐)ではなく私んチのものですが。
c0017736_22555554.jpg
自分でいうのも何なんですが、これも美味しいです。っていつものセリフですね(^_^;)。
材料はゴマ油、豆腐、酒、砂糖、醤油、出汁、青ネギ(忘れずに、たっぷりと)、卵。
お鍋はテフロン加工の物を使って。お豆腐ってこびりついたら最後、往生しますものね。
ポイントは豆腐の水分を蒸発させてから調味料を入れることと、ネギを沢山入れて豆腐臭さをとることだと思っているのですけど。各家それぞれ雷豆腐って違うんでしょうね。テレビでは自家製揚げ玉と豆腐だけの雷豆腐を作ってました。それも美味しそうでしたよ。
[PR]
by mintoto2 | 2007-07-11 23:30 | 料理
桜シリーズⅢ 桜おにぎり・桜豆腐
桜前線は現在、弘前を通過だとか。
なのでまだまだ桜ネタ引っ張らせていただきますね(^_^;)。

まずは桜おにぎり(2種類)を桜の花の塩漬けを使って作ってみました。
c0017736_22224967.jpg
塩抜き(2回程すすいだ程度)して、茎もお花も微塵に切ってご飯に混ぜて俵型に。
ちょっと塩っぱかったけれど、桜の香りが口いっぱいに広がってすごく美味しいです。
桜の時期の定番メニューでないのが不思議なくらい。桜おにぎり、私的にヒットです♪

次は桜フレークを作って、おにぎりにまぶしました。
c0017736_22233022.jpg
桜フレークは桜の花の塩漬けを塩抜きして(水に10分ほど浸して)水分を絞って微塵切りに。それを電子レンジにかけ乾燥させました。しかし、残念なことに塩気を抜きすぎたようでボケたお味になってしまいました。おにぎりは、少々塩気が効いたほうが美味しいですよね。これは水に浸けすぎたようです。それから長く水に浸けおくと、せっかくの色や香りが抜け落ちるように思います。
…今回使った桜の花の塩漬けは、どれもボロボロなもの。案外まともな物って少ないですね。

で、次は桜豆腐。これは豆乳とにがりを使って土鍋で作りました。
c0017736_22234525.jpg
土鍋で豆腐の作り方はこちら。今回の豆乳は成分無調整、大豆固形分12%のものを使用。容器の底に桜の葉の塩漬けを敷いて、豆乳・にがり・水を混ぜたものを注ぎ、桜の花は出来上がってから乗せています。
しっかり固まって、ほのかな桜の香りのする美味しい桜豆腐が出来上がりました~♪ シロップを工夫すれば、デザートでもいいかもです。…私はいつものように黒砂糖をパラパラかけて頂きましたけど。
[PR]
by mintoto2 | 2007-04-24 23:00 | 料理
土鍋 de 豆腐
土鍋シリーズ第3弾、今回は白い食べ物でございます。な~んだ?
c0017736_2245511.jpg

ってすぐお分かりですよね。そうです、お豆腐なんですよ。
c0017736_2251661.jpg

苦節んヶ月、やっと満足のいくお豆腐が作れました。
どうです、このエッジ。しっかり固まってますでしょ。えへん、おほん、うふん♪
c0017736_2252811.jpg

今まではこんなかんじ。電子レンジや蒸し器、土鍋やルクで作ってみましたが、どれもイマイチな出来でした。固まったかと思えても、匙を入れるとボロボロ崩れて離水してと、散々。
c0017736_22521396.jpg

ではどうしてしっかり固まるようになったかってぇ、まあ聞いておくんなまし。

c0017736_2252259.jpg豆腐は豆乳とにがりで作ります。

豆乳は成分無調整で大豆固形分10%以上の濃いものを使用。これを知らず8%のもので作って何度失敗したことか…トホホ。
にがりは天然の物がよろしいかと。

で豆乳に対してにがりは1%。にがりを入れすぎると苦味が出てきて不味いです。何事も適量が大切ですね。

<材料:そば猪口2杯分>
 豆乳・・・・・・250cc
 にがり・・・・・2.5cc(1%)
 水・・・・・・・・25cc(10%)
<作り方>
(1) にがりと水を合わせておく。
(2) 豆乳ににがりと水を合わせたものを入れよく混ぜ合わせる。
(3) そば猪口に注ぎいれ、表面の泡を取りアルミフォイルの蓋を被せる。
(4) 土鍋にキッチンペーパーを敷き、その上にそば猪口をのせる。
(5) 土鍋に熱湯を注ぎ、火を点けフツフツと8分間沸かし続ける。
(6) 火を止め、土鍋の蓋をして20~25分おきます。
   するとそれはそれはなめらかなお豆腐の出来上がり♪

  ※にがりの凝固が始まるのは70~75℃。
    フツフツと8分経過するとそば猪口の内部はだいたい75℃くらいになってます。
    7分ではまだなんです。温度計を突き刺して確認しましたのでね。
  ※前回のプリンではフツフツは5分間だったのに、今回はなぜに8分間?
    プリン液は既に40度に暖まっているのに対し、豆乳は冷蔵庫から出しだち。
    冷たいままからなのでプリンより時間がかかるのです。


お豆腐といっても、あの木綿や絹豆腐の食感ではなくもっとやわやわ、そう豆腐花のような。
…って本物の豆腐花は食べたことがないのですけど、おそらく(^_^;)。
アツアツで喉越しつるん、んもぉすんごく美味しいです。

んでこんな風にデザート感覚で頂いてみましたら…これも美味しい。
黒砂糖を好きなだけのっけて、生姜汁を垂らしたりなんかして。ムフフ♪
c0017736_22524473.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-12-20 23:30 | 料理
生姜たっぷりあんかけ豆腐

c0017736_2293583.jpg寒くなってきましたね。風邪などお引きではないでしょうか。風邪は引きはじめが肝心とか。温かいものを食べて、早めの薬を飲んで早々に布団を引被って寝るのが一番ですよね。

そんな時、必ず食べるのが以前にもUPした「生姜たっぷりのあんかけ豆腐)」(違った名前で出ています(^_^;)。フーフーヒーヒー言いながら食べていると身体がポカポカになってきます。

絹ごし豆腐の滑らかな喉越しと鰹と鶏ひき肉から出る美味しいおだし、生姜のスパイシーなお味がもうもうたまりまセブン!
c0017736_2294730.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-12-10 23:30 | 料理
レンジで豆腐作り
電子レンジでお豆腐が作れることご存知でしたか?私は先日はじめて知りました。
なのでじっけ~~ん開始!!!
        これは電子レンジから取り出したところ。アヂヂ!
c0017736_1702356.jpg
        スプーンですくってみると。固まっていますね♪
c0017736_171199.jpg

無調整豆乳(大豆固形分8%)とにがりと電子レンジで出来ました。
おぼろ豆腐のような滑らかな舌触り(最近頻繁表現ですね^^;)でとろとろでした。
にがりの含有を増やせばもっと固めに仕上がるようです。

作り方は豆乳100ccににがり5cc。レンジで縁がプクプクするまで温めます。
1分くらいでしょうか。もうこれも大感激。豆乳さえあれば、いつでもやわらか豆腐が
いただけちゃいます。それもアツアツで。今からの季節にいいですよ(^ー^* )フフ♪
[PR]
by mintoto2 | 2005-10-22 17:57 | 料理
スパイシーあんかけ豆腐
まだまだ昼間は汗ばむ暑さ、でも夜は肌寒い。風邪をひかれてる方はいらっしゃいませんか?実を言うと私、夕方から熱っぽいです(^_^;)。こんな時、身体をしっかり温めてくれるものがいいですよね。なので今晩はこのお料理を作りました。
あんかけといっても、汁物かな。もうヒーヒー、ハーハー言いながら食べていると身体がポカポカしてきます。信じられないくらいの量の生姜を使っています。なのでお子様舌にはちょっと刺激が強いかも。大人テイストです。・・・さぁあなたはどっち(^。^)。
c0017736_1952868.jpg

■材料(2人分)
絹ごし豆腐・・・・3/4~1丁
鶏ひき肉・・・・・100g (鶏もも肉を細かく切って使っています)
かつおだし・・・・250cc(かつお節の袋にだしの取り方書いてます)
酒・・・・・・・・・・・大さじ1
みりん ・・・・・・・大さじ1/2~1
砂糖・・・・・・・・・大さじ1(ちょっと甘め)
醤油・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・少々
片栗粉・・・・・・・小さじ2
生姜・・・・・・・・・50g

■作り方
(1) 豆腐は大きめの短冊に切っておく。
(2) 生姜はすりおろす。
(3) 片栗粉と同量の水とで水溶き片栗粉を作っておく。
(4) 鍋にかつおだし・酒・みりん・鶏ひき肉を入れて火にかける。
(5) ひき肉をほぐしつつ、沸騰してきたらアクをとる。
(6) 砂糖・醤油・塩を入れ、豆腐を加える。
(7) 煮立ってきたら、水溶き片栗粉を回しかけトロミをつける。
(8) 最後に生姜の絞り汁をいれて出来上がり。

このお料理は2月頃、TBS「はなまるマーケット」のHPを見て知ったのですが今探してもありませんでした。
なので・・・えええい!とのせちゃいました。分量は所々私好みに変えましたが( ̄∇ ̄*)ゞハフ。


最後に一言、ひるんではいけません!生姜好きなら分量守って入れてみそ!!!
[PR]
by mintoto2 | 2005-09-27 21:30 | 料理
肉豆腐
最初に断っおきますが、「肉豆腐」と言っても肉が主役ではありません、メインはお豆腐。肉は味だしです。なので美味しいお肉をちょびっと入れてください。・・・しかし切り落としでもメインは美味しくいただけます。実は今日、切り落としで作っちゃいました^^;。
c0017736_22235167.jpg
■材料(2人分)
 すき焼牛肉・・100g
 豆腐 ・・・・・・・1丁
 玉葱・・・・・・・・1個
 オクラ・・・・・・・5本
 <調味料>
  酒・・・・・・・・50cc
  みりん ・・・・50cc
  砂糖・・・・・・大2弱
  醤油・・・・・・大1.5
  水・・・・・・・・100cc

■作り方
(1) オクラは洗って、さっと湯がいておく。
(2) 牛肉は一口大に切り、豆腐は八つに切る。(豆腐の水切りは不要)
(3) 玉葱は皮をむき、適当な大きさに切る。
(4) 幅広の鍋に調味料を全部入れて沸騰させる。
(5) 牛肉を入れ、一煮立ちしたら取り出しておく。
(6) 豆腐、玉葱を入れ煮て、味を染み込ませる。
(7) 牛肉を戻し入れさっと煮て、味を調える。
(8) オクラも入れてさっと火を通して出来上がり。
(9) お皿に盛り付けます。

 ※使うお豆腐は木綿で。絹だとグチャグチャになっちゃいます。

味付けはすき焼きのように濃い目ではなく、最後まですっきり食べられる甘さにしています。
ポイントはお酒とみりんをたっぷり使うことです。
これは我が家の簡単スピード料理の一つで、大好きなお料理です。
くれぐれも、これはお豆腐が主役です。お肉はちょっとでいい!!!!
[PR]
by mintoto2 | 2005-09-19 22:38 | 料理
煮込み豆腐ハンバーグ
冷凍庫の整理をしていたら、豆腐ハンバーグがひょっこり出てきました。ヘルシーにと豆腐をドドーーンと入れてしまいヤワヤワ、ムニョムニョのヤツ。どうするべ(ーー;)
ふふーん、そうだhiroさんのお薦め煮込みソースでやってみよう!
c0017736_1625069.jpg

フレッシュトマトも一緒に入れてグツグツグツ。
ふふふーーん、美味しい!あの出来れば避けたかったヤツが変身した。
よかったぁ、食べ物粗末にしなくって・・・・・・って捨てるつもりだった(^_^;)。
これでまた不味い豆腐ハンバーグ量産しても安心さぁ。hiroさんサンキュ!

◆付け合せにジャガ芋のローズマリ風味を。
ジャガ芋はレンジで柔かくする。フライパンを熱しオリーブ油にローズマリーの香りをうつし、ジャガ芋を入れ、塩・コショーをしてコンガリ狐色にソテーします。
・・・・カリッカリのジャガ芋、なんて美味しいんでしょう、もう大好きです。

◆ついでに苦瓜の白和えも。
苦瓜を半分に割って種を欠き出し、薄くスライスして熱湯でさっと茹で水気を切る。
すり鉢でゴマをすり、豆腐・味噌・砂糖を入れ混ぜ、苦瓜と合わせて出来上り。
・・・・はじめての苦瓜はこの料理だったの。とっても美味しくて以来ウチの定番に。
[PR]
by mintoto2 | 2005-07-27 17:01 | 料理
ご豆腐作ってみました。
焼き物の里 有田名物ご豆腐をご存知ですか。フツーのお豆腐はニガリで固めますが、このお豆腐は葛粉で作ります。ツルンとした喉越しで大変美味しいのですよ。で、お腹いっぱいこのお豆腐を食べたい(いつもいつものセリフ…恥)ので、自分で作ってみることに。
c0017736_2151430.jpg■材料
豆乳(自家製)・・700cc
葛粉・・・・・・・・・・20g
片栗粉・・・・・・・・40g
■作り方
(1)鍋に葛粉と片栗粉を入れる。
(2)豆乳を少しずつ加え溶かす。
(3)火をつけ、煮立ったら中火にして絶えず混ぜつづける。
(4)ツヤよく、ひと固まりになったら、水に濡らした型に流し冷やす。

 ※手を濡らして型からはずし、まな板や包丁も濡らして使用すます。
 ※ごまタレやお醤油でどうぞ。

今回は自家製のうすめ豆乳で作ったので物足りませんでした。次回は濃い成分無調整の豆乳で、葛粉を多くした配合で、もっと粉の比率を高く(1割)で作ってみようと思っています。・・・固まるのに15分もかかっちゃった。くたびれたよ。って有田のお豆腐屋さんは1時間練るんだって。すごいわー。

 追加1 5/23 市販の豆乳(成分無調整)500cc、葛粉30g、片栗粉20gで
     10分間練り続けました。プルンプルンで更に美味しくできました。ただ、1日
     冷蔵庫に置いていたら、固くなってしまいました。で、レンジでチン!元通り。

 追加2 ごま醤油  すりゴマ大さじ2杯、砂糖大さじ1杯弱、醤油大さじ1.5杯
              みりん小さじ2杯 ・・・・・ごまは出来ればスリスリする。

 追加3 6/5 ご豆腐 黄金の配合見つけました。翌日までプルンプルン。
      豆乳500cc、葛粉30g、片栗粉15gできっかり10分ネリネリします。
      冷蔵庫で充分冷やしてどうぞ。(温かいとデレーンとなって正体なし!)     
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-18 22:25 | 料理
麻婆豆腐
今日は中華。麻婆豆腐です。
私のまわりの友人達に聞くと、「麻婆豆腐の素」とかを買ってきて作るとか。
へぇーとびっくり。そんなもん買わなくても、お家でお店のものより美味しくできるのに。
・・・・と、つっこみを入れたくなるんだけど、そうすると人は嫌な顔をする。すすんで「おせぇーて」と言う人は皆無。何故なんでしょう?簡単なのに。しかも美味しいのに。

ポイントは、肉は豚バラを使用、豆腐は湯がく、テンメンジャンは買わなくて(あまり使わないもんね)普段使っている味噌と砂糖で代用する こんなとこですね。

【材料】
豚バラ肉・・・・・・・・・100g
ニンニク(・・・・・・・・・1片
生姜・・・・・・・・・・・・・1片
白ネギ・・・・・・・・・・・5cm

トウバンジャン・・・・・小さじ1/2
酒・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・・小さじ2
味噌・・・・・・・・・・・・・大さじ1
鶏ガラスープの素・・小さじ1/2
醤油・・・・・・・・・・・・・大さじ1
オイスターソース・・・少々

豆腐・・・・・・・・・・・・・・・1/2丁
万能ネギ(小口切り)・・4~5本
水溶き片栗粉・・・・・・・・大さじ2
ゴマ油・・・・・・・・・・・・・・少々

【作り方】
(1) 小皿に調味料(砂糖・味噌・鶏ガラスープの素・オイスターソース)とトウバンジャンを取り分けておく。水溶き片栗粉を作る。 
(2) 香味野菜(ニンニク・生姜・白ネギ)をみじん切りにする。   
(3) 豚バラ肉は包丁で細かく切る。
(4) 小鍋に湯を沸かし、さいのめに切った豆腐を入れ3~5分ほど湯がき、ザルにあける。 
(5) 中華鍋に油を少し入れ豚バラ肉をよーく炒める。肉から澄んだ脂が出てたら、肉を片側に寄せ、脂を反対側に流し、そこへ香味野菜を香りが出てくるまで炒め、肉と合わせて炒め、また片側に少し寄せ、空いたところにトウバンジャンを入れ炒め(1分程)、合わせて炒める。
(6) お酒を回し入れ、調味料を入れしばらく煮詰めて、水を1カップ加え沸騰させる。
(7) 豆腐を加えて2~3分ほど煮て、万能ネギを加え水溶き片栗粉を少しずつ加えてころよいトロミにし、ここで味を調整し、ゴマ油を回しかけて出来上り。
(8) 深鉢によそって、アツアツを召し上がれ。・・・中国の人はご飯にまぜまぜするのがすきなんだそうです。
※ もっと本格的なものが好きな方は、トウチや中国サンショを使うといいようです。
※ このレシピはまぁまぁ辛い程度。塩分も少なめ。なので子供でも食べられます。
[PR]
by mintoto2 | 2005-03-28 23:11 | 料理