タグ:生姜 ( 13 ) タグの人気記事
生姜糖いろいろ。
もしもこの世に生姜がなかりせば、健康に生きていけませぬ。と思うくらいここ最近、生姜漬けの日々を送っておりまする。中でも生姜糖ラブ。一口に生姜糖といってもいろいろありますね。

ずっと気になっていたこちら板状の生姜糖、なんとか舐めてみたいと思っていました。と、ある日図書館で借りた本の中にそのような物(ジンジャーあめという名で)が。材料は生姜の絞り汁、水あめ、砂糖にお水。これらを煮詰めて結晶化させて作るんだとか。な~んだこんな身近な材料で出来ちゃうんだ~…それではひとつ。

んがぁ、ふんがぁ、これが結構難しくてね、砂糖の結晶化。とても出来そうもなく、失敗につぐ失敗(泣)。やけのやんぱちで作り直して(って水を足して再度火にかけるだけ、材料を無駄にはいたしません)、次第に至らなさも判明して、やっとこさ生姜糖らしきものが出来ましたん。
c0017736_1350049.jpg
しかしね、肝心のお味はかすか生姜味がする程度。もっと刺激がほちいなり~、で次は「これでもかっ!」というくらい生姜を入れてみたら、かなりの色黒になってしまったのだけど、これがまぁ~辛いのなんのって…おいちいなり~♪ 病み付きになりましたでござるよ。

結晶化、作れるとなったら嬉しくて、楽しくて。次は生姜のスライスで試してみました。
c0017736_13501814.jpg
↑の失敗が生きて、到底作れないと思っていた生姜糖が出来ました。うれしいざます。
<作り方>生姜は2ミリ厚に切り、2度ほど茹でこぼして辛味をとります。水を加え20~30分煮て柔かくした後、お砂糖(生姜と同量)を入れ、混ぜ続けながら煮詰めていくとある時点(ここんとこ見極めが難しい)で火からおろし、なおも混ぜ続けると結晶化してくれるんです。


c0017736_1352744.jpg←この生姜糖は、みじん切りにした生姜をお砂糖で煮て結晶化させたもの。こちらではもっと美しくて、カリカリな食感らしいのだけど、私のはイマイチな出来。まだまだ修行が足りませぬ。

c0017736_13522438.jpg











そしてこちら→はいつもの生姜糖でグラニュー糖をまぶしたもの。はじめてこれが作れたときは、感動したものです。

次は、黒糖生姜ペースト。以前、白砂糖で作っていたのだけど黒糖のほうがミネラルやなんやらでより身体にいいのではと作ってみました。不思議なことに黒糖だと生姜の辛さがやわらぐ感じがします。白砂糖の時と同じ分量なのにです。
c0017736_13574332.jpg
このペーストと葛粉で黒糖生姜葛湯を冬の間楽しんでいたのだけど、時は春。そうそう飲まなくなり、なにやら表面にカビが生えてきたり。手間隙かけて作ったペースト、捨てるに勿体無い。そこで、↑に習って結晶化させてみようと試みましたが失敗。仕方なく柔らかな飴状になったものを鍋からひっぺ剥して丸めてみました。
c0017736_1404050.jpg
そのままだとベタベタするので乾かして。なにやら丸薬みたいで面白いでしょ。

生姜、生姜、寝ても覚めても生姜なワタス。スーパーの飴コーナーでこんななにやら古めかしい物を見つけました。「創業明治九年 うどんや風一夜薬 しょうが飴」 どんなもんにゃ?飴にしてはちょっと高いのですが、インパクトの強さにやられちまっただよ。
c0017736_1453419.jpg
これまた辛くてね、ヒーヒー。ほんま一夜にして風邪が吹っ飛んでくれそうです。

そしてこれは、ジンジャーチュウというもの。アメリカのymomenさんの記事で知りました。甘くて辛くて柔かいキャンディー。ボンタン飴のような噛み心地だとか。もうもう、どんなものか食べてみたいじゃあ~りませんか、ねぇ。願えば叶う。調べてみると日本でも販売されており市内でも買えるみたい。早速、近くのプラザ(旧ソニープラザ)で手に入れましたん。
c0017736_1455626.jpg
なんとも懐かしい噛み心地で、まさにボンタン飴かヒョウロク餅か。とっても美味しいなり~!しかし辛さ(堂々のダントツ1位)が半端ではなく飲み物なしでは食べられません。

と、かように生姜三昧な日々を過ごしておりまして、そのせいあってかこの冬、風邪一つひかずお腹も壊しませんでした。生姜バンザーーーイ!
[PR]
by mintoto2 | 2009-04-11 14:00 | 和菓子
風邪にご用心!
+++ 紅茶倶楽部 部活 №3 +++

こちらではここんとこ暖かい日が続いています。
このまま春…いえいえ寒さはこれからが本番ですよね。
風邪を引かぬよう、去年からせっせと生姜ペーストで作った飲物を頂いています。
そのせいかどうか、いつもならお正月明けに風邪をひくことが多いのですが、
誰も風邪を引いておりませぬ。

ある日はランチで。豆パンと生姜紅茶を。
普通に紅茶を入れて、生姜ペーストをお砂糖代わりに。
ペーストを入れると紅茶が濁ってしまうけど仕方がない。
これを飲むと、体がポカポカ温まります。
c0017736_1105527.jpg

c0017736_1111572.jpg次は、ジンジャーミルクティーで。
鍋に水を入れ沸騰したら火を止め、紅茶葉を入れ蓋をしてしばらく蒸らします。その後牛乳を入れて温め、生姜ペーストを加え混ぜ漉したら出来上がりです。あとクローブやカルダモン等を加えたら本格的なスパイスティーになりますね。

こんどは、シンプルに生姜湯で。
ストーブの上でシュンシュン沸いてるお湯を注いだなら、もうそれだでピリリと辛くて甘い飲物に。生姜は風邪の初期や食中毒(韓国ドラマの影響)にもいいとかでじゃんじゃんと飲んで健康を維持したものです。

c0017736_1113962.jpg生姜ペーストは去年の夏以来ずっと。本を見てその食し方の斬新さを試してみたくて。どんなのかと言うと、食事の後の口直しに、このペーストと生クリームを合わせたものと京番茶を一緒に頂くと美味しいとのことでした。
ええええ、真似っこしてみましたとも。でもね、京番茶が飲めない。どうにもこうにも。まるで籾殻薫炭のようないぶした臭いが強烈すぎて。あのラプサンスーチョン(正露丸のような匂いがする紅茶)の方がまだましと思えるほど。
ああ京番茶。。。す○○?(^_^;)

c0017736_1115839.jpgこの生姜ペースト、お料理にも思いの他大活躍。鯖の味噌煮、豚の生姜焼きにだって。卸し金でする手間が省けて樂チン。
では、生姜ペーストの作り方をば。
生姜を薄く切って水に1~2時間ほど漬けてアクを抜き、1~2回茹でて(水から)辛味を抜いたあと、同量のお砂糖とひたひたにかぶるほどの水を入れて20~30分ほど煮た後、ミキサーにかけ、再び鍋に戻して練り上げます。最後にレモン汁を数滴垂らすと、生姜の色が幾分冴えてくるような。  

さて、あるお方が生姜紅茶を飲んだその年は風邪を引かなかったとか。俄然せっせ。お腹ちゃぽんちゃぽんな日々。

[PR]
by mintoto2 | 2008-01-13 02:00 | その他のお菓子
つるん・ぴりりなパンナコッタ。
+++ 紅茶倶楽部 部活 №2 +++

豆乳のパンナコッタを作りました。ソースはアールグレイ風味の生姜紅茶シロップで。
c0017736_0464022.jpg
とろりとして濃厚なパンナコッタにアールグレイ風味のちょっとピリリな紅茶が合わさって、不思議な美味しさでした。さらに後味すっきりとして。生クリームを使っているのにです。紅茶には口の中をさっぱりとさせる効用があるとか。

この夏、生姜ゼリーを何度作ったことでしやう。ことごとく失敗。全然固まらなくて液体のまんま。これは生姜の持つたんぱく質分解酵素の仕業なのでしやうか。しかしそうとも言えず。ちゃんと固まっている方もいらっしゃるようなんですよ。

なんとしてもつるん・ぴりりなパンナコッタが食べたくて香港スイーツの豆腐花を真似て、生姜シロップのところを生姜紅茶シロップで試してみたらびっくり。アールグレイの香りに生姜のピリリ、ツルンな喉越し。衝撃の美味しさ!でしたよ(^.^)。


c0017736_047222.jpg★ 豆乳のパンナコッタ ★
<材料> 豆乳 200cc、生クリーム 100cc、
砂糖 30g、板ゼラチン 4g、ラム酒 少々

★ 生姜紅茶シロップ ★
<材料> 紅茶葉(アールグレイ) 砂糖 生姜
紅茶を濃くいれて砂糖を溶かし(甘めに)、生姜(千切り)を入れます。1日後から使用。分量や甘さは好みと思うのだけど…レシピはここ




[PR]
by mintoto2 | 2007-12-22 01:30 | その他のお菓子
新生姜のパウンドケーキ
ここんとこ生姜のスイーツに夢中です。生姜は漢方薬の一つ。ちょっとばかし甘くたって、身体にいいもんなんだかだ~、と新生姜のバウンドケーキを作りました。
c0017736_1723188.jpg
レシピは小嶋ルミさんの「おいしい生地」から。
このケーキ、バターの扱いが今までとは違って、最後に溶かしバターにしてから加えるんです。さ~て、出来上がりはどんななんでしょうかね。
c0017736_1724790.jpg
バターケーキ(BP不使用)なのにふんわりしています。いつもの(クリーム状)だとどっしりとした感じなのに。これほど食感が変わるとは、びっくりです。さて、お味はというと、生姜の甘煮たっぷりなスパイシーケーキ、舌にピリリ。でも優しい甘さで緩和され。食べすすんでいくと、身体がホカホカと暖まってきます。これからの季節にぴったりなケーキかも。


生姜は風邪の初期症状や咳・喉の痛みに効果があり、身体を暖める働きがあるそうです。
風邪予防のためにも生姜を沢山摂りたいものです。なので次は生姜糖をば。
c0017736_1725211.jpg
これはこの夏に作ったものなんですが、もう病みつき。辛くて甘くて美味しい。私は夏~秋にかけ夜、口淋しい時これで凌ぎました。そのせいかどうか別にダイエットしたわけではないのに、ウエスト指3本(微妙~)ゆるくなりました。聞くところによると生姜には脂肪燃焼効果もあるんですってよ~~。

<作り方> 生姜は皮を剥いて繊維に沿って厚さ1ミリに切り、1~2時間ほど水に浸してアクを抜きます。
それを2回ほど茹で(水から)こぼします。鍋に生姜・グラニュー糖(生姜の60%)にひたひたの水・を加え、弱火で水気が無くなるまで煮詰めます。ねちょねちょとして水分がなくなってきたら取り出し、グラニュー糖をまぶします。
ザルに並べて半日~1日干し、手にくっつかなくなるまで乾燥したら(まだ柔かい)、ビニール袋に入れて乾燥剤を3~4個入れて保存します。
   ※ あまり煮詰めすぎるとお砂糖が焦げてカラメルになっていけません。
   ※ 1回の分量は生姜は200gが適当かと。多いとグラニュー糖をまぶすのに手間。

4/1追記 自家製の生姜糖は市販の物(漂白剤使用)に比べるとかなり色味が悪いです。
      なので仕上がり時にレモン汁を少し加えると多少改善されるように思います。

                  
leperlineさんがご紹介してくださった生姜糖(島根の來間屋)は生姜の絞り汁と砂糖を溶かして固めたものらしく甘味も辛味もマイルドなものとか。片やstudiopinotさんがお作りになる生姜糖は砂糖を結晶化させたもので、アイスクリームやブディングと一緒に頂くと美味しいんですって。一口に生姜糖と言っても、いろいろあるもんですね。
[PR]
by mintoto2 | 2007-12-03 17:30 | 洋菓子
夏に甘酒・Ⅰ
こちらは昨日梅雨明けとなりました。これから暑い夏を迎えなければいけませんね。昔の人は、クーラーも無くてどうやって厳しい夏の暑さを乗り切ったのでしょうか。

とそんな時、甘酒が夏バテに効くらしいことを知りました。江戸時代、夏になると甘酒屋さんがたくさん街に出て甘酒を売っていたとか。甘酒って冬の飲物と思っていた私は(きっとあなたも)びっくりこですね。江戸時代の人々は甘酒を夏に栄養ドリンク剤として飲んでいたらしいんです。

で、作る気満々になったはいいのですが過去、甘酒一度しか作ったことしかなく、それも失敗に終わってました。できるかな~。ちと不安。ネックは温度管理なんですね~、う~ん、う~ん。いろいろネットで探して、やっと私でも(あなたにも)作れそうなレシピを見つけましたよ~。お互い元気にならなくっちゃね。
c0017736_20291867.jpg
必要な道具は、ステンレスポット(魔法瓶)と温度計。甘酒の材料として、甘酒こうじ・温かいご飯、それとお水だけ。温度55~60℃を7~10時間ほど保つと、あのあま~い甘酒が作れちゃうんですってよ。で1回目で無事成功致しやした。結構簡単に出来て、自分でも驚き、桃の木、山椒の木(^_^;)。

出来上がりは↑右画像のようにご飯や麹の粒々が沢山残ってます。飲むというより噛み砕くってな感じです。油断すると気管支に入り込んでむせますですよ。なのでミキサーに全部かけてみましたら、均一の液体になって、ゴクゴクとあっという間にあっけなく飲み干してしまい、味わいも何もありません。面白くない。
c0017736_2029365.jpg

なので半分だけミキサーにかけ、残りは粒々の状態のままにしたら、なかなかいい具合になりました。噛むことでより一層甘さが感じらます。
c0017736_20294699.jpg

甘酒には生姜がつきものですよね。でも毎回々おろすのは面倒。で、生姜ペーストなるものをこさえました。これでおろす手間が省けて便利、便利。
c0017736_20295991.jpg
作り方は生姜をスライスして1度茹でこぼし、鍋に生姜と同量の砂糖とひたひたの水を入れ煮ていきます。水が少なくなったら足して。30分ほど煮たら、ミキサーorFPにかけます。再度鍋に戻して練り上げます。ちょっとゆるゆる加減の方が甘酒となじみがいいようです。

甘酒を適当に薄めて(原液は濃いのでね)、生姜ペーストを入れて混ぜます。
c0017736_1371850.jpg
ささ、どーぞ! お疲れのあなたに、点滴ですもの。飲めばすぐに元気ハツラツ。
あっ、言い忘れてました、これね冷蔵庫でキンキンに冷やして飲むんですよ。
冷たい甘酒、いらんかね~。

すみませ~ん、今日はこれにて。明日レシピUPさせてくださいね。点滴切れたみたい。。。
[PR]
by mintoto2 | 2007-07-24 23:30 | 料理
生姜たっぷりあんかけ豆腐

c0017736_2293583.jpg寒くなってきましたね。風邪などお引きではないでしょうか。風邪は引きはじめが肝心とか。温かいものを食べて、早めの薬を飲んで早々に布団を引被って寝るのが一番ですよね。

そんな時、必ず食べるのが以前にもUPした「生姜たっぷりのあんかけ豆腐)」(違った名前で出ています(^_^;)。フーフーヒーヒー言いながら食べていると身体がポカポカになってきます。

絹ごし豆腐の滑らかな喉越しと鰹と鶏ひき肉から出る美味しいおだし、生姜のスパイシーなお味がもうもうたまりまセブン!
c0017736_2294730.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-12-10 23:30 | 料理
梅サワードリンク、美味しいおす。
c0017736_2335460.jpg ある日、南の方からサワサワサワと鳥の羽ばたく音が聞こえてきたと思ったら、なんと私んチに飛んで来てぶ厚いお尻を突付かれてしまいました…と、勝手にそんな気がしてサワドリ仕込んでみることに。

待つこと1ヶ月。ようやく今月はじめ梅サワドリ出来上がりました。毎朝ゴックンゴックンしております。美味しいおす。身も心もシャキッとなるような爽やかさ。酢は体にいいですからね。これで血液サラサラさ~。

サワドリ、美味しく飲めることが分かったので又作らねば。聞くところによると柑橘系が評判よろしいようで、次はこれにするっす!

夏の飲み物もう一品
c0017736_23353170.jpgleperlineさんがスパイス入りのジンジャーシロップをご紹介くださって、何それ状態に。クローブ・シナモンさらに鷹の爪まで入れて。飲み物によ~(◎-◎)。どんなんかな。興味深々。ちょっと怖い気もするのでヘナチョコな私はスパイス無しと有りの2種類を作ってみることに。

スパイス無し・水割りで(画像→)
生姜独特のピリリとした辛さが舌を刺します。昔飲んだ飴湯や冷やしあめゆを少々刺激的にした感じ。美味しい。

スパイス有り・水割りで(画像なし)
まるで炭酸を飲んだみたいにピリピリして口の中は清涼感で一杯に。この時の鷹の爪は涼やか~な感じになって不思議です。クローブとシナモンの風味も良くて、すごく美味しいおす。

ジンジャーシロップの作り方はいろいろあるようで、今回はスライスして1時間以上煮詰めるレシピで作りました。もうちょっと早く出来ないものかしらん。いろいろ試してみなければ。。。

ホット・スムージー
c0017736_23354443.jpgこれまたstudiopinotさんチでホット・ストロベリーシャーベットなるものを見てびっくり。なんとシャーベットに鷹の爪が入っているのですよ。pinotさん曰く「汗をかきながら冷たいシャーベットがいただけます」ですって。冷凍庫は満杯。なのでミキサーで。さくらんぼのシロップ+チェリーブランデー+レモン汁と氷、鷹の爪の輪切りを少々いれてガァ~と。キンキンに冷えたスムージーの出来上がり。刺激的なお味で美味しいおす。

c0017736_2336964.jpg実は「サワドリ倶楽部」に入部したいんですけど。。。南の方に工場長がいらっしゃって、連日フル稼働のご様子。生産ライン1本しかない零細家内工場で、ずっと幽霊会員だった私許可してくれるかしらん。。。
c0017736_11575842.jpg←このバナーはTamarindさん作製。
「ますますサワドリ」の記事から拝借致しました。
[PR]
by mintoto2 | 2006-08-10 23:37 | その他のお菓子
レンジで生姜プリン
だんだんと寒くなってきましたね。オヤ、どなたからか鼻水をすする音が(笑)。
そんなとき生姜プリンをどうぞ。しかし以前シチ面倒臭いことを言ったので敬遠された方もいらっしゃったことでしょう。しかし、もうそんな心配はいりません。画期的な方法見つけました!
c0017736_221337.jpg
難なく、簡単に滑らかなプリンのような舌触りのが出来ましたよ!電子レンジで!!
レンジから取り出したら、すでにしっかり固まっています。じっと待たなくってもいいんです。
この熱々をフーフーしながらいただいたら、アータ、鼻水なんぞどこかに行っちまいますよ。
もう嬉しくって、報告せずにはいらりょかってんで、ちょっと興奮しております^^;。

作り方は、カップに生姜の絞り汁を入れて好みの量の砂糖を入れて混ぜ、そこへ冷たい
牛乳を注ぎます。それをレンジでフタ無しで温めます。
目安の分量は、コーヒーカップ1杯につき、生姜汁小1、砂糖小2、牛乳100~130ml。
これらをしっかりマゼマゼします。そう混ぜてカマワンのです! 電子レンジは牛乳温めキー(熱めの60度で)があればそれを押し、無ければ500wで1分半くらい。
端っこがブクブク泡が出てくればOKです。レンジの影から見張って確認しました。

もうそれはそれは見事なくらい固まってくれます。あの神経質なまでの作り方とエライ違い
でございます。多分どなたも失敗はしないと思います。多分^^;。 
[PR]
by mintoto2 | 2005-10-21 02:44 | その他のお菓子
スパイシーあんかけ豆腐
まだまだ昼間は汗ばむ暑さ、でも夜は肌寒い。風邪をひかれてる方はいらっしゃいませんか?実を言うと私、夕方から熱っぽいです(^_^;)。こんな時、身体をしっかり温めてくれるものがいいですよね。なので今晩はこのお料理を作りました。
あんかけといっても、汁物かな。もうヒーヒー、ハーハー言いながら食べていると身体がポカポカしてきます。信じられないくらいの量の生姜を使っています。なのでお子様舌にはちょっと刺激が強いかも。大人テイストです。・・・さぁあなたはどっち(^。^)。
c0017736_1952868.jpg

■材料(2人分)
絹ごし豆腐・・・・3/4~1丁
鶏ひき肉・・・・・100g (鶏もも肉を細かく切って使っています)
かつおだし・・・・250cc(かつお節の袋にだしの取り方書いてます)
酒・・・・・・・・・・・大さじ1
みりん ・・・・・・・大さじ1/2~1
砂糖・・・・・・・・・大さじ1(ちょっと甘め)
醤油・・・・・・・・・大さじ1
塩・・・・・・・・・・・少々
片栗粉・・・・・・・小さじ2
生姜・・・・・・・・・50g

■作り方
(1) 豆腐は大きめの短冊に切っておく。
(2) 生姜はすりおろす。
(3) 片栗粉と同量の水とで水溶き片栗粉を作っておく。
(4) 鍋にかつおだし・酒・みりん・鶏ひき肉を入れて火にかける。
(5) ひき肉をほぐしつつ、沸騰してきたらアクをとる。
(6) 砂糖・醤油・塩を入れ、豆腐を加える。
(7) 煮立ってきたら、水溶き片栗粉を回しかけトロミをつける。
(8) 最後に生姜の絞り汁をいれて出来上がり。

このお料理は2月頃、TBS「はなまるマーケット」のHPを見て知ったのですが今探してもありませんでした。
なので・・・えええい!とのせちゃいました。分量は所々私好みに変えましたが( ̄∇ ̄*)ゞハフ。


最後に一言、ひるんではいけません!生姜好きなら分量守って入れてみそ!!!
[PR]
by mintoto2 | 2005-09-27 21:30 | 料理
新生姜の甘酢漬け
お寿司屋さんのガリが大好きで、何度か作ってみたのですがいつも(ーー;)。
素人には作れないものなんだと諦めていました。
しかし、作れたんですよ、美味しいガリが(^ー^* )フフ♪

c0017736_19341759.jpg
最初deartenさんの生姜の甘酢漬けを見て心奪われ、
kintontonさんチで作り方
HP(河島園芸)を教えていただき、
作ってみることに。

包丁をしっかり研いで、
できるだけ薄く切り、
甘めが好きなので、
少しお砂糖(上白糖)を足し
て作ってみました。

色も薄いピンク色に発色して
歯ざわりはシャキシャキ、
甘さもちょうどよく フフフ♪

今までにない最高の一品
が出来ました。ウレシイ。

deartenさん、kintontonさんありがとう!
[PR]
by mintoto2 | 2005-07-26 20:14 | 料理