ミモザの下で ランチ編
早々の開花宣言だったのですが、この週末やっと満開の時を迎えたようです。
ととと、その前にミモザシリーズUPしなければ(汗)。しばらくお付き合い願いますね。

この2~3年、こちらミモザ便りを見るといてもたってもいられなくなります。
いち早く春の訪れを告げるミモザの花。画面一杯広がる黄色い小花。心ウキウキしてきます。
と、同時に私の食い意地も刺激され(笑)。黄色は卵色、ゆえにミモザ=卵みたいな。
錦糸卵たっぷりの散らし寿司が脳裏に浮かんでくるのですよ。で、作らなくっちゃ~となって。
c0017736_14321469.jpg

■ハモ団子のお吸い物             ■海老散し寿司
c0017736_14323418.jpgc0017736_14325182.jpg
スナップえんどうの使い方は、こちらの真似っこ。お豆さんが前面に出てきて楽しいの。
酢レンコンとスナップえんどうのシャキシャキとした歯ざわり。
海老の甘さと酢飯の甘酸っぱさ、もう底なしに食べれます。
そんな食い意地が恐ろしゅうて一人お茶碗一杯分の酢飯しか作りません。自己防衛。

次もミモザの下で、一人ランチ。
c0017736_14333766.jpg

■大根スープ                   ■チョコレートクリーム(自家製)
c0017736_14335492.jpgc0017736_14341978.jpg
大根スープはテレビで見て作りました。手羽元と大根と塩だけのスープ。
多少大根臭さが気になるのだけど、とても美味しいスープでした。身体にも良さげでしょ。

そしてここんとこハマリ続けているチョコレートクリームをベーグルとレーズンパンにべったりと。このクリームは本屋さんで仕込ん(立ち読み)できました。
今まで作ったスプレッドの中でもダントツ、とても美味しいの。手軽に作れるし。
材料は牛乳、砂糖、チョコレートなどなど。牛乳をトロリと煮詰めチョコレートと合わせただけ。
バターも生クリームも使ってないのでさっぱりとしていますが、コクもあって物足りなさは感じません。なによりカロリーも低いんでないかい。
故に罪悪感も無く、どんどん塗ったくれるというものです。。。
[PR]
# by mintoto2 | 2009-03-28 15:00 | 料理
花も和菓子も
4~5日前、どこからともなく鶯らしき鳴声が聞こえてきました。
ホーホケキョキョキョキョやら、早口にホホケキョを繰り返したり。
生まれながらのではなく、はじめに練習ありきなんですね(笑)。

2月ようやく庭の梅が咲きはじめだした頃、写真を撮りました。
c0017736_13154.jpg

梅には鶯と刷り込まれているのですが、寄ってくるのはメジロだらけ。
なので鶯餅をこしらえてみました……と、食べたい口実なのですけどね。
c0017736_134197.jpg
漉餡を求肥で包んで、うぐいすきな粉をまぶして。とても美味しゅうございました。
c0017736_1411554.jpg


とその前の1月、庭の山茶花が満開の頃、写真を撮りました。
c0017736_1455191.jpg

撮っていくうちに、花びら餅が何故か浮かんできたりして。色合いが似ているからかしら。
で、花びら餅をこしらえてみました。ははは 何でも作る口実になるのです。
c0017736_1465250.jpg

柔らかな求肥と甘い味噌餡、ワイルドなゴボウとの絶妙な組み合わせ。
どなたが考え出したのでしょうか。和菓子にゴボウなんてねぇ
c0017736_1471293.jpg

花びら餅、いつしか1月に食べずにはいられないお菓子になっておりました。
c0017736_148769.jpg

[PR]
# by mintoto2 | 2009-03-22 02:10 | 和菓子
今日も練り練り。
最近になって間違いだと気がつきました。
やちむん(沖縄の焼き物)のこと、ずっとやむちんだと。
それからサーターアンダギー(沖縄のお菓子)をターサーアンダギーって。
さらにジーマミー豆腐(沖縄のピーナッツ豆腐)をジーマーミー豆腐って。

実は、沖縄へは1度も訪れたことはありません。
これから先、行けるかどうかわかりません。
が、ここ数年blogから沖縄の風がソヨソヨと吹いてきて。
行けないならせめて沖縄物産展へと馳せ参じたり。
そこで、ジーマミー豆腐に出会いました。
とても美味しかったのだけど、高いわりにはちょびっとしか無くてね。

去年の秋、農産物直売所で地場の殻付きピーナッツを発見しました。
千葉でもなく国内産のピーナッツってあるもんなんですね。
早速、ジーマミー豆腐を作ってみました。
風味豊かで美味しかったのだけど、殻の膨大さに比べると可食部分は少なくて。
出来上がったものは、またもやほんのちょびっと。うぐうぐうぐぅ。
これって、まるで馬の鼻面に人参ぶら下げて少しずつしか与えないような(>_<)。
ピーナッツ、収穫時期(10月頃)を過ぎるどこにも無くて。1年待たねばならぬよう。
c0017736_1591317.jpg

と思っていたら、あら~まぁ~、なんと暮れに旦過市場で見っけました。
殻をむいた状態で500gの袋入り。ほほほ。
c0017736_1595237.jpg
嬉しいことにこの落花生、買ってから6ヶ月(12月時点)は持つとのこと。
さらにこのお店では1年中置いてあるんですって。
これで思いっきし美味しいジーマミー豆腐を食べれるというものです。

で朝から、練り練り。
c0017736_202186.jpg
ごま豆腐やご豆腐は葛粉で作るのだけど、このジーマミー豆腐はタピオカ粉で。
葛粉は美味しいのですが、冷蔵庫に入れると固くなって味も落ちてしまいます。
でもタピオカ粉だと冷やしてもずっとプルンプルンの状態のまま。
ジーマミー豆腐だとタピオカ粉で作っても遜色なく美味しいと思います。
c0017736_214951.jpg
ピーナッツは健康に必要なミネラルやビタミンが沢山含まれているとのこと。
心臓病や生活習慣病の予防や肝機能を助ける物質も沢山含まれているとか。
なんとなく油脂たっぷりであまり食べてはいけないものだと思っておりました。
食べて美味しく、さらに健康効果もあるなんてありがたや~。せっせと食べるさ~。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■材料(玉子豆腐器 140x110x45mm)
生ピーナッツ(薄皮付き)100~120g、水 500cc、タピオカ粉 50g

■作り方
1.ピーナッツの薄皮をむいて、一晩水につけておく。
2.分量の水をミキサーにいれ、水気を切った豆を少しずつ入れ粉砕する。
3.布か大き目のお茶パックでこす。
4.鍋にタピオカ粉を入れ、3の液を少しずつ加え混ぜる。
5.きれいに混ざったら火にかけ、沸騰した後中火弱で5~10分練り続ける。
6.なめらかになり、ころんころんとしてきたら型に流し入れる。
7.表面が乾燥しないように、クッキングペーパーで覆い冷まします。
8.完全に冷めたら冷蔵庫にて保存。

※ピーナッツの薄皮は水につけるとむきやすいです。
※賞味期間は冷蔵庫で2~3、いや4日は大丈夫かも。

[PR]
# by mintoto2 | 2009-03-20 02:00 | 料理
ごろごろ芋むし、だんご。
長らくご無沙汰してしまいました。
啓蟄も過ぎて随分と暖かくなりましたね。私もそろそろ動きださねばと(^_^;)。

こんな物をこしらえました。なんだかおはぎのように見えますが、違います。
10号線を南下すると道の駅などでよく見かけます。かんころ(かんくろ)餅というんですよ。
c0017736_23191996.jpg
かんころ餅と言えば長崎が有名ですが、これは大分のかんころ餅
中に餡子が入っていて、皮はさつま芋の粉で作られています。
これをなんとか自宅で作れないかと思って、さつま芋の粉を探しましたが、入手困難。

勿論、諦める私ではありません。手に入らなければ、自分で作ればいいじゃあ~りませぬか。薄切りにしたさつま芋を天日干し(寒晒し)にし、ミルサーで粉にしてみました。
c0017736_2319559.jpg
これで出来ると、張り切って作ってみたところ。。。げげげの激マズ。
苦労が報われない一品でございやした(泣)。

さて、次はさつま芋のスープ。これまでさつま芋のスープなんて思いつきもしませんでした。
芋の甘さが邪魔になって料理には使えないって思っておりましたもの。
でもそれは間違った思い込み。とてもやさしくて美味しいスープでした。
なんてったってstudiopinotさんのレシピですもの、間違いなしです。
c0017736_23202844.jpg
で、紫芋でも作ってみました♪
c0017736_23204434.jpg
すごい色。ビビってしまいそうですけど、文句なんて言わせません。
アントシアンたっぷり。ぜ~んぶ飲み干すまで監視の目を光らせて(笑)。

今から1年半前、studiopinotさんのこの記事を拝見してとても気になってました。
なんとか食べたいものだと思っていたら、去年こんなレシピを見つけました。
鹿児島の郷土料理のかんころからいもだんご
さつま芋を蒸して潰してもち米の粉と黒砂糖をまぜて、また蒸して。
長崎のかんころ餅やこっぱ餅は、作り方が複雑でとても作れそうにありません。
しかし、このかんころからいもだんごだと私にも作れそうな。
香りの良い月桃の葉はこの辺では手には入りませんので、竹の皮で代用。
お味はというと…もうめちゃウマ~。美味しい、美味しい。

再び、すぐに作って食べたいのだけど、肝心のさつま芋が見当たりません。
気持ち最高の時に無いなんて、殺生な。うだうだと思いを巡らせていたら、思い出しました。
冷凍庫の隅っこに陽の目をみないペーストが沢山眠っていることを。
この際、在庫一掃、全部使っちゃいましょう。
c0017736_23223276.jpg
c0017736_23225997.jpg

てな訳で、上から普通のさつま芋、紫芋、それに枝豆(思いつき)のかんころからいもだんご達。それぞれきな粉をまぶして。枝豆にはうぐいすきな粉を。美味しいおす。
※再度レシピページを開くと、からいもだんごとありました。人様のレシピ、名前を間違ってはいけませんね(汗)。

先日、調子にのって箱買いしてしまいました。
c0017736_023348.jpg
これからは食べきれなくて、腐らせてしまうなんてことにはならないような…気がします。
[PR]
# by mintoto2 | 2009-03-12 23:50 | 和菓子
「柚子練り」に悪戦苦闘。
沢山の柚子を前にして、はて何を作りましょうか。
c0017736_16582431.jpg
夕飯の用意をしながらテレビを見ていたら偶然、「柚子練り」というのを紹介していました。
大分県の由布院では昔から伝わるおやつで家庭の味なんだそうな。初めて知りました。
マーマレードに似ていますが、そうではなくお茶請けのお菓子なのだとか。

作り方は。。。
1 柚子の皮(白い部分も)を使いますが、表皮は苦味が強いので薄皮をむく。
2 1cm幅の短冊形に切り、熱湯にくぐらせ、ほど良い苦味になるよう水にさらす。
3 鍋に柚子皮と砂糖(1.5倍!)を入れじっくり1時間ほど煮る。
  果汁を加え皮に透明感がててきたら出来上がり。

ですって。なんだか簡単そうではございませぬか。作ってみることに。。。

しかし柚子皮をむくっていう部分に納得がいかなくて。
柚子って皮が命だと思うのですよ。なのにその皮をむくなんて。
そんな勿体ないこと私にはできまへん。これが吉とでるか、凶ととでるか。。。
聞く耳持たずにそのまま使って1時間じっくり煮込んでみました。
で出来上がってアツアツを試食してみると、多少固くはありますが美味しいなり~♪

と!喜んでいたのも束の間、冷めるとめちゃくちゃ固くなって、歯がたちまへんねん。
とても食べられたものではござらぬよ。さりとて捨てるには余りにもしのびなく。
拙者、だめもとで水を加えてミキサーで粉砕してみたでござるよ。
ガリゴリとまるで小石が入っているかのようなケタタマシイ音を立て回って回って。
その音も小さくなり、蓋を開けて舐めてみると、これが…。

なんと美味!美味しい柚子ペーストの出来あがり~♪ わからぬものよのぉ。
c0017736_16592577.jpg
しかーし、私はちゃんとした「柚子練り」が食べたいんじゃて。

お~し、反省点を踏まえて再度挑戦するだに。柚子はまだまだ沢山あるだに。
薄皮はちゃんとむいて、砂糖は心もち少なく(1.2倍)入れてと。。。
アツアツを試食。柔か~い。
ただ砂糖を減らしたので心もとなげな味になってしもうた。初回の方が美味しかったかも。
で冷めると、え~ん、固いではござらぬか。なんでなんで、皮はちゃんとむいたのに。
う~ん、もぉ~何としよう。。。

こうなったら奥の手、圧力鍋の登場だぁよ。なんとしでも柔かくしてやるもんね。
水と砂糖(1.5倍になるよう)を加えて、シュシュシュ。
さ~さ~どうよ。
な・な・なんと、ふにゃふにゃ~になっちゃって、にゃんとも柔らかくなりすぎだわさ。
ほんで冷めると、ひゃ~固くなっているではありませぬか。しぶといヤツめ!
おまけに味は水っぽくなって全然美味しくありません。もう最悪だ~よ。
c0017736_1721344.jpg
あ~ん、ワシはこんなの作りとーはなかった。なしてこうもマズいのじゃ。
どーすりゃ美味しい「柚子練り」が食べられるというんじゃよぉーーぉぃぉぃ(泣)。


さて気を取り直して。。。
この表皮の削りカスで兼ねてから作ってみたかった「柚子糖」なるものを作ってみました。
切り抜いておいた新聞記事を参考に。柚子皮と絞り汁、大量の砂糖と合わせて。
なめてみると、なかなか美味しいではございませぬか。
c0017736_1723696.jpg
まずは、柚子ペースト+ 柚子糖 + 葛粉で温かい飲物を作ってみたら。。。
c0017736_172506.jpgc0017736_173334.jpg
まるでフレッシュなホット柚子ジュースのようで、ねっとりとしてとても美味しいの。

次は、トーストにバターを塗って柚子糖をパラパラふりかけてと。。。
c0017736_1732130.jpg
柚子シュガートースト、これもとても良い感じです。
とまぁ失敗から生まれた副産物なんですけど、これが思いのほかヒットでした。

さてさて、まだまだ柚子がありましてね。懲りずにシツコク3度めの挑戦です。
こうなったらヤケクソ、好きなように作ってみることに。
オレンジピールを作る時のように、徐々に糖度を増して表皮は削らず、お砂糖は1.5倍で。

ふふふんふん、なかなかいい感じの色艶でしょ。
c0017736_1733869.jpg
透明感もでて。2回目と月とスッポン。冷めても美味しくいただけましたよ。やれやれ。
c0017736_1741070.jpg

今年もお返事遅れてすみません。必ずお返事させていただきますがしばし。
風邪をお引きにならぬよう暖かくしてお待ちくださいませm(__)m。
[PR]
# by mintoto2 | 2009-01-30 17:00 | その他のお菓子
明けまして おめでとうございます。
明けましておめでとうございます。
相変わらずのスローなblogですけど、今年もよろしくお願い致します。

お正月に縁起物のお菓子「お多福豆」(和菓子)を作りました。
c0017736_1382152.jpg
これはクッキーではありません。和菓子の焼き菓子なんです。
材料は白餡・卵黄・みりん・寒梅粉。「桃山」というものです。 
何年も漬け込んだラムレーズンを中に入れて。食べるとクラクラ~。
普段 お酒は飲まないのに、お菓子は別でプンプンお酒が染み込んだものほど好きです。

もう一つ、桃山生地を使って年末「吹き寄せ」を作りました。
これには基本の生地に蒸し栗のペースト(食べ残して冷凍してた物)を合わせて。
c0017736_1384822.jpg
ちょっと栗ボーロみたいな、懐かしい味。素朴で、じわ~っと美味しい。

次は蔵出し画像。かなり前に作ったものなんですけどね。。。
最初は桃山だけで作ったシンプルなお多福豆。
c0017736_214371.jpg
これは練り切りで。中身は小豆漉餡。お多福、福々~。
c0017736_2141658.jpg
あなたの元へ福が沢山舞い込みますよ~に!
[PR]
# by mintoto2 | 2009-01-08 01:30 | 和菓子
良いお年を!
これなくして年を越せましょうか。回っております、ひゅんひゅん。時に壁面にひっつきながら。
c0017736_001486.jpg
色白で、艶やかに搗きあがりました。

暮れの忙しい時のお餅つき、そろそろ止めにしようかと思うのだけど、餡餅のないお正月なんて、耐えられそうにありません。なので今年も。餡餅23個、白小餅22個、丸め終わりました。
c0017736_00285.jpgc0017736_0183.jpg
しばし眺めて、即冷凍。これでしばらく美味しいお餅が堪能できるというものです。

******************************************************

今年も余すところあと1日。
この1年、つたないblogにお越しくださった皆様、ありがとうございます。
お返事も遅く、ずっと同じ画像のままなのに見捨てずにありがとうございます。
いつも暖かいコメントに感動感謝です。
来年は、少しは頑張ってマシなblogにしなければと思っております。

年末年始、予報では寒さが厳しくなるとか。
油断して風邪を引かぬよう(何故かお正月風邪ひきさんが多いような)ご注意ください。
ではでは、良いお年をお迎えくださいませね。


******************************************************
[PR]
# by mintoto2 | 2008-12-31 01:30 | 和菓子