<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
はじまりは、豆かん。
こちらで豆かんを見てから、豆かんモードにスイッチオン。しかし近辺で赤えんどう豆を売っているお店は見当たりませんし、手に入れたところで、上手に煮る自信もござんせん。悶々。と、そんな折り、赤えんどう豆を見つけました。すでに味付けされた物を。では早速。。。
c0017736_0541653.jpg
寒天、赤えんどう豆を思いっきしたっぷり、黒蜜もたっぷり、それに何故かきな粉もたっぷり???無味の寒天に甘じょっぱいお豆さん、黒蜜の甘さがなんとも美味しいです。豆かん、気に入りました。次はこの方のようにアイスクリームをのっけて食べてみようかしらん。寒天はいくら食べてもノーカロリー、食物繊維豊富な食材ですし。

そんな身体に良い寒天、食べなければ。で、あんみつをば。枇杷のコンポート添え。
c0017736_0554860.jpg
これも美味しい。満足度110%ざます。

次は寒天、餡子に白玉をプラス。白玉ぜんざいであるよ。
c0017736_0561664.jpg
黒蜜をドドドーとぶっかけて。ああああ、どれもこれも美味しい。満足度120%!
おやつなのに、お腹が膨れてちょっとクルチイ。でも寒天だかんね。と言い訳…(^_^;)

地球温暖化阻止のため、できるだけ冷房を使わないようにと心がけていたのですが、暑すぎます。じっとしても汗が吹き上がって。そこで暑気払いにと豆かんに手を伸ばしたばっかしに、来る日も来る日も和スイーツ三昧。この勢い止まりそうにござんせん。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-25 01:10 | 和菓子
赤いスープで夏バテ予防。
パプリカを大量に買ったちょうどその日、なんとこちらパプリカのスープを見ました。
それまでパプリカのスープなんて見たことも聞いたことも、勿論飲んだこともありません。
これはチャンス、コメント欄を熟視して早速作ってみることに。。。
c0017736_274757.jpg
恐る恐る…ビーズさんごめんなさい、信用してないわけではなく実はピーマン系苦手なんです…ひと口飲んでみると、これが飲める。ピリッと刺激的な辛さにじゃが芋のほっとする味、それとパプリカの甘さが相まって。美味しいではあ~りませんか。パプリカは栄養も高く、夏ばてや疲労回復にもいいんだとか。この夏、いっぱい飲んで元気になるぞ!

赤いスープは身体にいいと思う私は、次にトマトと卵のスープを作りました。
c0017736_28945.jpg
トマトを小さく刻んでその他大勢の野菜たちと一緒にスープを作ったことはありますが、トマトと卵だけのスープは、なんか不安で食指がイマイチ動かなかったのですが、間違ってました。とても美味しいざます。

次は洞爺湖町のガスパチョ。これは去年こちらの方から頂きましてずっと温めておりました。
というのも洞爺湖サミットの折りに開封しようかと。で、サミット期間中、頂きました(^.^)。
c0017736_282979.jpg
ガスパチョとはトマトや人参・玉葱・セロリ・ピーマン・ニンニク等、個性溢れる野菜たちの生ジュース。顔ぶれを見ただけでも怯んでしまいそうですが…どっこい!バランスよく配分されてとてもマイルド。飲みやすく美味しいの。夏野菜タップリで栄養価の高いガスパチョ、これを飲んだらこの夏乗り切れそうな気がしませんか。

そこで適当にガスパチョを作ってみました。庭で実ったミニトマト・パプリカ・ピーマン・玉葱・昆布出汁・オリーブ油・バジルソルト、全部をミキサーに入れてガーっと回して冷蔵庫でキンキンに冷やせば、まずは無難ななんちゃってガスパチョの出来上がり。
c0017736_291228.jpg
これも飲めました。美味しく作るポイントは玉葱かと。沢山入れたほうが美味しいの。意外でしょ。あ~信用してないあるね、あなた(笑)。夏バテするあるよ。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-18 02:00 | 料理
シェードガーデンの白い花たち
びっくりするくらい早い梅雨明け宣言に、ほんとかしらと気象庁を疑ってかかってたのですが、あれからまとまった雨も降らず、連日猛暑が続いています。この暑さ、緑のカーテン計画ももはやこれまで、我慢の限界です。ついに昨日冷房を入れてしまいました。で、今日はせめて目に涼しげなシェードガーデンへのお誘いです。ってこの画像、1ヶ月ほど前に撮ったものなので、ちょい季節はずれかもしれませんが、許してくらはいね~。

ホタルブクロ
c0017736_2162580.jpg
名前からして蛍が中に潜んでいるのではと思ってしまいますが、勿論そんなことはなくて。
可憐な花に似ず、とても繁殖力が強く庭のあちこちに遠慮会釈なく顔をだしてくれます。

ギボウシ
c0017736_2165062.jpg
半日陰にあって、斑入りだと周りが明るくなってとてもいい感じ。この植物は昔、シーボルトがヨーロッパに持ち帰って品種改良を重ねたとか。イングリッシュガーデン等でよく見かけますよね。ことのいきさつを知ると、なんだか自慢したくなります。この植物は日本からのものだぞって。確かアジサイも同じ経路でしたよね。

そのギボウシの後ろに咲いている小さなお花、これは何年か前、友達とほんの近くの野山を散歩してた時に見つけました。露草と思って持ち帰ったのですが…。今年はじめて咲きました。が、花色は青ではなく、真っ白です。へ? 君は誰?
c0017736_2172125.jpg

クリスマスローズ
c0017736_2181441.jpg
2月から咲き始め、6月に入ってからもずっと咲きっぱなし。いささか色褪せてしまったけれど、散らずにこの状態のまま。まるで造花のよう。不思議な花です。

名前がわからなかったこの植物、先日他の植物を検索していた際、偶然見つけました。
c0017736_2183741.jpg
ノハカタカラクサ(ツユクサ科ムラサキツユクサ属)、南アメリカ原産の帰化植物。ツユクサの仲間ではあるようです。この植物も繁殖力が強く、なんとあのドクダミを差し置いてはびこりつつあります。ガンバレ~、とつい応援したくなります。だってだってするすっと簡単に引っこ抜けるんですもの。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-16 02:00 | へのへの園芸
可憐なお花、オキザリス。
庭の隅でひっそりと咲いているお花に目が止まりました。
うつむき加減の、その慎ましやかで可憐な姿にうっとり。こちらを向いてくれないかしらん。
c0017736_17551459.jpg
すると…。
c0017736_17553160.jpg
しずしずと…。
c0017736_17554774.jpg
お顔を見せてくれました。
c0017736_1756253.jpg
この植物の名前は オキザリス トリアングラリス/紫の舞。典雅な名ですね。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-11 18:00 | へのへの園芸
ダブルのホリホック、足掛け3年。
5月の下旬、あの時蒔いた種から蕾らしきものが出てきました。
c0017736_22162242.jpg
6月に入ってからはスルスルと上に伸び、蕾も日に日に膨らんできています。
ついについにお花を見ることができると思うと、嬉しくて。

イングリッシュガーデン(本で)や種屋さんのカタログを見てずっと憧れていたホリホック。
アップリコット色したダブルのお花。本物を見たくて3年前種を購入して育てていたのです。
しかし種は赤・白・黒・アップリコットのミックス種。
どんな色の花が咲くのか、咲いて見なければわからない。ハラハラ、ドキドキ。
c0017736_22164581.jpg
結果、真っ白なお花でした。ちょうど梅雨真っ盛りにぽっかりと咲いて。

残念ながらアップリコット色ではないけれど、これはこれで可愛いよね。
c0017736_2217644.jpg
まるで昔作った柔紙のお花のような。。。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-10 22:00 | へのへの園芸
エコな枕
あぢあぢ~、あぢいよ~。
こちら平年より12日も早く梅雨が明けてしまいました。すでに真夏のような暑さです。地球温暖化阻止のため、すこしでもエコな生活をしなければと冷房も入れずにいるのだけど、こう蒸し暑くてはね。すぐにバテばててしまいそう…。昨日うなぎを食べに行ったのだけど、それはそれ、なんとかしなければ…。で、チェリーピローを作りました。???中には、せっせと貯め込んださくらんぼの種(110g)が入っております。
c0017736_21145088.jpg
これを冷凍庫で冷やして頭やオデコにのっけたり、後ろ首筋にあてたりするとすんごく気持ちがいいんです。柔らかなヒンヤリ感と申しましょうか、水を含んでないので水滴は出ないしで使い心地もぐぅ。

これが乾燥したサクランボの種。
c0017736_21151921.jpg
中は空洞になってますよね。それゆえ、保温・保冷性が優れているのだとか。サクランボの種でエコ生活と思ったのだけど。たった110gではね…。チェリーピローについてはこちらを。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-07 21:20 | チクチク・アミアミ
前後左右、ドクダミだらけ。
年々、ドクダミが庭を占拠しつつあります。
秋明菊の隣に、ラズベリーと競うように、庭木の回りにと蔓延して。
c0017736_0383953.jpg
はじめは、白い花が可愛くて喜んでいたのに。
お茶や化粧水、焼酎漬けなんぞ作ったりたりして楽しんでいたのですけど…。

ドクダミって地上部だけを刈っただけでは駄目なんで、地下茎を徹底的に根こそぎ取り除かねば根絶は無理なんです。まさかこんなに繁殖力が強いなんて思ってもいませんでした。ほんの小さな根でも元気一杯成長をとげるのですから。んもぉ、ドクダミなんか嫌いだぁーーー。

皆様、老婆心ながらお気をつけ下さいましね。明日もせっせと草取りに励まなければ…。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-07 00:30 | 季節たより