<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
牡蠣のパスタ
テレビの料理番組では連日、牡蠣・牡蠣・牡蠣の連呼。苦手の私ですが「ひょっとしたら美味しくいただけるかも~」とついその気に。中でも大好きな落合務さんのレシピ牡蠣のパスタを作ってみることにしました。
c0017736_23412681.jpg
う~ん、う~ん。やっぱり苦手です。クレソンが牡蠣の磯臭さを多少消してくれてはいるのだけど、やっぱり気持ちが悪くなってしまいます。克服したいのに、残念。
あまりご存知無いかもしれませんが、ここ豊前海は牡蠣の産地でもあるんです。直売所に行けば安くて新鮮な牡蠣が山ほど買えます。なのに美味しいと思えないなんて…ぐやじい。

パスタには欠かせないニンニクですが、保存はどうされているのでしょうか。私はイタリア製のニンニクポットが欲しくてたまらなかったのですが、予算の関係でお手頃価格の素焼きのポットを手に入れました。喜んだのも束の間、すぐにパリン。接着剤で補修して、またもやパリン。しかもカビも出たりして。まさに安物買いの銭失い。トホホ
c0017736_2342585.jpg

で次に見つけたのがこれ。な~んだ?
c0017736_23422031.jpg
シンキングタイム。
                      *
                      *
                      *

降参かに~?
[PR]
by mintoto2 | 2008-02-26 23:45 | 料理
れんれん、蓮根。
根菜の中でとりわけ蓮根が好きです。子供の頃はその美味しさがわからず、どうでもいい野菜の一つでした。大人になってお店で出合った「蓮根まんじゅう」は衝撃的でして、そのもちもちとした食感のとりこになってしまいました。以来、蓮根ラブ。

美味しい「蓮根まんじゅう」が忘れられなくて、いろいろなレシピ(焼く・揚げ)で作ってみましたが未だ再現できず。ある日、蒸すレシピを見つけ試してみることに…。
c0017736_2313212.jpg
美味しい~。もちもちする~。
作り方は超簡単。蓮根をすり下ろして蒸すだけ~。
c0017736_23132261.jpg
でもね、3回目で飽きちゃった。美味しいのだけど舌が「つまらん」って。あ~あ。
何度食べても飽きない家庭料理って結構ハードル高いですよね。

で、次にテレビで見た「厚切り蓮根のきんぴら」を作ってみました。しごく簡単そうで、とびっきり美味しそうでしたのでね。皮を剥かずに厚切りにした蓮根をフライパンでじっくりじんわり。焦げ目がつくまで焼いただけ。味付けはナンプラーと削り節で。
c0017736_23134468.jpg
もっちりとした歯ざわりに滋味豊かな蓮根の甘さが噛めば噛むほど口の中に溢れ出て、飲み込んでしまうのが口惜しいくらい。焼いただけの蓮根がこんなに美味しいなんて驚きです。

削り節無しで。これも美味しい。
c0017736_2314461.jpg
味付けを醤油に変えたりで3日間、作り続けましたが飽きたりなんかしませんでした。しみじみ美味しい。決め手は厚切り、呪文は「じっくりじんわり」でね。

次は「蓮根団子」。これはもう、自信をもって。えっへん、おっほん、美味しいざます。
c0017736_2314223.jpg
何度作ったか勘定できないくらい。蓮根のもちもち、海老と椎茸の強烈な旨みにくらくら。
美味しすぎる~~~。

「蓮根団子」、以前は鶏挽肉で作ってましたが、海老、海老が美味しいのよ~。
<材料> 蓮根(1節) 海老(130g) 生椎茸(2~3枚) 砂糖(少々) 塩(2g) 胡椒 酒 片栗粉。
<作り方> 海老を細かく切り、椎茸はみじん切り、蓮根はすりおろします。
海老に調味料を混ぜ合わせ、蓮根、片栗粉を加えてよくよく混ぜ小さく丸めて揚げます。
辛子醤油でいただきます。
[PR]
by mintoto2 | 2008-02-23 23:50 | 料理
ふろふき大根
この寒い時期、根菜類がメチャメチャ美味しいですね。今日はふろふき大根を作りました。
柚子味噌と庭にまだ残っている姫柚子の千切りを乗せて。
c0017736_2340425.jpg
アツアツの大根に箸をいれると、スーと通って水気がじゅわっと。ハフハフしながら口に入れると、アヂヂアヂヂ。柔かくてジューシーな大根に甘辛い柚子味噌の組み合わせ。美味しいです。堪能した後ゴクンと飲み込むと、喉から食道へと温かな大根が移動していくのが体感されて。カラダ、ポカポカ温まりますですよ。


c0017736_23435927.jpg←は、柚子のペースト。
柚子ピールを作る際にできたクズみたいなのを集めてFPでガッーと。使うあてもなく勿体無いとの理由で作ってしまったのだけど、これが結構使いでがいいのです。いちいち柚子を下ろさなくてもいいし、糖度が高いので保存がきいて、これから先の季節でも使えるだろうしで。

柚子味噌はこのペーストを使って作りました。材料は味噌とお酒に味醂とお砂糖、この柚子ペーストを加えて鍋で練っただけ。最近目にする京都の柚子味噌には遠く及ばないだろうけど…いいもん!これも美味しだかんね。

c0017736_23442086.jpg
今日はとても暖かだったのですが、週末はまた寒くなるとか。温度があっちゃこっちゃ。
風邪を引かないよう、ご自愛くださいね。
[PR]
by mintoto2 | 2008-02-21 23:50 | 料理
めざせ1kg!
ずっと気になっていたお煎餅バイキングに行ってきました。
そこは、いろんな種類のお煎餅が沢山並べられて好きなだけ食べ放題。
パ~リパリのポ~リポリの音も姦しく…。
c0017736_2345892.jpg

な~んてことは無く(^_^;)、このカンカン(これは小)にお煎餅詰め放題なんです。
c0017736_23452980.jpg

条件は、蓋が閉まるまで。時間制限無しよ~。
c0017736_23455761.jpg

いざぁ~、詰め込み開始!
店内をうろちょろしながら、ヘラヘラとあれこれ選んでカンカンにブチ込んでいると、
なにやら手馴れた手つきで寡黙に煎餅を隙間なく詰め込んでいるジジ様発見。
その鮮やかな手際にしばし見とれて。正気に戻って、俄然頑張らねばとスイッチオン!
いかに詰めれば量多く入るのか思案にしつつ、缶をひっくり返しては詰めの繰り返し。
欲に走る自分がちょっとばかし恥かしくて、多少ゆるめに。したつもり。。。

でこんだけ詰め込みました(^_^;)。
c0017736_23461229.jpg

どひゃひゃひゃひゃ~~とひっくり返したでござるよ。
c0017736_23462829.jpg

レジに行くと、詰め込んだ煎餅の重量を測ってくれました。
と後ろに先ほどのジジ様の気配がして。「わしもそのくらいじゃった」と一言。
煎餅バイキング初心者な私はこれが多いほうなのか少ないのかさっぱり。
レジの人にお聞きすると、平均800gだとか。最高は1600gだったとか。
もっとも詰め込む煎餅の種類によって重さが異なるようですが。
で私はというと 950g、煎餅総数 83枚。平均軽く超えてるじゃん。キャハ
結構控え目にしたつもりなんだけどなぁ…ほんとだってば。

c0017736_23464829.jpg■ もち吉直方本店 ■
福岡県直方市下境2400 字餅米
もちだんご村 餅乃神社前
TEL 0949-22-6332
午前9:00~午後6:30

おせんべいバイキングは本店横で
缶は大・中・小とあります。

↑あんなにも沢山のお煎餅を買って大丈夫かと思いでしょうか、ご心配召さるるな。
個包されているので、最後の1枚まで湿気ずに美味しく頂きましたよん。
さて、完食したからには又買いにいかねばと、またまた行ってきました。

こんどはちょっと欲をだして。めざせ1kg!

へへへ、お店のお姉さん、許してくださいましたのことよ。
c0017736_23471686.jpg
かなりギッチギッチ。割れない程度にね。
c0017736_23473161.jpg
並べてみたりして(^.^)。
c0017736_2348829.jpg
でで、成果はというとジャスト 1kg。煎餅総数 95枚でした。
あ~楽し。早々に食べて又行かなくっちゃ~。次も頑張るぞい!
[PR]
by mintoto2 | 2008-02-20 23:50 | お出かけ
人参掻き揚げうど~ん。
先日、ippopotamooさんの美味しそうな卵とじ肉うどんを見て私も食べたくなりました。
ぐがぁ、お昼から牛さんはゼイタクなので人参を具材にして。人参掻き揚げうど~ん。
c0017736_221485.jpg
今回は桜海老を入れてみたら、まるで海老せんみたいなお味に。
汁に浸らないよう丼の縁に乗っけて食べると、パ~リパリ~のサ~クサク♪

こちらではごぼ天うどんが人気なのですが、人参の掻き揚げも美味しいんです。
お店ではほとんどお目にかからない物なんですけどね。ひょっとして私んチだけかも。
うどんに天ぷら、抜群の相性ですね。油っけが入ると格段に味が良くなるように思います。

揚げ物というと面倒臭いとお思いでしょうが、これが結構簡単なんですよ。ホント。
以前はレンジ回りは粉まみれ。ボールやなんやらで汚れ物どっさりだったのですが、
去年テレビでいいこと教えてもらったので、楽に美味しく作れるようになりました。
どんなかな~と言うと、↓こんなんですねん。
c0017736_2232366.jpg
1 人参(2人で半本 細切)と桜海老に、てんぷら粉(大さじ2杯位)を薄っすらとまぶします。
2 水をほんの少々(小さじ1~2杯くらいかな)加えて、↑のような状態に。

c0017736_2233671.jpg
3 揚げ温度は油の鍋に箸を入れて、先から小さな泡がシュワシュワと上がるくらい。
4 全部を鍋いっぱいに薄く広げ、しばらくはそのままに。
  箸で持ち上がるようになったら裏返します。
  カサコソコソと軽く感じられるようになったら出来上がりです。2人で半分っこ。

※うどんの出しは、今回は焼きアゴ(飛魚)と昆布(徳用)でとりました。
  アゴが無ければ、いりこと昆布でも物凄く美味しいお出汁が作れます。

久しぶりの更新でした。いつもこんなノロマなblogにお越しいただいてありがとうございます。
何分にも不器用なもので、コメントのお返事が遅く、そちらへコメントを残さずにいたり、
とても心苦しく思っています。そこでしばらくコメント欄を閉じることにしました。
でも更新は続ける所存で(一杯溜まっているんです)、さらにあっちこっち飛びますですよ。
なので今までのご無礼の数々、お許しくださいませ。はは~m(__)m

[PR]
by mintoto2 | 2008-02-19 02:20 | 料理