<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
味噌作りⅡ・仕込み
さてと材料は全て揃いました。今から仕込み開始です。

<材料 8Lの樽>
米麹(本田こうじや)・・ 2kg
大豆(耳納の里)・・・・ 1.3kg
塩(シママース)・・・・・・・・ 680g
種水・・・・・・・・・・・・・・ 少々(大豆の茹汁)

c0017736_16591929.jpg
1 大豆は洗って1晩水に浸しておきます。
2 塩切り(塩と麹を合わせること)をすます。…塩を少し残しておく。  

c0017736_16593125.jpg
3 圧力鍋で豆を何回かに分けて煮ます。その回数分、塩切りした麹を小分けしておきます。
4 茹で上がった大豆はそのつど熱いうちに潰します。ポテトマッシャーで潰すとラクラク簡単。
  きれいに潰れたでしょ。

c0017736_16594244.jpg
5 大豆が人肌程度に冷めたら、塩切りした麹とよくよく混ぜ合わせます。
  げんこつ大に丸めて味噌玉を作ります。
6 それを味噌樽めがけ日頃のうっぷんを晴らすように投げます。空気が入らないようにね。
  表面をきれいにならし、側面を拭いて(消毒用アルコール等)、とりおいた塩を振ります。

c0017736_16595473.jpg7 表面をピタリとビニールで覆い、重石を乗せます。
8 虫などが入らないよう紙を被せます。これで仕込みは終わり。1ヶ月後様子を見て天地返しをします。

美味しく出来るといいな…

[PR]
by mintoto2 | 2006-11-29 23:40 | 料理
味噌作りⅠ・麹屋さん
自家製味噌が切れてしまったので、味噌を作ろうと木屋瀬(こやのせ)にある麹屋さんへ。。。
c0017736_2214049.jpg
湯気がもうもう。お米を蒸して、麹菌をばら撒いて。。。ふ~む麹はこうやって作るんですね。

味噌作りに必要なものは、麹・大豆・塩・それと時間。
たった2回の挑戦で、まだまだ絶叫するほどの味噌は作れないけれど、自分で作った味噌は美味しさを飛び越えたところにあります!?…とは言いつつやっぱし少しでも美味しいお味噌を食べたいので、自然食品店の人が薦めてくれた麹屋さんの米麹をゲット(^.^)。

■米麹
  「本田こうじや」
  福岡県北九州市八幡西区木屋瀬3丁目12-19   ℡093-617-1143
  注文を受けてから麹を作ります。 週2回 木・土に出来上がり
  米麹1kg=¥620

*********************************************

味噌作りは昔、母や叔母が一緒に作っていた(一度だけ)のを見て大変な作業だなと思っていたのですが、一昨年初めて習いに行って、思ったほど大変ではないことを知りました。
利器がいろいろ有りますからね。百聞は一見にしかず。↓のお味噌屋さんで習いました。

■手作り味噌講習会 
 「(株)田島屋味噌醸造元」
 福岡県福岡市東区香住ケ丘2丁目3-33 ℡092-681-0935
 手作り味噌の講習会は毎月数回開かれるようです。
 2004年 講習料+材料代=¥2,205(出来上がり5kg) 樽は別でございます。
[PR]
by mintoto2 | 2006-11-25 23:40 | 料理
ゆでもち
時々無性に食べたくなるのがこの「ゆでもち」。大分の方なら誰もが知っているおやつなのですが、それ以外の方々はご存知ないかもしれませんね。竹田市の名物なんですよ。小麦粉(地粉:中力)を捏ねて餡子を包み、平べったくして、お湯で茹でるだけ。簡単そうでしょ。
c0017736_2316343.jpg
大鍋で茹であがったばかりのアツアツを、ハヒハヒいいながら食べるともうすんごくしあわせ。今回のは特に美味しくて三枚も食べてしまいました。どんなお味なのかって。皮はしこしこ、隅々まで行き渡った餡子とのバランスが良くて…ああ思い出しても、じゅる。

c0017736_23161663.jpg■今回作った私のレシピ
<材料 11個分>
皮 1個分=43g 餡子1個=36g 
  薄力粉・・・・・ 270g 
  だんごの粉・・・・ 30g
  塩 ・・・・・・・・・ 少々
  水 ・・・・・・・・・150~160cc
  粒餡 ・・・・・・ 400g
詳しい作り方はこちらへ。
動画もあってわかりやすいです。
餡子が多いほうが美味しいのだけど、皮の生地が柔らかすぎたり、欲張って餡子を入れすぎると皮が破れ、茹でているうちに餡子が出てくるハメに(鉄則:口はしっかり閉じましょう)。ワタスは↑のようなツギハギだらけになっちまっただよ。でも味には関係ないもんね。
地粉(中力粉)が無かったので薄力粉+だんごの粉で作りましたが、モチモチして美味しい!


余ったものは、翌日フライパンに油を敷いて焼くと、これまた美味しい。勿論冷凍もOK。
c0017736_23163110.jpg
なんかこれだと美味しさお届けできないような( ̄~ ̄;) ウーン。

ちょっと食べかけだけど。。。
[PR]
by mintoto2 | 2006-11-22 23:40 | 和菓子
スープカレーを作ったものの…。
北の大地で人気のスープカレー、ここ南の地ではあまり見かけぬ食べ物です。
ずっと気になっていました。まずは市販のルーを使って作ってみることに。。。
c0017736_19592355.jpg
で、こんなん出来上がりました~♪ しか~~~~~し、どんな風に食べたら良いのか、食べ方がさっぱりわかりません。スープカレーとご飯は別々のお皿に盛るというのは知っておりますけど。でネットで検索してみました。すると3通りの食べ方があるそうな。

 ・ご飯をスープの中に入れて食べる。
 ・スープをご飯にかけながら食べる。
 ・スープ、ご飯、スープと交互に食べる。  調べなくてもしごく当たり前なことですね(汗)。 

スープカレーって結構忙しい。飲んだり、混ぜたり、運んだり。いろいろな食べ方を実践しつつお皿がカラッポになった時は身体はポカポカ。暖まります。お腹はチャッポンチャッポン。多少水腹に。今回はインスタントルーを使って作りましたが、なかなかどうしてスパイスの効いたとても美味しいスープカレーが手軽に出来上がりましたよ。具材は鶏もも肉・じゃが芋・人参・玉葱・ブロッコリーでした。


c0017736_2023670.jpg紅玉が手に入ったので、林檎のジュレを作ってみました。レシピはいがらしろみさんのご本「ジャムのお菓子」を参考にして。

りんごのヘタだけを取り除いてお鍋でグツグツ30分。それを一晩かかってゆっくり絞り(濁らないように)、お砂糖とレモンを入れて煮詰めるとトロンとしてきます。108度まで温度が上がったらできあがり。とまぁレシピではね。

だけど一晩待てない、甘すぎるのは嫌、時間もかけたくないので砂糖も水もかなり減らして作ってしまいました。それでも長い時間グツグツグツ。108度にはならなかったけどともかく終了。…あとでいろいろ調べてみるとお砂糖を減らすと固まらない恐れもあるそうです。

プルンプルンなゼリーのような林檎のジュレ。キラキラ輝いて、口一杯に甘酸っぱさが広がりますですよ(^.^)。次回はもうちょっと緩めがいいかな。
<材料> リンゴ4個、水1L 砂糖 リンゴの1/2 レモン1個 これでも煮詰めると結構甘い。

[PR]
by mintoto2 | 2006-11-19 23:45 | 料理
鯵より鯛が安いなんて…。
先月の末、今年最後の鐘崎朝市・大漁祭り(福岡県宗像市)に行ってきました。まだまだ真っ暗です。そんな中で両手にずっしり下げ袋を持ったの人々がゾロゾロ。。。なんで?どうして?
c0017736_14553388.jpg
売り出し開始は確か6時30分では。今回 余裕の6時15分に到着したのに。ふぎゃ~!駐車場係りのおじちゃん曰く「皆早く来て並んでおるんよ。なので最近は6時10分に開始」ですって。そんな~(泣)。あわてて残っているお魚を物色。早く決断しなければすぐにカッサワレテいきます。アセアセアセ。

c0017736_14554880.jpg
やっとこさ鯵(ピチピチ跳ねてます)、鯛(同じく、ヒクヒク)、それと画像にはありませんが剣先いか(肌は透き通って、触ると怒ります)をやっとゲット!でこれお幾らだと思いますか。鯵4匹=千円、鯛11匹=千円でごじゃりました。鯵より鯛(天然)のほうが安いんですねぇ。あと剣先いか3パイ(大小合わせて)で同じくしぇんえん。お安いざましょ。早起きは三文の得(^.^)。

c0017736_1456255.jpg
んで鯵も鯛もイカもまずは、お刺身で。しかし鯵は旬の6月の味には負けますね。さっぱりとしておりました。

お次は鯛めし。
c0017736_14574817.jpg
新鮮な鯛ですので、私はそのまま炊き込みました。なんてったって漁師のおかみさん曰く、この鯛を後ろの海に投げ入れたらそのまま泳いで沖に行くってなピチピチ鯛でございますよ。とても美味しゅうございました。
[PR]
by mintoto2 | 2006-11-16 23:30 | 料理
海老のパエリヤ
パエリヤ修行第2弾。
まずは基本を学ぶべく具材はシンプルに海老とサヤインゲンだけで作ってみることに…。
c0017736_23551646.jpg
こんなん炊き上がりました~♪
c0017736_23552914.jpg
今回はご飯もお味もなかなかいい感じになりました。我ながら上出来と思いつつ悦に入ってワシワシ、ワシワシ。ご心配召されるな、2人分でお米はたったの1C。味ご飯は底なしの私ですので予防線はしっかりと。

で鍋底は…
[PR]
by mintoto2 | 2006-11-14 23:55 | 料理
パエリヤ
先月、おさかな祭りに行った際、海老(ちっこいけど車えび)を沢山買ったのでパエリヤ(パエリア?)を作ろと意気込んでレシピを見たら、鶏とアサリを使っただけのものでした。それに水分はビールだと。こんな時とても困ります。私はエビを使いたいのだよ、ワインならともかくビールはう~む、わかりまへん。だども熱烈パエリヤ食べたし、これ以上我慢できない。夕食には失敗する恐れのあるものは出せないので、お昼ご飯用に勇気を持って作ってみることに。レシピは本と新聞の切り抜きを頼りに。
c0017736_22412940.jpg
パエリヤ鍋なんて持ってないのでルクで。どのくらいの水分を入れた良いのかさっぱりわかりません。本と新聞の切り抜きをごちゃまぜにしながらグツグツ。どうも水分が多すぎたようで所要時間をはるかにオーバー。ああこの先とても心配だぁ。。。

c0017736_22414430.jpg
と、ようやく出来上がって、お皿によそっていただきました。思ったほどご飯はびちゃびちゃしてなかったけど、粒々してお味もまずまずだったけど、まだまだ何かが足りない気がします。

とかなんとか言っちゃって~、お楽しみが一つ残ってますです♪
[PR]
by mintoto2 | 2006-11-05 23:50 | 料理
きみしぐれ(かぼちゃ)
11月に入るとさすがに空気が冷たく、あたたかな日差しが心地よく感じられるようになってきましたね。紅茶など入れて縁側でひと休み。かぼちゃのお菓子なんぞを頬張りながら。。。
c0017736_2113518.jpg
c0017736_21144785.jpgきみしぐれ(かぼちゃ餡)

かぼちゃのペースト+白餡+茹卵の黄身に栗の甘露煮を入れて強火で蒸しました。もうちょっとひび割れが出来たら良かったのだけど、美味しかったのでマル。

時雨(しぐれ)は晩秋から初冬にかけて、降ったりやんだりする雨や雪のことだそうです。これからどんどん寒くなってきますね。北海道では雪が降ったとか。でもここ北九州の私んチではまだ暖房は一切無し。籐(冷たい)を敷いているので座布団に身を縮めて(無理矢理)座っています。明日にでも灯油を買ってこようかな。今お値段、どのくらいなんでしょうかねぇ。。。
■ 金塚晴子の和菓子はかんたん 日本放送出版協会 924円 どうも絶版のよう…

c0017736_211536.jpg
c0017736_21151368.jpgかぼちゃまんじゅう

皮にも餡にもかぼちゃのペーストを入れて蒸し器で作りました。

これ着色料は無しなんですよ(↑のきみしぐれも)。自然の色。でお味はというと…皮はすっごく美味しいです、皮はね。餡は(ーー;)…美味しくな~れとばかしに水の代りに生クリームを入れてみたら、ば、これが油っぽくなって、くどいお味に(涙)。pinotさんがお作りになっていた小豆餡の方が美味しそうだした。。。
■ Green(ホクレンのPR誌) No.227 SEPTEMBER より
[PR]
by mintoto2 | 2006-11-02 23:40 | 和菓子