<   2006年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
トマト de パスタ・ゼリー・スープ
梅雨もやっと明けたと思ったら、暑い暑い夏が到来。ハフ~。
直売所では真っ赤に色づいたトマトが山積みに。目に入ったからには買わずにはいられません。で、なんとか一度に大量に消費できるメニューをあれこれ探して作ってみました。

まずはトマトの冷製パスタ。ちょっと前にセミドライトマトで冷製パスタを作ってみたのですが、なかなか味が決らず、レシピを探していたところ、leperlineさんがイタリア料理教室で習った美味しく作るコツを伝授してくださっているのを発見!まさに渡りに舟♪
           ☆ トマトの冷製パスタ ☆
c0017736_23115644.jpg
leperlineさんはセミドライトマトとリングネでお作りになっていましたが、私はフレッシュのミディアムトマトとスパゲッティーニで。トマトの皮を剥いたので鮮やかさには欠けてしまいましたが、凄く美味しくできました。今まで作った中でダントツの味。美味しく作るコツはパスタを茹でる時に□□を入れること、ソースには△△を…って詳しくはこちらへ~。

 ☆ トマトゼリー ☆                ☆ トマトスープ ☆
c0017736_2312747.jpg

トマトゼリーはちょうど図書館で借りていた本にのっていたので、ミニトマトで作ってみました。なんだか(; ̄ー ̄)...ン?(; ̄ー ̄)...ン?ってなお味。色は素晴らしいけど…もういっか。

トマトスープ、これはstudiopinotさんチでとても美味しそうだったので真似っこ。完熟桃太郎トマトで作ってみました。おいひ~。大量のトマトを使用してます。なんだか体の中がきれいになっていくような清々しいお味でしたよ。
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-27 23:30 | 料理
スイカの水ようかん・枝豆しるこ
夏休みに入ったというのに、この連日の肌寒さ。せっかくスイカを用意していたのに、なかなかupが出来ないじゃあ~りませんか。。。と気候のせいにする(^_^;)。
こちらで面白いスイカを発見。もう作りたくてたまりません。しかし、この1品のためだけに本を買うのもなぁ(ケチ!)と、こっそり本屋さんで暗記。数字がコボレ落ちないよう頭を真直ぐにして帰宅。んで作ってみました♪
c0017736_2244473.jpg
本物のスイカの皮を使っているので香りがすごくいい。水羊羹の中にはスイカの絞り汁と白餡を。使った小さなスイカの甘味がイマイチだったのでどうなることかと思いつつ…やっぱし予感的中(ーー;)。ちょっとちょっとなお味になっちゃいました。でもまぁ可愛いからいいか。。。


c0017736_2245353.jpgこれはmayさん大絶賛の枝豆しるこ。mayさん曰く「おいしいって言うより"うまうまっ"って言葉がぴったり」なんですって。んなこと聞いた日には作らずにはいらりょうかですよ。書いてくださった枝豆の分量を倍にしてシロップはそのままの量で作ってみることに。。。

作った日は寒くて試食は断念。しかし翌日も寒かった。震えながら頂いてみますれば、ほんとほんと「うまうまうまっ~~~」。とても枝豆・砂糖・水だけで作ったとは思えない。トローリ滑らかまるで生クリームが入っているような濃厚さ。すごっく美味しいです!!!これから幾度となく登場しそう。mayさん美味しいレシピをありがとう。

[PR]
by mintoto2 | 2006-07-24 23:30 | 和菓子
ラタトウユ
おいしいラタトウユを作って食べたい。ここ数年の願いです。しかし何度作ってもイマイチな出来。相性悪いかもと思いはじめてはいましたが、いろんなところで美味しそうなのを見るにつけ諦めきれない。studiopinotさんのラタトウユを拝んでこようと伺ったら嬉しいことにレシピを書いてくださってます…何故か冷蔵庫にだいたいの材料が…この際作ってみましょうか。。。
c0017736_22301717.jpg
あちゃ~、肝心のトマトがありません。仕方なく缶詰を使用。コトコトコトと20分、まだ形が残るほどの煮上がりでストップ。さてとお味はどんなかしらと気になりつつ撮影。終わっていざ食べようとしたら相方は既に完食。「おいしかった!」ですって♪ では私メもと頂いてみますれば、おいしい!ズッキーニのジューシーさとパプリカの甘さにトマトの旨みがからまってなんとも言えません。苦節ン年やっとおいしいものにありつけました。ラタトウユには夏野菜がたっぷり。ミネラル・ビタミン豊富そう。沢山食べてこの夏のりきりましょうぞ!
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-17 23:11 | 料理
黒酢の酢豚
酢豚は大好き。だけど作るとなると腰が重い。甘酢の調合や全ての具材を油で揚げるのでレンジの周りはアブラだらけ。片付けも長々とかかるし。ついついお店でとなってしまった今日この頃。しかしsatsukiさんやapplemint_pekoさんがシンプルにお肉だけで酢豚を作ってました。…フムフムこれもアリですか。さらにsatsukiさんが「肉を食べた!そんな気分で満たされました」なんて…。なにやらむくむく肉が食べたくなってきたじゃあ~りませんか。

最近、黒酢(中国の)を使った料理が目につきます。そういえば気になっていたものがありました。脇屋友詞さんの黒酢を使った酢豚。ネットで探すと…出てきました~(^.^)。早速作ってみることに。。。
c0017736_2584210.jpg
黒酢や黒砂糖を使っているのでお肉も黒ずんで。。。しかしお味は甘酸っぱくてコクがあって美味しい、凄く美味しい!添えられたお野菜と一緒にいただくと油物を食べた後にくるあの飽満状態(つい食べ過ぎて…)に陥ることなく後味さっぱり。それにしっかり「肉を食べた!」気分に満たされます。作り方も右往左往しなくていいし、これだと気負いもなく作れそう♪

これから本格的な夏の到来。水もん、さっぱり系ばかしではなくしっかりタンパク質も摂って夏を乗り切りたいものですよね。(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

m(__)m いつもコメントを頂きありがとうございます。なのにお返事が遅くて誠にすみません。さらに伺ってにコメントを残さずすみません。とても心苦しく思っています。なのに今月はこのペースで更新していこうと(^_^;)。ゆるりとお付き合いくださると嬉しいのですが。虫が良すぎてすみませ~~ん。
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-15 02:00 | 料理
ゴボウのパスタ(醤油ベース)
一度生パスタを食べてみようと、評判の良いお店に行ってきました。ランチセットには4~5種類のパスタから選べるようになっていました。さてどれを頂こうかと迷いに迷ってなかなか決められまへん。ほんとうはワタリガニのパスタを食べたかったのですが、これは冬場限定とのこと。う~んと唸っていたらお店の人からゴボウの醤油ベースのパスタを薦められようやく決定。しかしパスタにゴボウ、なんだかなぁお惣菜ぽくて少々落胆。イタリアンが食べたいんだよぉぉぉっと。。。
c0017736_23104140.jpg
                  ↑は私が作ったゴボウとインゲンの醤油ベースのパスタ
一口食べてみると、これがなかなか美味しい!ゴボウのシャキシャキ感と風味がすごくいい。あまりにも美味しくて夢中で食べたもんだから、生パスタと乾麺の違いあまり分からなんだ。勉強のため(!)また食べに行かなくては。

んで今回のおさらい。
<材料>
 スパゲッティ ニンニク 鷹の爪 オリーブ油 醤油 塩 黒胡椒 ゴボウ インゲンマメ
<作り方>
(1) パスタを茹ではじめます。
(2) フライパンにオリーブ油・ニンニク・鷹の爪を入れ弱火でじっくり炒めます。
(3) パスタ鍋にゴボウの薄切りをザルに入れて1~2分茹でます。
(4) フライパンにゴボウを入れ、醤油・黒胡椒を入れ暫く煮ます。
(5) パスタの茹で上がり1~2分前にインゲンマメを投入。
(6) パスタ鍋から茹で汁を1Cほど取っておきます。
(7) フライパンにパスタの茹で汁を少しいれソースを作っておく。
(8) パスタが茹で上がったら、フライパンに入れ揺すりながらソースをからませます。
(9) 味をチェックした後オリーブ油を加えさらに揺すってソースが乳化したら出来上がり。
※ この作り方は私流。お店の人には聞けまへなんだ。食い気はあれど勇気が無くて。。。
  まずまずのお味…だと思いますけど。。。


c0017736_23113187.jpg■ 生パスタのお店 サンマルツァーノ
   行橋市行事7丁目10-10(国道201号線沿い)
   電話 0930-26-2277
   営業 11:30~22:00 (ランチセット¥880~)
   定休 毎週木曜日 ★駐車場完備

↑お店のパスタはこんなん。クリックして大きな画像でどうぞ。
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-12 23:30 | 料理
水無月VS博多水無月
ほんとは6月30日に食べると悪魔払いが出来て、残り半年を無事に過ごすことができるそうな。去年は早めに今年は過ぎてからだけどご利益あるかしらん。まずはよく知られた水無月を。
c0017736_235144.jpg

次に、ここ最近知ったのだけど「博多水無月」というのがあるらしい。水無月を博多の新名物にせんと菓子組合の方々が8年前より作りはじめたそうな。基本は「小豆とわらび粉を主原料にして笹の葉で巻く」というもの。もっと早く知っていたなら口に入ったかもしれないのに、これは期間限定商品、5月~7月のはじめ頃までしか売られていません。来年まで待てない!!でネットでレシピを探して作ってみることに。。。
c0017736_23512214.jpg

c0017736_2351399.jpgこの水無月は上用粉と葛粉で作った外郎生地の上に自家製なんちゃって小豆鹿の子をパラパラとのせて蒸し器で作りました。

外郎のモチモチとした歯ざわりとやさしい甘さがなんともいえません。とても美味しい。冷蔵庫で冷やしていただいてもさほど固くならず、美味しゅうございました。


c0017736_23515813.jpg博多水無月。ちょっと色がよくないのですけど、これには小豆粒餡(このたびは手抜きして缶詰を使っちゃいました)とこれまたなんちゃって小豆鹿の子が入っているからなのです。

これは鍋で練り練りして作りました。わらび粉の他に寒天も使っているので、プルンプルンとした食感でいくらでもスルスル入っていきます。これも冷蔵庫で冷やしても食感は変わらずずっと柔かいままでした。

ほんとは笹でtablemei2さんのようにお星様を作りたかったのですが、ウチの笹は短すぎてせいぜい笹舟を折るのがやっとこさ。


c0017736_23523218.jpg鹿の子を作るにはお砂糖たっぷり使って、手間隙がかかって、小豆の煮方も難しいのらしいのですが、すべて中途半端に作ってみました(汗)。

お砂糖は小豆(乾燥)と同量、小豆が踊らないようう重石をかけて、3~4日甘味を染み込ませました。ほんのりとした甘さに仕上がりました。
c0017736_23524516.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-07-09 23:55 | 和菓子
梅仕事
先月末、卸売市場に行った折紀州紀南の南高梅5kg1000円 見てしまいました。あまりの安さに(今年の梅は安かったらしい)漬ける予定がなかった即、母は5㎏お買い上げ。そのおこぼれを頂戴することになりました。2㎏(400円)。なんとしよう。今まで梅シロップしか漬けたことがないのに。。。

            ☆ 梅干し ☆
c0017736_23162666.jpg
まずは母の教えをいただいて王道の梅干しを。結構簡単なのね。
<梅干し>  梅 1kg 塩(塩分15%) 150g


            ☆ 梅サワードリンク ☆
c0017736_23163971.jpg
最近巷ではサワドリなるものがピーチクパーチク。私も作ってみましたよ~。
<梅サワードリンク>  梅・酢(りんご酢)・氷砂糖 すべて同量もしくは砂糖70%に


     ☆ 梅味噌 ☆               ☆ 梅醤油 ☆
c0017736_23165354.jpg
残りは梅ジャムにでもと思ったのですが、あまりジャム食べないし甘いのは嫌だし。ダメだしばかし(-_-;ウーン。そんな時友達から梅味噌や梅醤油の作り方を教えてもらいました。なんでも凄く美味しいのだとか。渡りに船、早速作ってみました。
<梅味噌>  梅・白味噌(必ずシロで)・氷砂糖 全て同量もしくは砂糖70%で
<梅醤油>  梅・醤油 同量orひたひた これは冷蔵庫に入れると1年は持つそう。

c0017736_2317680.jpg
こうして仕込んだものを眺めてはニンマリ。早く食べたいものです。梅サワドリは3週間、梅醤油は1ヶ月と聞いていますが、待ち遠しい。しかし梅味噌・梅醤油作ったはいいけど食べ方知らないんですね(^_^;)。どなたか存知ありません?
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-06 23:30 | 季節たより
ボンゴレ・ロッソ --- セミドライトマトで ---
ずっと以前より作りたかったセミドライトマト。庭のミニトマトでと計画していたのだけど、ぼっちんぼっちんしか色付いてくれません。待ちきれずに市販のトマトで作ってみることにしました。
c0017736_23412085.jpg
120度のオーブンで1時間。まだ水っぽい感じでしたが待ちきれずに終了。オリーブ油に漬け込んでさてさてこれで何を作りましょうか。作りたいリストはたくさんあれど、ちょっと背伸びをしなければ作れないものも多し。

leperlineさんチで見かけたボンゴレ・ロッソがとても美味しそうだったので早速真似っこ。
c0017736_23414628.jpg
実は2人とも3月にアサリにあたってしまい、それ以降恐ろしくて食べてなかったのです。が、あまりにもソソラレル画像と記事につい、フラフラと。ビクビクしながら作ってみることに。
アサリがいい味出してます。そしてなによりセミドライトマトが美味しい。トマト本来の味(酸味と旨み)がぐぐっと濃縮されて。それに炒めてもぐちゃぐちゃにならないで形を保っているし。夢中で完食。おいしかった~♪ 

2日後、で次に何をとオイル漬けセミドライトマトの蓋を開けてみたら、ら、ら、ガ~ン、白カビがはえてます!オイル漬けだからと冷蔵庫には入れず常温においていたのがいけなかったのか、それともトマトをもっと乾燥すべきだったのか。そう言えばazumiさんが賞味期限は2、3日って言われていたっけ。ちゃんと聞いておけば良かったよ~。勿体無いけどすべて破棄。

しか~し幸いなことに冷凍してた物もありまして、これをソテーしてみようかと。
でチキンとズッキーニのソテーにセミドライトマトを加えて作ってみることに。。。
c0017736_2342313.jpg
鶏はオリーブオイル・ニンニクスライス・粒マスタード・塩・黒コショーであらかじめマリネしてたのを焼きます。いつもなら鶏に十分火をとおさんがため焼きすぎてパサパサになってしまうのですが、ここはチキンソテーの名人mayさんの技を真似っこして弱火でじっくり焼いてみたら、今までとは月とスッポン、皮は少しパリパリ(まだ修行の身)、中は柔らかくてジューシーに焼き上がりました。すごく美味しかった。同じ材料でも焼き方ひとつでこうも違うんですね。うれしい発見。

ズッキーニは干し野菜(お日様に1~2時間当てる)にすると水分が飛んで美味しくなり、使用オイルも少なくなるように思います。先日雨で干せなくてそのままソテーしたら油っぽさが気になりました。で肝心なセミドライトマトのソテーは…今回は無くてもいい。ソテーはしないでそのまんまが美味しい(爆)。
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-03 23:30 | 料理