<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ソラマメのパウンドケーキ
空豆の旬に作りたいと待ち続けてやっと実現した「ソラマメのバウンドケーキ」。alatablekazukoさんやstudiopinotさんが美しく美味しそうに作られていたのを見て私も作りたくて溜まりませんでした。このソラマメのパウンドケーキはナント今を煌めく人気パティシエの杉野英実氏のレシピなのですよ、ウフフ。私にも出来るかしらとドキドキしながら作ってみました。。。

c0017736_17462788.jpg
作り方はあっけないほど簡単でした。いつもはハンドミキサーで卵が分離しないよう、粉の混ぜ方も注意してというところです、ぐがぁ!FPに材料を入れる度にガァ~と回し、勿論粉類も入れたらガァ~。あっけないくらいでしたよ。無事焼き上がってシロップ+洋酒をたっぷり染み込ませたら出来上がり。さてさてどんなお味なのでしょうか(^.^)。

c0017736_1747193.jpg
一日目 我慢の子。
二日目 洋酒がいささかきつく、くらくらしつつ食べました。するとさらにくらくら心地よい。
      しっとりとしてすごく美味しい。冷やして上品にチビチビと頂くことにしましょう。
三日目 お酒が馴染んできてマイルドに。かわり空豆の味が前面に出てきました。
      豆臭くも無く、むしろ空豆によって深みとコクが醸し出されているように思います。
      深い味わい。 もの凄く美味しいです、これは絶品だと思います!
 
こんなド素人が作ってもこの美味しさなのですから、彼の作ったものは一体どんなでしょうか。
そして杉野英実氏とは。。。。

実はご存知の方も多いかと思いますが、今年1月24日NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて彼の人となり、信念、仕事振りを紹介した番組が放映されていたそうな。再放送もあったとのことですが私は生憎見逃してしまいました。放送後すごい反響で彼のお店が大変なことに。この模様はb-kuchenさんが里帰りの折り詳しくレポートしてくださっていました。放送を見ずとても残念に思っていましたらalatablekazukoさんがその番組の内容を詳しくレポートしてくださり、それを読んで私も彼のお菓子を作る真摯な姿勢に心打たれました。

先ほどその番組のHPを見ましたら、番組の中で印象に残る言葉と共に彼の道具の紹介、あの有名なアンブロワジーの断面や番組スタッフの印象などいろいろと載っていました。私のように番組を見逃したかた是非こちらあ・な・たのNHKへどうぞ。
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-24 21:30 | 洋菓子
グリーンアスパラのパスタ
先月azumiさんチで見たアスパラのパスタをどうにも食べたくて作ってみました。

このパスタ今まで作ったことがないちょっと風変わりな作り方なんです。定番のニンニクも鷹の爪もアンチョビも一切使用せず、ただアスパラをソースにしてパスタに絡ませるだけ。この上なくシンプル。作りながらモロモロに手が伸びそうになりましたが、耐えました。余計なことはせずひたすらレシピに忠実に。

c0017736_235374.jpgで、そんなこんなで出来上がったものを一口いただいてみますと…なんて美味しいのでしょう、ソースが絶妙、絶品!アスパラと玉ねぎとバターだけでこんなに美味しいソースになるなんてどなたが考え出したのでしょう。

ウフフ、buongustaiaさんの考案なんですよ~。

azumiさん、buongustaiaさん美味しいパスタをありがとうございました!

画像はご覧のような状態ですが、お味ボケてません!
因みに使用したパスタは本家はファルファッレ(リボンのような形のパスタ)のショートパスタでazumiさんはフリフリのロングパスタ、私はペンネで作りました。アスパラは今が旬。一年中手に入りますがやっぱり旬の美味しさは格別ですよね。

6/11 追記 ソースとなるアスパラは本家ではフォークで潰してましたが、私は楽して包丁で木っ端微塵に、あっちゅう間でございました。…もっと早く書いておけばよかたですね(汗)。
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-18 23:40 | 料理
いちごミルクケーキ --- 自家製ドライいちごで ---
「りえねこ生活」のりえねこさんが作られていた手作りドライいちご。それはそれは美しい色と共にぷっくりと膨らんでとっても美味しそうでした。市販のドライいちごは、質の良いのはお高くて、スーパーで売られているのはなにやら怪しい。さっそく真似して作ってみることに……。
c0017736_11185483.jpg
サンサンと輝く太陽の下で2~3日、途中雨が降ったり最終日は曇り空でしたが、鳥さんたちにも見つけられずに無事出来上がりました。雨の日にちょっとほっぽらかしたので扁平なドライいちごに仕上がってしまったけどお味は濃厚ないちごゼリーのよう。ウフフ、とても美味しい!まんまポイポイ口に入っていきそうな勢い。ムムム、ちょっとまったぁ! いちごミルクケーキをつくんなきゃ。。。
※ お砂糖をまぶした苺は冷蔵庫に入れました。常温だとちょっと発酵臭がつくような…。

     
■ いちごミルクケーキ
c0017736_11203260.jpgこれは私の定番菓子。何回も作ってそのたびに「美味しい!」と叫んでしまう。レシピは「nosin's kitchen」さんの「TOP」から入って「Sweets recipe」の中にあります。

いつもはドライいちごのシロップ煮を作って入れるのですが今回はそのまま入れてみました。

出来上がったものは、ジャムみたいな感じ。シロップ煮は噛みごたえがありましたが、これもまた美味しいです。いちごが下に沈んで(>_<)…でもいいのさ、美味しいんだかだぁ!
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-14 12:10 | 洋菓子
焼き物の里・小鹿田(おんた)へ Ⅱ
その昔、小鹿田のお皿は割れやすいと行商に行った大分や別府で言われつづけ随分悔しい思いをしたと聞いています。それが昭和30年代、世界的陶芸家のバーナード・リーチや柳宗悦から高い評価を得て、全国的な注目を集めるようになったとのこと。
c0017736_038326.jpg

c0017736_0384348.jpgc0017736_0385898.jpg

共同登り窯。10軒の窯元はここで焼くのだそうです。

c0017736_039941.jpg
ちょうど写真を撮っていると、板切れに乗せられた器がニュ~と出てきました。
あわてて、それ!と撮ったのですが、ボケボケ(^_^;)。


c0017736_0392483.jpg小鹿田焼きといえば飛びカンナやくし目の技法で有名ですね。10軒の窯元、どれも似ているようでちょっとずつ違っていました。単純な文様の中でも其々の窯元の個性が出て面白いです。

全て手作業らしく、ちょっと形がイビツになっているものも。それもまた暖かなぬくもりを感じて味わい深いです。


c0017736_0394625.jpg其々の窯元で展示即売されています。今回はお皿を二枚(たった!)買いました。←この中に入ってます。

以前から肉じゃが用のお皿を捜し求めて、いろいろ買ったのですがどれもシックリこなくて。やっと見つけましたよ。これで安堵の気持ちで肉じゃが食べれるってぇもんです、ヤレヤレ(笑)。


c0017736_0395764.jpg日田へはもう何十回も行ったのに、この小鹿田へは殆んど行ったことがありませんでした。私の目はいつも有田。染付けが大好きで。しかしblogをするようになってこのお方(小鹿田のカテゴリー有り)の影響で小鹿田焼きへの思いが募り、この連休中にやっと行くことができました。

小鹿田焼きのページはこちら
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-11 01:30 | 季節たより
焼き物の里・小鹿田(おんた)へ Ⅰ
この連休に、焼き物の里・小鹿田(おんた)へ行ってきました。
大分県日田市の市街から北へ車で20~30分いった所にありました。
c0017736_19153651.jpg
現在の窯元は10軒ほど。減ることもなく増えることもないらしい。
というのもこの小鹿田焼きの技は一子相伝で完全な世襲制とのこと。
その独特の技術や伝統を江戸中期より頑なまで守っているそうです。

c0017736_19154663.jpg
ししおどしの原理で、谷川の水を動力として使っています。
爽やかな五月の青空の下、リズミカルな音が村中に鳴り響いていました。
これは各窯元が持つ唐臼小屋から聞こえてくる小鹿田独特のBGMのよう。
川の流れがある限り鳴り響いているらしいです。日本の音100選の一つとか。

c0017736_19155552.jpg
山から採った土をこの「唐臼」で細かく砕いて陶土を作っていきます。

c0017736_1916552.jpg水受けに水が満たされると、きしみ音をたてながら重心が移動。
杵が持ち上げられます。


ギィ~

c0017736_19161724.jpg水が勢い良く排出されます。


ザァ~

c0017736_19162929.jpg水があふれ落ちた瞬間、再度重心が移動。激しく杵が振り落とされて臼に入った土を打ち砕きます。


ゴトン


こうして1ヶ月ほど休まず打ち砕かれて、陶土が作られていきます。

c0017736_19163821.jpg
砕いた土は水を何度も混ぜては漉し、沈殿した土を乾かして使うのだそう。
c0017736_19165852.jpg
ずらりと並べて天日干し。小鹿田といえばこの風景が印象的です。
c0017736_1917983.jpg

c0017736_19171923.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-05-10 22:30 | 季節たより
柏餅
柏餅を甘くみてました???結構作るの難しいお菓子ですね…(涙)。
先日電子レンジで作ったのですが、手強くてホトホト手を焼いてしまいましたよ。
出来上がったものは餡子がにじみでるわ歯にくっつくわ手にもベタベタで散々でした(>_<)。
当分、’か’の字も見たくはなかったのですが、なんせ柏葉50枚も買っております。
作って消費せねば…で今回は蒸し器にて再度チャレンジすることに。。。。トホホ。

c0017736_22261259.jpg
レシピはここのを参考に。
もう目からウロコの情報がたんまりこ。職人さんならではの秘伝も伝授してくださいました。
この方法で作った柏餅は、途中キーッともならずかなり楽でした。
さらに歯切れもよくて歯にもくっつかず、美味しゅうございましたよ。

c0017736_22262884.jpg
※ご参考までに私はこのレシピの分量で10個の柏餅を作りました。餡子は1個=20gで。
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-07 22:30 | 和菓子
ベーグル・シナモン&レーズン
c0017736_22412280.jpg前回作って失敗したレーズン入りベーグル。再度作ってみました。

今回は最初からレーズンを全量入れてFPを回しました。生地にもレーズンが混ざってしまってきれいな形のレーズンは見当たらないけど、これはこれで美味しい。

けど…粒々も残したいな。FPでは無理なのかな。やっぱり手捏ねでなければダメなのかな~( ̄~ ̄;)ウーン。
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-03 23:25 | パン
ベーグル・フルーツミックス
c0017736_22364919.jpg想定外のキツネ顔のベーグルが出来ちゃいました(涙)。ラブリーなハート型になるよう成形したつもりなのに。耳が…尖っちゃってます、トホホ。

しかしお味は物凄く美味しくて、更にこの尖ったお耳が香ばしくもカリカリして実に美味しかった。

なんてったってクリスマス用にと大事に取っておいたフルーツミックス(年代モン)使っているもんね。このミックスは「うめはら」の物なんですが、中に入っているオレンジが風味も味も抜群なんですよ。

c0017736_22371493.jpg
ラブリーなハートのベーグルに見合うよう用意しておいたピンクの用紙とレースペーパー。無理矢理キツネ顔のベーグルを乗っけてパチリ。

しかし小麦色に焼けた肌には似合わないよね、“o(><)o”くう~。 
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-03 23:00 | パン