<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ベーグル・よもぎ&甘納豆
c0017736_2126693.jpg庭の雑草が春の陽射しをいっぱい浴びてスクスクスク。仕方なくむしり取りまくっていたら、あらら、よもぎを発見!ちょうど欲しいと思っていたのです。急遽よもぎ摘みに変更…つうたって狭い庭2~3分で終了ですけど…。で、早速よもぎ入りのベーグルを、ついでに甘納豆も入れて作ってみました。

1度目は生地が捏ね上がった後、甘納豆は手で混ぜ込みました。しかし豆が潰れたり表面に出たりで散々な結果に。なので2度目は伸ばした生地に豆を置いてクルクルクル巻いてみました。

c0017736_21262413.jpg←このような状態に。空気穴がぽっかり空いちゃいました(汗)。理想はもっとムギュ~と生地が詰っていて欲しかったな。マキマキは難しい。

お味は美味しくて文句無し!引きも強くモチモチ、よもぎの香りと甘納豆の甘さ、これはクセになります。母の所に持っていったらえらく気に入って貰いました。嬉しかったのだけど…なんとなく饅頭仲間と思っているフシが…おかーさん!これはパンです。ニューヨークでは大流行なの!
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-30 22:00 | パン
ベーグル・チェダーチーズ&ブルーポピーシード
今回はチェダーチーズとブルーポピーシードの組み合わせでベーグル作ってみました。
チェダーチーズはダイスに切って、形が残るよう生地が捏ね上がった後加えて、FPでガーッとひと混ぜ。ぐがぁ、チーズゴロゴロを想定していたのに溶けて所々生地に混ざってしまいましたよ( ̄~ ̄;) ウーン。。。
c0017736_2359757.jpg
で焼き上がったものを食べてみますと…(◎-◎)すんごく美味しい!チーズの風味が口一杯に広がります。表面の焦げたチーズも香ばしく、もっといっぱい露出させるんだったと後悔。チーズが溶けて混ざって(問題なし)柔かめな生地になったけど、引きが強くてモチモチしてブルーポピーシードのプチプチ感も楽しくて、これはヒットです。ブルーベリー同様、定番に決定!

c0017736_23594325.jpg今回から粉と水を変えてみました。分量は同じなのに膨らみ方が歴然と違います。ひきも強いし。味の違いは…分かりません。

粉……スーパーキング(最強力粉)
水……硬水
砂糖…三温糖
塩……シママース
イースト…サフ・インスタントドライイースト
オリーブオイル…あるもの
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-28 23:45 | パン
ベーグル・ブルーベリー
c0017736_0375937.jpg顔色の冴えないベーグル。ブルーベリー(ドライ)で作ったらこのような色になっちゃいました。

粉150gにドライブルーベリーを30g。ウチ1/3量を最初から混ぜ込み、残りは生地が捏ね上がったのちFPで1分ほど混ぜました。

クリームチーズをたっぷり塗って、ガブリ!ブルーベリーの酸味とクリチの相性ピッタンコ。
ベーグルのモチモチした歯応え粉の旨み。あ~美味しゅうございますよ、かなり! 私は5つも食べてしまいました。勿論2回に分けて。。。その日は2回も焼いたのでした(^_^;)。

c0017736_0382797.jpg←これはパンの羽根 国産N社のFP用のものです。

最初見た時、頼りなげでほんとにこれでパンが捏ねられるのだろうかと不信感あらわでしたが、最近これに頼りっぱなし。私のベーグルライフには不可欠です。

手捏ねのほうが美味しいらしいのですけど。。。体力無くて、図体だけは大きい!(恥)
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-27 01:30 | パン
ベーグル・ドライ苺&フリーズドライストロベリーパウダー
c0017736_23283871.jpgとうとうベーグルにハマってしまいましたよ。

今日はドライ苺とフリーズドライストロベリーパウダー(長い!)を使って作りました。しかしあんまり苺の風味感じません。それにはじめからドライ苺の刻んだものを入れてFPにかけたものだから、あんまし粒が残ってないし。もうちょっとフリーズドライ苺(以下省略)入れればよかったかな。
c0017736_2328517.jpgゆうくり~むママさんの真似っこをしてベーグル生地でお花の形のパンを作ってみました。本物はすごく可愛いかったのですが私のはシワシワに。ううう

オーブンの温度と茹で上がり時間に気がいってすっかりケトリングのお砂糖を入れ忘れてしまいました。( ̄‥ ̄)=3

c0017736_23291496.jpg私のオーブンの発酵機能は40℃。温度が高すぎるのである一定の温度になったらスイッチを切ります。その指針となるのがこの温度計。これ100円ショップで買いました(^_^;)。

私がパン作りに足を踏み出せなかったのは温度管理に悩んでいたから。それがたった100円の温度計を買うことで解決しました。高ければスイッチを切り、冷めたら温めるとです。
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-18 23:40 | パン
ベーグル・セサミ
c0017736_20564299.jpgまたもや、ベーグル焼いちゃいました。今回はゴマを入れて。

つるつるお肌になるよう生地を傷つける濡れ布巾は使用せず、オーブンで発酵させる際には熱湯が入ったボールを庫内に置き湯気をモウモウと立たるよう致しました(バームさんの教え)。その甲斐あってか前回のものより肌に改善が見られ。。。ますよね、ちょこっと(汗)。

今回は発酵、茹でと生地の具合もよく順調にことは運んでいっているワイと内心ワクワクでしたが、が~作業が早すぎて、オーブンの設定温度まで上がっておらずしばし待つことに。確か茹で上がったら一気に高温で焼くことが大切と聞いたような。。。ああ。

側面からはこんな↓。もうちょっと高さが出てくれたらな~。
c0017736_20565843.jpg
お味はモチモチっとして、噛みごたえがあって美味しかったのですけどね。
次回は、茹で上げたら即オーブンに入れられるよう時間配分に気をつけなければ。。。
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-16 21:45 | パン
ベーグルに挑戦!
実はずっと以前一度ベーグルを作ったことがあります。食べたことも無く本を見て作ったベーグルは、とても固くて食べられた代物ではありませんでした。それ以来封印していました。しかし最近blogで手作りの美味しそうなベーグルを見るにつけとても羨ましく思っていました。
と、そんな折りb-kuchenさんが悩める人のためのベーグル講座を開いて下さり、私も背中をどどっと押されてしまい、ついその気に。前につんのめりながら学んだ知識がこぼれ落ちないよう早速作ってみることにいたしました。。。

■ベーグル・プレーン
c0017736_20423527.jpg
こんなん出来ましたーーー! 皮膚はザラザラ、ふくらみもイマイチですが、食べれます!
しかも美味しい!あ~嬉しや、キャホホ~♪ …小躍り状態でございます。

■ベーグル・シナモン&レーズン
c0017736_20425618.jpg
大好きなシナモンとレーズンを入れてみました。。。グァ~なんだかイマイチな出来。
生地にレーズンを欲張って入れすぎたよう。入れ込む時生地を傷めたみたいです。
むしろプレーン生地の方が美味しかった。ストレートに粉の旨みが感じられて。

■ベーグルサンド
c0017736_20431017.jpg
先日年代物のダメ元のひよこ豆を茹でてみたらあまりにも美味しくて、garandeeさんがひよこ豆からフムスを作られていたのを思い出し、真似っこして作ってみました。フムス美味しいです!それをベーグルにのっけてパクリ。美味しくないわけがございません。ムフフ。次に水切りヨーグルトにブルベリージャムをのっけて、これも美味しい。


ベーグル作りに背中を押してくださったb-kuchenさんありがとうございます!
おかげでとりつかれつつあります。私もベーグルのお仲間に入れてもらえるかしらん。
んで、まだベーグルに挑戦されたことのない「あ・な・た」、作ってごらんになりませんか。
おーおー、一度だけ食べられるもンが出来ただけなのに…勧誘ですよ、テへへ。
先生が良いから、大丈夫。↑b-kuchenさんが懇切丁寧に教えて下さってます。
このベーグル2時間以内で作れてしまうんです。パンなのに早いですよね。どうよ?

---------------------------------------------------------
★ ベーグル覚書 FP(日本製N社)で ★
---------------------------------------------------------
<材料>
 強力粉150g 砂糖大匙1/2 塩小匙1/2 ドライイースト小匙1/2 ぬるま湯90cc 
 オリーブオイル たら~
<作り方>
  ・ぬるま湯にドライイーストを溶かしておく。
(1) 生地を捏ねる。
   オリーブオイル以外の全ての材料をFPに入れ、ひとまとまりになるまでかける。
  オリーブオイルをたら~と垂らし、再度FPをかける。
  生地が薄く透けるくらいにのびるようになるまでFPにかける。
(2) 生地を分割する。
(3) 休ませる。10分
(4) 成型する。真中に指を突っ込んで穴を開け、グルグル回しながら大きく。
(5) 発酵させる。30~40分
(6) 茹でる(お湯+砂糖大匙1)。片面30秒ずつ。
(7) 焼き上げる。210℃のオーブンで15分。

今回、b-kuchenさんの助言を聞かず、生地を休ませたり発酵する際、濡れ布巾を被せてしまいました。それが原因でザラザラお肌に(>_<)。次回は守ります!決して布巾は掛けぬこと。
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-15 23:00 | パン
ちりめんじゃこの佃煮~母より
この「ちりめんじゃこの佃煮」は母の十八番。私が作ってもどうしても超えられないものの一つ。これをアツアツご飯にのせていただくと美味しいのなんのって。ご飯が何杯もいけそうに。
母に作り方を聞くと「こんな簡単なモン料理のうちには入らない」とか言って教えてくれません。本人は簡単でも私には簡単ではなく、なんとか盗もうと作っている手元を見ながら大方の材料や作り方をメモすることに。。。
c0017736_0471387.jpg
今回はちりめんじゃこと鰹節を使いましたが、さばやいりこの削り節でも十分美味しくできます。あと贅沢にちりめんじゃこだけで作るとさらに美味しくいただけます。

<材料>
 ちりめんじゃこ 一掴み 酒100cc みりん大さじ1 砂糖大さじ1.5 醤油タラ~ 
 鰹節 一掴み ゴマ沢山 赤唐辛子 適宜

<作り方>
(1) 鍋に酒・みりん・砂糖を入れ沸騰したらちりめんじゃこを入れクタクタ炊く。3~4分。
(2) 醤油をタラ~とかける。塩加減は好みで。
(3) 汁気が無くなりかけたら鰹節を一掴み入れ、お箸で混ぜます。
(4) 鍋の縁が飴状にこびり付くようになったら火を止める
(5) ゴマを一杯入れ、赤唐辛子を入れてまぜたら出来上がり。
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-11 01:20 | 料理
お城と桜Ⅱ
c0017736_0134982.jpg
c0017736_014016.jpg
c0017736_0141413.jpg
c0017736_0143091.jpgc0017736_0144069.jpg
c0017736_015188.jpg
c0017736_01587.jpg
c0017736_0151682.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-04-10 23:30 | 季節たより
お城と桜Ⅰ
今日は一日中雨が降っています。花散らしの雨となって桜はもうお終いのようです。
これは先週小倉城に行って撮ったものです。ちょうど満開でした。ほとんど屋外では撮ったことがないのでヘッポコピーな画像ですが。。。お許しくださいませ(汗)。

c0017736_22482260.jpg
小倉城 1602年、細川忠興が築城。その後焼失して現在の天守閣は昭和34年に復元。

c0017736_22483741.jpg
c0017736_2249225.jpg
大きな松が沢山植わっていますが、その殆どといっていいくらい斜めに傾いています。

c0017736_22501162.jpgc0017736_22503130.jpg
c0017736_2252274.jpgc0017736_22522855.jpg
c0017736_22532623.jpgc0017736_2253396.jpg
c0017736_22543188.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-04-10 23:20 | 季節たより
そば粉のガレット
この前クレープを作ったところ美味しくできたので、再びクレープ熱が出たみたいです。
実はmatsumiseattleさんそば粉のガレットを作られたのを見て、俄然私もそのガレットっていう物を作ってみたくなりました。しかしこのそば粉を使った物、なかなか手強そうです。クレープやパンケーキに悪戦苦闘を強いられた方がたくさんいらっしゃるとか…実は以前パンケーキで撃沈、メチャまずなもの作ったことあります。今回はどうなることやら…。
c0017736_23593816.jpg

ううう、なんだか月面のようなような様相。これはどうしたことでしょう。考えられることは卵が多かったからかな。もっと滑らかで薄い生地に焼き上げたかったな~。まっそれは置いといて頂くことにいたしましょう。
折りたたんだ中には卵とチーズそれと手作りソーセージ(本来はハム)を入れて。しかしこの組み合わせ私にはちょっとヘビーなので水菜とイタリンパセリで緩和させアスパラ(ソテーしたもの)を加えました。
とろ~っと半熟の黄身をソースにしたり、時々葉っぱを口にして水菜のシャキシャキ、イタリアンパセリの香味でさっぱりと、アスパラを黄身やチーズにくぐらせてたりと…もうもう美味しいです!!味付けは塩をパラパラ、黒胡椒をガリガリしただけ。強いて文句を言うとしたらもっと葉っぱが欲しい。次回はベビーリーフやルッコラ等のハーブを入れて軽くドレッシングで合えたもので頂きたいな。


■ そば粉のガレット
<材料 3枚分>
生地 そば粉35g 薄力粉15g 卵1個 水90cc 塩1g オリーブ油たら~
具材 卵(人数分) グリュエルチーズ ハム アスパラ 葉っぱ物とハーブ類 塩 黒胡椒
※今回卵が余るのが嫌で1個使ってしまいましたが、1/2個で水を100ccの方がいいかも。

<作り方>
(1) ミキサーに生地用の材料を全て入れブーンと回します。
(2) 室温で最低2時間くらい寝かせます。
(3) アスパラを茹でるかソテーかしておきます。
(4) 温めたフライパンにバターを入れ生地を1枚分流し入れます。
(5) 縁がチリチリして少し焦げてきたら裏返して少し焼き、再度裏返します。
(6) 卵を1個割りいれ白身を広げ、その部分にハムをバラまき、チーズを散らします。
(7) 塩・黒胡椒をふりかけ卵の黄身が半熟状態になるまで焼きます。
(8) 生地を四角に折り曲げ、お皿に乗せます。
(9) 適当に葉っぱを乗せアスパラを置いたら出来上がり。アツアツをどうぞ。

c0017736_1335619.jpg
余ったクレープは前回と同じように黒砂糖で頂いても美味しいのですが、今回はバージョンUPして黒砂糖+練り黒胡麻+黄な粉でさらに美味しく頂きました。もうお腹一杯!
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-04 23:50 | 料理