<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
食物繊維たっぷりなスコーン2種
のんしさんチで見たMultigrainスコーン、なんだか健康的。食物繊維たっぷり。
最近、オーツや全粒粉の美味しさに目覚めてしまったからには見逃す訳にはいきませんて!
名付けてファイバー・スコーン私も作ってみることに。。。
c0017736_1510270.jpg
----- 手前丸いのとハート、梅はファイバー・スコーン。奥2つはコーンミール・スコーン -----

しかしここは日本。アメリカと同時新発売とはならず…当然(^_^;)。ちょうど何の気なしに買っておいたファイバー・グラノーラがあったのでFPで粉砕して粉にしちまいましたよ。

   ファイバー・グラノーラ60g、全粒粉65g、薄力粉125g、有塩バター50g、BP10g
   三温糖15g、レーズン60g、卵1個、牛乳60cc・・・あ~あと60cc必要でした(涙)

水分量、間違ってしまいました。かなり少な目。どうりで扱いやすいtと思ったよ。ファイバー入りだとこうなるのかと。ハヨ気がつけ自分\バシッ(;_;) おかげでザクザク、ボソボソ。不味くはないけど中身のしっとり感が無く寂しい。リベンジせねば。。。


これが噂のダルボのブラッドオレンジジャム。。。
c0017736_15105267.jpg
バームさんチで見て憧れていました。こんな地方都市では手に入らない代物だと思いつつ、お店に行けば毎度ジャムチェックに余念のない私(^_^;)。その努力の甲斐あってついに見つけました!


ではでは、早速。。。 
c0017736_15113498.jpg
ファイバー・スコーンの上に水切りヨーグルトを塗り、ブランドオレンジジャム(右)をたっぷりと、それとタタンジャム(左)をのせてっと。まずはタタンジャムのほうをガブリ、いつもながら美味しいですねぇ。次にブラッドオレンジジャムで。。。す・す酸っぱいです!果肉たっぷり。皮は入っていません。タタンジャムを食べた口には甘さ控え目すぎて。。。今度は単独で食べてみよう。


これはコーンミール・スコーン
c0017736_1512217.jpg
実は噂のコーンブレッドを作ろうとコーンミール買っていたものの、スキレットの手入れまだしてなくて、それにアメリカの1カップは日本と違って250ccだとか・・・んなこと、んなこと考えてたら作れずに。コーンミールははじめての素材。美味しいレシピはないものか日夜捜索中でございました。そんな時、sweet_0222さんチで発見!黄金色に輝くコーンミールスコーンに心奪われました。とっても美味しそう!早速テキトーな配合で作ってみることに。。。

   コーンミール25g、全粒粉37g、薄力粉63g、有塩バター25g、BP5g、三温糖20g
   ラム酒漬けクランベリー30g、卵1/2個、牛乳60cc

( ̄~ ̄;) ウーン、まぁ美味しいけどちょっと甘め、スコーンにしては水分多くて柔かすぎ、輝きも無いしぃ…と文句を言いつつも食べる手が止まらないのは何故。ハヒ~。翌日も柔かくて美味しい。しかしスコーンは外ガリッ、中しっとりとの認識であったのに、これはなんとしよう。あ~本場のコーンミールスコーンが食べてみたいぞなもしぃ。


imoanさんチで見た牛乳を煮詰めて作るコンフィチュール。そういえば去年、ミルクジャムのレシピをノートに書き写しておいたっけ。材料は牛乳、生クリーム、砂糖この3つだけ。そろそろ生クリームが賞味期限切れ。早く処理しなければ…と作ってみました。
c0017736_15122247.jpg
30分コトコトコトコト煮詰めます。トローリしてきたら火を止めて保存容器に…とその前に、ちょっとひと舐めしてみると(◎-◎)メチャうま!口っぱいに高級感漂う濃厚なコンデンスミルクのようなお味が広がります。至福でございます。ウヒヒ~。んでレシピはこちらにござーい。
次の日再度舐めてみようとナイフですくおうととしたら、あらら結構固くなっています。これでは塗れやしません。次はもうちょっと柔かめがいいな。


とかなんとか言いながらコーンミール・スコーンにベタベタのっけて、パクリ。
c0017736_15124157.jpg
固かろうが柔らかろうが、美味しゅうございますよ、ミルクジャム。

私がこのミルクジャムを作った翌日、mmizunoMさんもミルクジャムお作りになってびっくり。申し合わせたようではございませぬか。そしてまた今日こそスコーンをUPしようと準備していたら、またしてもレモンピールの入ったスコーンを深夜にUPされて。この偶然なんだかフフフ、嬉しい(*^_^*)。
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-26 11:30 | 洋菓子
春のいぶき --- ふきのとう ---
去年の今ごろ顔を出していたふきのとう、どうも引っこ抜いた(私が)みたいで今年は見当たらず。
ガッカリしてたら直売所でみつけました(^。^)。  ↓これが「ふきのとう」。小さな蕾がいっぱい。
c0017736_13573291.jpg

「ふきのとう」は「蕗」の赤ちゃんです。大きくなったら蕗に。 ↓後ろはこんなふう。
c0017736_13574853.jpg
さてさてこれをどんな風にして食べましょうかね~♪


まずは天婦羅に。。。
c0017736_1358719.jpg
ふきのとうを半分に切って薄っすらてんぷら粉を降りかけ、衣(てんぷら粉1:氷水1の流れるくらいの固さ)にさっと潜らせ油(菜箸を突っ込んで箸先からブクブクブクと小さな泡がでてくるほどの温度)でさっと揚げました。サクサクサク、口一杯に広がる心地よいほろ苦さと独特の香り。春ですねぇ~。


次は「ふき味噌」で。。。
c0017736_13584095.jpg
確かレシピがあったはず、と毎度のことながら探すも見当たらず。ネットを参考に作ってみることに。

ふきのとうは重曹を入れたお湯でさっと茹でて水に取りしばらくさらした後、細かく刻みます。
鍋に味噌6:みりん4:砂糖3を入れしばらく練り、そこへふきのとうを入れてさらに練りました。
出来上がりの固さはちょっと柔かい位でストップ。冷めると固くなります。

残念ながらこの私が作ったふき味噌はちょっと味噌辛いです。さらにせっかくの「ふきのとう」の青さが消え、黒っぽい色に仕上がってしまいました(-_-;ウーン。次回はもっと色良く美味しく作りたいな。
そう思ってた矢先、kurakurachayaさんがコメント欄においしそうな「ふき味噌」の作り方を書いてくださっていました。あ~もっと早く知っていたら(>_<)。来年はきっと作るぞい!
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-25 23:40 | 料理
リゾットいろいろ
今年のはじめから、リゾット、リゾットと飽きもずにせっせと作っています。
リゾットがこんなに美味しいものだとは知りませんでした。
そして簡単に作れることも。お米は日本米でも充分美味しいですね。

■フレッシュトマトとアサリのリゾット
c0017736_234496.jpg
先月はじめて本物のリゾットをレストランでいただいたので、お米の食感(しっかりアルデンテ)を思い出しながら作ってみました。ブロードはアサリの汁とコンソメと屑野菜で。
トマトの微かな酸味とアサリの旨み、ウマウマでした~。

■海老とサフランのリゾット
c0017736_23431299.jpg
前の晩にエビフライを食べたので、「エビ殻は捨てるな!」の教えを守ってアメリケーヌソースを作り、リゾットのブロードに。
ここではじめて、サフランを使ったのですが、黄金色ではありませんね。アメリケーヌソースに入れたトマトが邪魔しちゃってます。レシピではサフランひとつまみとあったのですが、ひとつまみって何本よ?10本程使用。ケチリすぎたかな。サフランの香り、薬品臭いです。もっといい香りかと思ってました。しかし出来上がったリゾットのお味は…エビのお出汁が効いてこれまたウマウマ~♪

■ポルチーニ茸のリゾット
c0017736_23432813.jpg
最後に「きのこの王様」のご登場。イタリアからですよ~。
香りがすごく良いと聞いていたのですが???長くお店にあったからか(売れないらしい)あまり感動するような香りではありませんでした。しかしリゾットはジワジワジワ~っと食べるほど味わい深く日本の茸では味わったことがないお味。って日本の茸5本の指ぐらいしか食べたことないのだけど…。このポルチーニ茸は20gで¥735。今回二人分で10g使いました。もっと使えばさらに美味しくできたのでしょうね…ケチりすぎかなぁ。

ふぐのリゾット・海老リゾット生椎茸のリゾット
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-19 23:30 | 料理
バレンタイン・ハートの練り切り(和菓子)
バレンタイン用にと「ハートの練り切り」を作ってみました。
c0017736_21284129.jpg

白餡に求肥を混ぜて練り切りを作り、それをパステル調に染めて。
レシピでは小さなハート型で抜いているようですが、勿論持ってません!一瞬水玉でとも思ったのですが、これはバレンタイン用。( ̄~ ̄;) ウーン。無い知恵を絞って、厚手の広告紙でハートを描き切り取り、その上に練り切りをのせて形作りました。ムフフ、まぁまぁかな。
お菓子は6個作る予定。1個につき5枚のハート型が必要です。チマチマチマチマチマ( ̄‥ ̄)=3、いい加減飽き飽きしながら30枚作りました。ふ~。白餡を練り切りで包み周りにハートを貼り付けて茶巾に絞ると、あ~せっかくのハートが歪んでしまいました(T_T)。…裏側に隠蔽。

出来上がって、しばらく眺めてた後、おちょぼ口(無理矢理)で少しずつ頂きました。
ふわぁ~っと溶けて上品な甘さが広がってきます。おお美味しいです!

レシピは金塚晴子さんのです。あと浮島桃山のレシピもありましたよ。
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-14 21:29 | 和菓子
ガリガリ系、食物繊維たっぷり「オーツクッキー」
nonshiさんチで見たOats Biscuits。簡単に作れてしかも美味しく、身体に良い食物繊維たっぷりなクッキーだと聞いて私も作ってみたくなりました。幸い全ての材料が揃っています。ではでは~♪
c0017736_21483614.jpg
おお!すんごく美味しいです。もう大ヒット!まさに食べたかったクッキーです!…アハ、いつもこの口調(ーー;)。でもでも興奮せずにはいられまっせん。美味しいものを見つけたんですものぉぉぉ!

美味しい上に健康的な素材も一杯入っています。全粒粉やオートミール、蜂蜜、ブラウンシュガー。
さらに嬉しいことに、作り方がすっごく簡単なんですよ。ワンボールに計量した材料をどんどん入れていき、混ぜるだけ~。混ぜるのに3分もかかりません。丸めて平たくして…ここがちょっと手間といえば手間だけど。でも沢山できるんですよ。あとは焼くだけ~♪

焼きたてのアツアツはちょっとヘナ~としています。はじっこを少し引き契って口に入れると、優しい甘さが広がって(^ー^* )ウフフな気分。冷めるまで待ちきれず、まだかまだかと引き契っての味見は続き、冷めた頃にはガリガリな食感になっていました。シナモンのいい香りがしてさらに食欲が増してきます。イカンイカン(ーー;)。いくら健康にいいからと食べ過ぎは良くないぞ!自分。\バシッ

食物繊維たっぷりのヘルシーなクッキー、ガリガリ系をご所望の方や筋金入りの○○ぴちゃんの方に…勿論そうでない方々にも薦めでございますよ~。
レシピはsweet_0222さんチのOats Biscuitsでどうぞ~.
nonshiさん、sweet_0222さん美味しいお菓子をありがとうございましたm(__)m。

※レシピでは「Oats Biscuits」、私はオーツクッキーとしてしまいました。なんとなく(^^ゞ。
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-10 22:30 | 洋菓子
レモンとホワトチョコレートのクッキー
mmizunoMさんチで美味しそうなLemon and White Chocolate Cookiesを見かけました。
レモン大好きな私としては作らずにはいられません。
たどって行くとnonshiさんチへ。嬉しいことに、このレモンとホワイトチョコレートのクッキーのレシピが書かれていました。早速作ろうとしたのですが、nonshiさんはアメリカにお住まい。お使いの粉が日本と違うようです。Cake flourは薄力粉でいいようですが、All-purpose flourは一体どういうものか。調べてみると中力粉のようです。しかし家にはありません。中力粉は強力粉1:薄力粉2の割合で作れるとか。さっそくなんちゃって中力粉でクッキーを焼いてみることに~♪
c0017736_23554845.jpg
うおほほ~、レモンの酸味がなんとも爽やかなホロホロなソフトクッキー。時々カリッとホワイトチョコが歯にあたりミルキーなお味が広がります。とても美味しゅうございます!!!おいしすぎてクッキーを求める手が止まらず、またたく間になくなってしまいました。嬉しいです!また一つ定番菓子が増えました。nonshiさん、mmizunoMさん教えてくださってありがとうございます(^。^)。

メモ: お手軽に○治のホワイトチョコレートで作りましたが、焼いているうちにこのチョコ部分がオレンジ色になっちゃいました。なんででしょうか。今度はちゃんとした製菓用で作ってみることにします。
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-06 23:30 | 洋菓子
やっとシュウマイ作りました。
シュウマイを作りたいと去年より皮を買い続け、やっと作りました。
もうメチャうま!どうして中華の包み物って美味しいんでしょうか。旨みぎっしり!
またもや「おいしいね~」「おいしい!」の連呼状態(多少強要しましたが…)で頂きました。
c0017736_2256734.jpg
<材 料>
  豚挽肉200g 玉葱200g 生椎茸2~3コ 干し帆立貝柱3~4コ 生姜汁少々
  片栗粉大さじ3くらい グリーンピース適宜 シューマイの皮適宜 キャベツ適宜
  調味料: 砂糖小さじ2 紹興酒小さじ2 醤油小さじ2 塩小さじ1/3 胡椒少々

<作り方>
(1) 干し帆立貝柱は水に浸けゆっくり戻しておきます。水は浸かるくらいの分量で。柔かくなったら
   身をほぐしみじん切りに。戻し汁はとっておきます。
(2) 玉葱・生椎茸をみじん切りにして片栗粉をまぶします。
(3) 豚挽肉に調味料全部と生姜汁を入れ粘りがでるまでよく混ぜます。さらに帆立と戻し汁
   (あまり入れすぎない)も加えてよく混ぜ込みます。
(4) 野菜を加えよくよく混ぜ合わせます。
(5) タネを小さく丸めてシュウマイの皮の中央に乗せ、四角を持ち上げてタネに貼り付け、
   形を整えグリンピースを乗せます。
(6) 蒸気の上がった蒸し器にキャベツを敷き、その上にシュウマイをのせ約7~10分蒸します。
(7) お皿にとり、辛し醤油で頂きます。
 この蒸したキャベツ、すごく甘くなって美味しいです。もうホイホイ食べてしまいました。
 菜の花は別に茹でてます。すぐに柔かくなりますものね。

去年kintontonさんの美味しそうなしゅうまいを見て作りたくってたまらず皮を買うも賞味期限切れに。
さらにtnk_atkさんのシュウマイも見てまたもや皮を買いに走るも、年末やお正月で作る機会が無く、
やっと作ったシュウマイ。作ってみれば餃子や肉まんよりも簡単ですし、なにより美味しいんです!
blogにちゃんとレシピを書き残したし、これからはいつでも美味しいシュウマイ食べれます。
もうレシピメモ探しに翻弄されはしないぞ!
[PR]
by mintoto2 | 2006-02-01 23:30 | 料理