<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
水餃子と手羽先
焼餃子も好きですが、水餃子はも~っと好きです。手作りの皮だと一段と美味しいですよね。
c0017736_1117689.jpg
今回(30個分)は粉130g、お湯60%、肉130g、野菜130gの同量で作ってみました(皮は薄め)。これだとすべて使いきれる分量です…多分。でも気を大きくして具材を多く入れたりすると、包む時き難儀でございますよ。

餃子作りの難関はなんと言っても皮ですよね。皮伸ばしに手間がかるのなんのって。でも手作りの皮を一度味わったらもう市販には戻れまてん!なんとかもっと楽に作れるスベはないものかしらねー。
c0017736_11173554.jpg
直径2cmの棒に伸ばし、90度に回転しながら切っていきます。こうして切ったものに粉をまぶし手の平で押し潰すと丸くなります。中心に向かって小さな麺棒で伸ばしていきますと、きれいな円に……なるはずです(T_T)。ガンバレ~~。


以前soleilさん(「今週のピックアップブロガー」に選ばれているお方です)がすごく美味しそうな手羽先を作られているのを見ました。作り方も簡単そうでなにより「うみゃ~~~~~~」のお声に…反応して即作ってみたところ「どえらゃ~うみゃ~~~~~~~~~」でしたよ。
簡単!美味しい!しかもおサイフに優しい!
c0017736_1118135.jpg
作り方は手羽先を二度揚げしてタレ(醤油・みりん・酒・砂糖・炒りゴマ・ガーリックパウダー)にさっと漬け込むだけ。私はパウダーを持ってないので赤唐辛子を、手羽先の先っちょは切り落として。食べる時は手が汚れますが、気になんてしません。美味しいんですもの!

いつも餃子の時は力尽きてしまい、他のおかずを作る気がしませんでした。しかし餃子だけというのはなんだか寂しい。それに栄養が足りない気がして。'タンパク質が足りないよ'です。この手羽先があれば補えます。これからは餃子と手羽先はセットで作ることにしよおっと。
あと時間調整をして水餃子の茹で上がりと、手羽先をタレに漬け込むのを同時にするとどちらもアツアツにいただけます。


箸休めに白菜の白いところで作った辣白菜を。これは即席甘酢漬けみたいなものです。
c0017736_11183456.jpg
以前よく行ってた中華料理店の大好きなメニューだったのですが、ある日メニューから姿を消していました。どうしてなのか聞いたところ「コンピューターを導入しましたのでメニューを整理しました、はい」と???ワケわからん!!

あれから数年、それらしきレシピ探しては試してみましたがイマイチ。今回やっとやっと美味しいのに巡り会えましたよ。これも作り方はチョー簡単。ただお砂糖や塩が多いのではじめは減らして作ってみたらボケボケなお味に。素直にレシピ通りが美味しいです(^_^;)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-24 16:05 | 料理
焼きカレー
焼きカレー、ここ北九州は門司が発祥の地ってご存知でしたか。
ってその前に焼きカレーってなんぞやでしょうか。↓ざんす(^_^;)。
c0017736_23143042.jpg
見た感じはカレードリアみたいですよね。まぁそうなんですが…。
カレーってつい食べきれぬほど出来てしまいます。次の日のカレーも美味しいですが、ちょっと加工すると目先も変わって更に美味しくいただけます。それが焼きカレーなんです!

こんな風に、チーズがトローリ、その次は半熟卵もトローリ、カレーの風味とあいまって美味しいのなんのって、ハフハフしながら頂くと身体も温まってよございますよ。
c0017736_23144182.jpg

<材料>
ご飯 バター パセリ(みじん切り) 塩 コショー   ※パセリは必須、たっぷりとね。
残り物のカレー 生椎茸 ブロッコリー 卵 チーズ

<作り方>
下準備 ・ブロッコリーは幾分固めに茹でておく。
      ・生椎茸は適当に切ってバターでソテーして塩・コショーをしておく。
      ・カレーは温めておく。
(1)ご飯をレンジで温め、バターを入れ塩コショーしてパセリも入れて混ぜる。
  これをグラタン皿に平らにして詰めます。
(2)温めたカレーを入れ、生椎茸・ブロッコリーを散らす。
(3)真中をくぼませ、卵を落としいれる。
(4)黄身部分を避けてチーズをたっぷりとのせる。
(5)オーブントースターでチーズに焦げ目がつくまで焼いたら出来上がりです。

※私は挽肉カレーなので具材を入れました。今 生椎茸(どんこ)が美味しいですね。
  コリコリしてマッシュルームのような歯ざわりです。無ければ他の茸で是非!
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-23 02:40 | 料理
中央卸売市場にて
♪あとい~くつ寝るとお正月♪なんて悠長に歌っていた頃が懐かしい。
あと10日でお正月ですよ。ハヤー。年を取るにつれ月日は矢のように過ぎ去っていきます。
まずは、市場で正月用品のアレヤコレヤを見物しながらお買い物。

      これは数の子。原卵とはなんぞや。自分で調味するのでしょうかね。
c0017736_20445666.jpg

      次は貝柱。1kg=¥4000 結構なお値段ですね。よいお出汁がでるのでしょう。
c0017736_20452866.jpg

      これは剣先するめ。あぶって食べると美味しいですよね。
c0017736_20455442.jpg

      これは焼きあご。年越しそばやお雑煮、それと五島うどんには欠かせません。
      なんとも言えない良い出汁が取れるんですよ。佐世保産かな。
c0017736_20462952.jpg

      ついでに生のお魚を。カナトフグやレンコダイ(赤いヤツ)、ブリの半身もありますね。
c0017736_20464593.jpg

      いよっ!ぶり軍団。トロ箱に入れて売られています。
c0017736_20465994.jpg

訪れたのは先週の土曜日12月17日。まだまだ買い物客は少なかったけど、年の瀬が
迫ってくると、もう商品が見えないくらいの押し合いへし合いの混雑振りとか。
私は主に乾物を買いましたが、正月用のブリや数の子、お正月の2週間前に売られて
います。生物なのに。冷凍保存しておくのかな。それともチルド室で持たせるのかしらん。
とちょっと気になっちゃいました(^_^;)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-19 22:35 | 季節たより
大根の煮物Ⅲ - 大根と油揚げの煮物 -
シツコク大根の煮物、パートⅢ。油揚げでこしらえてみました。
c0017736_17481140.jpg
何故かこれが我家では大根の煮物の中で一番人気。
ちょっと濃い目に取った鰹出汁と油揚げのお陰でしょうか。さっぱりしてますが美味しいです。

<材料>
大根 油揚げ 出汁(鰹) 砂糖 味醂 醤油
<作り方>
(1)大根は下茹でしておきます。
(2)油揚げはお湯をかけて油抜きをします。
(3)鍋に下茹でした大根を並べ、その上に油揚げをのせ出汁を注ぎます。
(4)火を点けて沸騰させ、調味料を入れ落とし蓋をして煮含めます。

 ※以前は大根の下茹ではただの水からでした。それはそれで美味しいのですが、ちょっと
   舌にエグミが残る気がして、米粒を入れて茹でるようになりました。
   本来なら米のとぎ汁を入れるそうですがご飯は朝しか炊かないもので…。

とこれで大根の煮物ネタはおしまいです。あとイカや鶏との煮物も美味しいですよね。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-19 20:20 | 料理
大根の煮物Ⅱ - 大根と豚バラ肉の煮物 -
今回も大根の煮物、パートⅡ。豚バラ肉とやわらか昆布を入れて煮てみました。
c0017736_17141859.jpg
大根を箸で契って、一切れ口に入れると、そりゃもうアヂヂフーフー。
鰹と昆布と豚の旨みいっぱ含んで、すんごく美味しいざますよ。うぷぷ。

<材料>
  大根 豚バラ肉 やわらか昆布 出汁(かつお) 酒 砂糖 味醂 醤油

<作り方>
(1)大根は米のとぎ汁で下茹でする…というのがキホンらしいのですが、とぎ汁残してない
  ので米粒をほんの少し入れて10分ほど茹でました。
(2)やわらか昆布をゆるめに結び出汁にひたしておきます。
(3)厚手の鍋にサラダ油をほんの少しいれ、豚バラ肉を炒めます。
(4)肉に焦げ目がついたらお酒を入れて沸騰させ、そこへ下茹でした大根を隙間なく詰め、
  だし汁をひたひたより少なめに入れます。
(5)昆布と調味料を入れ、落とし蓋をして煮汁がなくなるまで煮詰めます。

※調味料は、砂糖1.5:みりん2:醤油2の割合で煮ています。ちょっと甘めかな。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-19 17:45 | 料理
大根の煮物Ⅰ - ぶり大根 -
寒くなってくると、大根の煮物が美味しいですね。アツアツをフゥフゥ言いながらいただくと身体がポカポカ温まってきそうです。先日mayberryさんやsatsuki525shさんの美味しそうなぶり大根を見て、無性に食べたくなりました。私も早速、ぶりの切り身で作ってみることに♪
c0017736_15565833.jpg
お魚の味は薄めでしたけど、大根にはしっかり味がしみて美味しくいただきました♪

ぶり大根、お魚も大根もどちらもちょうど良い味つけにするには何かワザがあるのでしょうか。
お魚をちょうどよくすれば、大根がしょっぱくなっちゃうし、逆の味付けにするとお魚が薄味になっちゃうしー(-_-;)。

カマやアラで作る際は先にお魚を煮て、取り出した後下茹でした大根を入れて煮ていました。
でも切り身だと、いじるとバラバラになっちゃいますもんねー。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-19 16:05 | 料理
信玄餅風
信玄餅ってご存知ですか。なんでも山梨県は甲府銘菓とか。それとくりそつな福岡県の博多銘菓、筑紫もちってのもあります。どちらも求肥に黄粉と黒蜜をかけていただくそうな。
信玄餅の材料は餅粉・砂糖・水飴・黒蜜・黄名粉。なんだか作れそう~♪
c0017736_13321998.jpg
こんなんできました~♪見た目は似たように思いますがお味はというと……実は一度も食べたことがないんです、アチャ~。比べようがありませんよね。でも黒蜜と黄粉の強力コンビのお陰でかなり美味しくいただきました。

求肥もち、様々な配合がありますが、基本的には白玉粉1:水2:砂糖2が多いようです。これだともうびっくりする位の砂糖を使います。一遍で食べてしまうんですからコワイですねぇ、で心持ちちょっと減らしてみました。でも黒蜜をドドーッとかけちゃうんだから、全く意味なき抵抗なんですけどね(^_^;)。

今回私は電子レンジで作りました。実はこれ2回目なんです。前回はちょっと緩すぎて(同一レシピ)、なんだか 青バナみたいな ヤワヤワでしまりの無い噛みここちでした。
今回適度な固さに仕上げるポイントをいくつか掴んだように思います。最終段階のプワ~と膨れたあと20秒ほどレンジにかけることや取り出した後よくよく掻き混ぜること。さらに冷蔵庫で1時間ほど冷やすとほど良い固さになるってことかな。

<材料 二人分>
 白玉粉50g 水100cc 砂糖65g 水飴10g 黄粉 黒蜜(黒砂糖2:水1 水飴少々)

<作り方>
(1) 耐熱容器に白玉粉を入れ、水を少しずつ加えては手で満遍なく混ぜていきます。
(2) 全部水を入れ終えたら砂糖をドッと入れ混ぜます。
(3) ラップをして500wの電子レンジで3分かけ、取り出してよくよく混ぜます。
(4) 再度レンジへ1分かけたら取り出してマゼマゼを繰り返します
(5) プワ~と大きく膨らんできたら最終段階。さらに20秒ほどかけます。
(6) 取り出したら、さらに必死もっしでグルグル粘りが強くでるまで掻き混ぜます。
(7) 容器にうっすら油を塗り黄粉を回りに付着させ、さらに底3ミリ厚に黄粉を入れてます。
(8) 求肥を流し入れ、黄粉を振りかけ表面まっ平らにならし、その上にも黄粉を3ミリ。
(9) このままではとても柔かいので粗熱がとれたら、冷蔵庫へ。
   1時間もすればすっかり冷めて幾分固くなり、切ったときエッジがはっきりします。
(10) 型から取り出し適当な大きさに切りお皿にのせ、黄粉を茶漉しを通して振りかけます。
(11) レンジで温めた黒蜜をかけたら出来上がりです。

・この分量で 500wの電子レンジ約6~7分かけました。すべてラップをしてチン!です。
・食べる30分前には冷蔵庫に入れた求肥取り出しておいてください。
 さもないと冷たいお餅をいただくことになります。って冷たいお餅食べました~(>_<)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-15 14:23 | 和菓子
肉まん
最近とみに寒くなってきました。何処や彼処から温かな中華まんの湯気が立ち昇っています(^。^)。ドイツのwhitewaterlilyさんが オーブン(だよね?)で作られる肉ま~んやピザま~ん、熊本県は牛深のhiroさんが蒸し器で作られる留まるところを知らぬ中華まんの数々切り干し大根まん春雨まんタナカの油炒めまんトマトチーズまんカレーまんチーズのせ。さらに京都のcincoさんがフライパンで作られる蒸し焼き中華まん。三者三様どれも美味しそうでアツアツを頬張りたい衝動にかられます。なんとか私も肉まんを食べたくて、でもイーストの扱いは苦手。なのでなんちゃっての肉まん、ベーキングパウダーでこしらえましたー。
c0017736_16362253.jpg
出来上がった皮は、ご覧のようにあんまり膨れてくれませんでした。BPが古かったのかなぁ。それに皮の色は黄色味を帯びちゃいました。お味はモチモチとして粉の旨みがあって美味しかったのですが、もっとフカフカして欲しかった。

中のアン、奮発して干し貝柱を入れたのですが、なんだか乾燥物特有の臭いが鼻につきました。貝柱ってなかなか柔かくなりませんね。戻し方を調べたら1~2時間も蒸し器にかけるとあり唖然。たった3個の貝柱にそんな時間かけらんない!ガスも勿体無い!でレンジでチン!

なんやかんやと文句を言い言われ、中華コーンスープも飲み干してお腹いっぱいに。
かなり満足、満足、美味しかったですぅ。でもいつの日かイーストで作ってみなくっちゃ…。

<材料 12個分>
 皮    小麦粉400g 砂糖大さじ2 BP13g ぬるま湯200cc
 あん   豚ひき肉150g 干し椎茸4枚 干し貝柱3個 春雨少々 玉葱1/2個弱
 調味料 砂糖小さじ1 酒大さじ1 醤油大さじ1 ゴマ油大さじ1 塩小さじ1/3 
       コショー少々 片栗粉小さじ1
<作り方>
下準備 ・ 干し椎茸は水で戻し、みじん切りにする。
      ・干し貝柱は水で戻し、そのままレンジにかけて柔らかくし身をほぐしておく。
      ・春雨は熱湯をかけて柔らかく戻ったら、みじん切りにする。
      ・玉葱は粗みじんに。
      ・小麦粉・BPは合わせてふるっておく。

(1) ボールに小麦粉・BP・砂糖を入れ、中央をくぼませてぬるま湯を注ぎいれます。
   耳たぶくらいになるまでよく捏ね上げ12個に分割して濡れ布巾を被せておく。
(2) ボールに豚ひき肉と調味料(片栗粉を除く)を入れネバリがでるまでよく混ぜます。
(3) 残りの具材を全て入れよくよく混ぜます。固さは貝柱の戻し汁で調整。
(4) 生地を麺棒で包めるくらいまで広げ手にもちあんをのせ包んでいきます。
(5) 蒸気の上がった蒸し器にオーブンペーパーを敷き蓋をして強火で20分蒸します。
   蒸し上がったら、辛し醤油か酢醤油でお召し上がりくださいませ。


c0017736_16364568.jpg■中華コーンスープ 
<材料>水 中華顆粒スープの素 缶詰のコーン 缶汁 えのき 卵 ゴマ油  塩 コショー 水溶き片栗粉
<作り方>
鍋に水を入れ火にかけスープの素、コーン缶と汁、えのき、ゴマ油を入れ沸騰させます(2~3分)。塩・コショーをして味を整え水溶き片栗粉をいれてトロミをつけ、溶き卵を回し入れれば出来上がりです。

ものの10分もせずに出来てしまう簡単スープ。お味は本格的中華とはいきませんが、そんじょそこらのお店より美味しい…と思います。量もたっぷりいただけますしー(^ー^* )フフ♪。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-12 11:39 | 料理
花梨のジュレ
花梨は咳止めの薬効があると聞いて、以前蜂蜜漬けやサワー漬けなど作りました。
しかし途中発酵したりしてどれも終いまで飲めませんでした。勿体ない(ーー;)。
もっぱら市販の花梨茶や花梨の雫(商品名)を買って飲んでました。
しかーし先日uneuneさんチ(diary 11月8日分 他いっぱい見所あり!!覗いたアナタは暫く帰れまてん!!!)でそれはそれは美しい茜色に染まった「花梨(正確にはマルメロ)のジュレ」を見ました。以前作った私の蜂蜜漬けの花梨は汚く茶褐色に変色してたのに、なぜに綺麗な茜色なんでしょう(◎-◎)。早速、直売所で探しまわって花梨を手に入れ作ってみました。
c0017736_23502971.jpg
          ムフフ、こんなんできました~(^ー^* )♪
<材料>
   花梨・水(花梨と同量)・砂糖(花梨の20~30%)
<作り方> 
(1) 花梨はよく洗い皮をつけたまま半分に割り5㎜幅にスライスします。
(2) 鍋に花梨(皮も芯も種も!)と水を入れ、はじめ強火、沸騰してきたら弱火にして
   フツフツと30分ほど煮ます。
(3) これを布で濾します。するとヌルーとしたものが出てきます。ここで強く絞りすぎると
   液が濁るらしいのですが、何分にも薬効がある実です、構いまへん。
   残さず絞っちまいましたよ。
(4) それを鍋に入れ砂糖も入れ、アクをしっかり取りながら煮詰めていきます。
(5) するとあららドロドロで鮮やかな茜色になってきます。お好きなトロミ具合の所で
   煮るのは止めにします。あとはしっかり消毒した瓶に入れ脱気すればよろしいかと。

c0017736_23504213.jpg今回、砂糖は30%にしてみましたが、これだとトロミが出るまで煮詰めてしまうと甘くなってしまいます。
次は20~25%ではどうかな。

これはケーキのナパージュ用に作ったのですが、なんだか咳止め薬になっちゃった。効果抜群のようで、咳が聞こえてきません(^。^)。

あ、肝心のお味ですが、ちょっと苦味が感じられますが甘酸っぱくて花梨のいい香りとともに一舐めすると喉も心地よく、なんだか今年の風邪は怖くないかも!
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-09 23:51 | その他のお菓子
マカロン・ショコラ
6回目にしてやっとこさマカロン成功しました。手ごわいヤツでした、ホント(ーー;)。
c0017736_21214567.jpg
このマカロン・ショコラは、アーモンドプードル・純粉糖・卵白とココアで作り、ガナッシュを
サンドしています。大きさは直径3.5cmのプチサイズ。一口噛むとカリッとし、後スッーと
口の中で溶けていきます。とても甘いですが例えようも無い美味しさでございますよ。

実はこのマカロン、私にはとうてい作れないお菓子だと半ば諦めておりました。
挑戦すること4回。コトゴトク撃沈。残骸処理(ネトネト極甘)に手を焼いておりました。
ところが最近、baumkuchenさんが美しいマカロンを初めてなのに見事に作られているのを目にし、ムクムクフツフツと意欲が湧いてまいりました。
2度目(ぜーんぶ合わせて6回目)の今回やっとふっくら真ん丸に焼きあがってくれました。
ウウウ、嬉しゅうございます。まだまだ食感は満足のいくものではありませんが、形は
まぁまぁではないかと思っております。

あと数回は練習して、このお菓子完全に自分のものにしたいなー。
なんてたって、材料費が安く、コツさえ覚えれば簡単(よく言うよ!)な上、可愛いしなにより
美味しいし、こちらではあまり売ってないし。次はラベンダー味に挑戦してみようかな(^。^)。

参考にしたレシピはこちら。コツや見極め方等を画像と共にとても丁寧に説明して下さってます。マカロンを作ってみたい方是非ご覧アレ。きっと成功間違いなしですよ(^。^)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-06 21:48 | 洋菓子