<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
蓮根のガレット
もう11月が終わっちゃいますね。去り行く11月を惜しんで怒涛のupをば(^_^;)。
ちょっと前に作った蓮根のガレットです。蓮根をすり下ろしてつくりました。
c0017736_23391326.jpg

蓮根のモチモチ感を出したくて、電子レンジで柔かくしたものを摩り下ろして使いました。
表面はカリッ、中はモチモチ。海老と椎茸の旨みがパァ~と広がって、美味しいです。

材料は、蓮根・海老・生椎茸・塩・コショー・片栗粉・酒・薄口醤油・みりん。

作り方は、蓮根は電子レンジで柔かくしてすりおろします。海老・生椎茸はみじんに切り
蓮根と合わせ調味し、片栗粉を入れネバリがでるばでグルグルと混ぜます。
フライパンに油を入れ卵焼きリング(100均で購入)を乗せ、その中にタネを入れ両面を
コンガリ焼きます。あと付け合せにエリンギと茄子のソテーを添えて、ソースはバター醤油で。

hiroさんがお作りになったれんこんハンバーグもどうぞ。甘からダレで美味しそうです。
これは私が以前に作った揚げレンコン団子です。
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-30 23:56 | 料理
ボタン鍋
寒くなりましたね。こんな日は鍋に限ります。
白菜と豚バラで作ったボタン鍋、ささアツアツをどうぞ!おっと曇って見えませぬな。
c0017736_21535791.jpg

レンズをフキフキして^^;・・・…簡単な鍋なんだけど、どうぞどうぞ。
c0017736_2154304.jpg
白菜はトロトロに煮あがり、豚バラ肉の味わいの深いこと、いかがざますか?
ハフハフと食べてると身体が暖まりますね。あらら鼻水がタラーっと(ーー;)。
美味しいでございましょう。あもう中身がすっからかんに。汁だけが残ってますね。
え、もうフィニッシュに。そんなぁ~待ってくだされ。まだお楽しみがありんす。
お汁にかつお出汁を足して薄口醤油で味を整えそこにご飯をぶち込んで入れて
溶き卵をタラーと回し入れ葱もちょっと入れ蓋をしてテーブルへと。
舌が火傷しないようにね。ほほー、そうですか。絶品ですって。聞いたぁ?(^_^;)ホホホ。

材料は白菜・豚バラの薄切り・昆布・酒・生姜 ポン酢・柚子胡椒

作り方は土鍋に昆布を敷きその上に白菜をまるで牡丹の花のように配しその間に豚バラを挟んでいきます。お酒を少々入れ水も少々入れ(白菜から水分が出てくるのでかぶるほどには入れません)、生姜をのっけて蓋をして弱火で約20~25分蒸し煮にします。
ポン酢はだし汁・醤油・橙の絞り汁を同量で。

しかしなんとも安上がりなメニューでございますよね。でも大満足な鍋でござ候(*^_^*)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-30 22:37 | 料理
アクアパッツァ風
アクアパッツァとはイタリア語で「暴れる水」の意味らしく、魚介類を水からフツフツと煮て魚の旨みを最大限に出す料理で元来は漁師料理だったとか。なるほど豪快にお魚を丸ごと鍋にブチ込んで作っています。しかし食べるたびに思うことは小骨をとる作業が辛い。味もちょっとショッパめになってしまう。で、今回はなんと三枚(邪道!)に下ろした鯛で作ってみることに。
c0017736_1432195.jpg
■本式の作り方は
アクアパッツァ→レシピ掲載リンク集→Nationalお料理スタジオのアクアパッツァへ

私が作ったアクアパッツァの材料は 
鯛・アサリ・オリーブ油・ケッパー・アンチョビ・黒オリーブ・ドライトマト生トマト・ニンニク等。
前回の轍を踏まないよう塩分と食べ易さを追求して作ってみました。…大仰な(^_^;)。

<塩分>
材料の中のアサリ・ケッパー・黒オリーブ・アンチョビ、それにドライトマトもみんな塩が効いています。其々少しずつ入れたつもりがショッパイ程になっていました。今回はドライトマトが無かったのでフレッシュトマトを煮詰めたものを使って、味見しながら塩分に気をつけました。

<食べ易さ>
鯛を三枚に下ろしたものを使いました。しかしこれでは煮込んでも旨みが出ません。
なのでアラ全部でフュメドポワソン(魚のだし汁)を作って入れ込みました。

出来上たものは塩味もちょうど良く、お魚も食べやすくお皿を舐めるようにして頂きました。
ぐぁ、やっぱり丸ごと一匹で作ったほうがお魚がしっとりして美味しかったですぅ。ウウウ。
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-30 16:44 | 料理
ぎゅうひ(和菓子)
ぎゅうひ(求肥)は、練り切りや苺大福に使いますが、今回はシンプルにぎゅうひだけを
味わいたくて作ってみることに…。
c0017736_22561.jpg
材料は、白玉粉 1:砂糖 1:水 2強、たったこれだけ。鍋で腕がきつくなるくらい練り上げて片栗粉をまぶしたパットに流し込み、冷めてから切り分け、くるりと結びました。

手触りもやさしく、素朴で懐かしいお味。ほっと一息。

<作り方>
白玉粉に水を少しずつ入れ、手で混ぜ合わせていきます(水分を全体にいき渡らせるよう)。
ザラつきが無くなったら残った水を一度に加えて混ぜます。
砂糖を入れて混ぜ 火にかけ 焦げないように練り上げます。
全体が一つにまとまって 持ち上げれるくらいになったら 片栗粉をたっぷり敷いたパットに
流し、上面も片栗粉をたっぷりと。冷めたら適当にカット。結んでもよしサイコロでも。
 今回、白玉粉50gで作りました。色は赤色粉で。
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-25 02:36 | 和菓子
チーズケーキ---パンプキン&プレーン---
と、あるところで現在「チーズケーキフィーバー」の旋風が吹き荒れております!
何気なく開いた途端 その熱気を浴びてしまい フラフラフラ~と作ってしまいました。
c0017736_2033697.jpg
ちょうどカボチャペーストを冷凍していたのでそれを使って、レシピの半量で。これは
食べ過ぎないようにとの配慮でしたが、なんだかチッコイのを1個だけ焼くのは勿体ない
気がして、もひとつプレーンなチーズケーキも作ってしまいました。勿論半量だけヨ!
しかし、半量+半量は?21㎝ワンホール。配慮も何もあったもんじゃござんせん(汗)。

               +++ メープルパンプキンチーズケーキ +++
c0017736_20332775.jpg
これはCOOKPADに載っていたレシピを参考に、手抜きしたり加えたりして作ってみました。
土台はお手軽にビスケット(マリー)を使いちょっとシナモンも入れて。底にぶどうジュースで煮たドライフィグを乗せて。フィグ使いはwhitewaterlilyさんのコメントを参考にしました。
シナモンの香りにドライフィグのプチプチした食感、滑らかな舌触りにさっぱりしつつもメープルシロップのせいか濃くもあって美味しいです!かぼちゃなのに上品な味わいでした。

               +++ ベイクトチーズケーキ +++
c0017736_2034585.jpg
これは私のオハコ(^。^)。今回はフィラデルフィアで作りましたが、フランス産のキリーの
クリームチーズで作るともう絶品ざますよ。材料を順番に混ぜるだけ、簡単なんです。
<フィリングの材料> 直径21㎝丸型1個分
   クリームチーズ240g 卵2個 砂糖100g 薄力粉20g 生クリーム100ml 
   レモン汁大さじ1 塩少々

チーズケーキ好きが嵩じてカテゴリーを増やしたお方は「のんびり午睡」のwhitewaterlilyさん。カボチャを使ったりバーデン風浮島風の物までお作りになっています。

で、あなたはどんなチーズケーキがお好きなのかな?
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-23 22:45 | 洋菓子
白菜漬け ---即席つけもの器で---
今秋はじめての白菜漬けが出来上がりました。さてさてどんなお味かな…。
c0017736_15334162.jpg
噛むごとに瑞々しくも辛味と甘味のジュースがパァーと口の中に広がって美味しいです。
シャキシャキシャキと音も楽しい。次にほんのちょっとお醤油に浸けて頂くと、さらに旨みが
増しておいしい。あ~しやわせでござそうろう。

母は白菜漬けを樽で作っていましたが、少人数の我家では食べきれませんし、腐らせてしまいます。お店でも白菜漬けは沢山売られていますが、やっぱし自分好みの味は自分で作るしかありません。いかに簡単で少人数の家でも美味しく食べられる白菜漬けの作り方はないものかと探していましたら、即席つけもの器で白菜漬けを作ってるのをテレビで見ました。早速真似して漬けてみたところ結構美味しくて以来ずっとこの方法で白菜漬けを作っています。
しかし母に言わせると「邪道!」なのだそうです。何と笑われてもいいんです!美味しいんだからぁぁぁ!


c0017736_1534108.jpg
今は白菜漬けが食べたくてルンルン気分のこの時は丁寧に2度漬けをしますが、そのうちルンルン気分も抜けて惰性で作るようになるといきなり本漬けにします。

では丁寧な2度漬けの作り方をば
白菜は1回食べる分量に切り分け(根元に切れ目を入れて手で裂く)、お天道様に1日当てます。水分が抜けて甘味が増すそうな。
干した白菜の3%の粗塩を白菜になすり付けながら、即席つけもの器に隙間なく入れて、重石のネジをまきます。ここで無理しちゃいけまてん。力任せに締めるとパキンと蓋が割れちまいますだ。私は2度ほど割らかしてしまいました^^;。3台目もビミョーに筋が見えます。
このまま丸2日置くと水が上がってきます。で、本漬けと参りましょう。


c0017736_15343349.jpg
水分を捨て、白菜を絞ります(あんまり固く絞ってしまうと美味しくありません)。
絞った白菜の1%の粗塩と赤唐辛子5~6本(切っておく)、昆布で交互に漬けていきます。
再度蓋をして重石のネジをします。水が上がってきて2~3日目ぐらいが食べ頃です。
って私の好みはあまり漬かり過ぎない方が好きです。かといって浅いのもダメ。
各自好みがまちまちですものね。 あと柚子も入れまてん。

■即席つけもの器ピクレK-22 容量2.2L
これだと干した白菜 約1キロ漬けられます。欲張って1.3kgだとパキーン。確実です(;_;)
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-20 16:38 | 料理
生八つ橋
和菓子の本をパラパラ見ていたら、この生八つ橋の作り方が載っていました。
このお菓子は京都展がない限り、絶対手に入らないものなので早速作ってみることに。
c0017736_2283514.jpg
材料は白玉粉・上新粉or上用粉・砂糖・水・シナモン、それに小豆粒餡。
これらを合わせて、蒸し器で蒸して捏ね上げ、シナモンをまぶします。

出来上がったものは、本物とはチト食感が違うけどお味はまさに生八つ橋。美味しいです。
まさかお家で八つ橋が食べれるとは…感激しました。

■「和菓子入門」   主婦と生活社    1,365円
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-20 02:40 | 和菓子
松風(和菓子)
「松風」といったらどんなお菓子を頭に描きますでしょうか?
私は、超薄焼きせんべい。でも京都の「松風」は厚みがある蒸しカステラなんですよ。
つい最近知りました。↓の画像を見たら、黒砂糖蒸しパンですよね^^;。
c0017736_144952.jpg
材料は黒砂糖・水・卵白・重曹・小麦粉、あと忘れちゃならない芥子の実。
これらを合わせて蒸し器で蒸しあげますと、上品なお茶の湯菓子になるそうな。
なるほど、蒸しパンよりキメが細かくて上品な仕上がり。美味しいです!

熊本県は菊池市、ここに「松風」という「日本一薄い和菓子」があって、小さい頃よくお土産にいただいて食べてました。芥子の実がのっかって香ばしくて美味しいお菓子なんですよ。
調べてみると京都より伝わってきたとありました。どうしてお煎餅になったかは定かではありませんが(そこまでは調べてないの)、黒砂糖と芥子の実使いは変化せず。松にたいして芥子の実と黒砂糖は何を意味しているのかしら。わからん!

■ 「キッチン~茶席和菓子」 金塚晴子 
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-19 02:13 | 和菓子
薔薇園に行ってきました。
先日薔薇を見に行きました。
薔薇は、一季咲き・二季咲き・四季咲きとあって、春に咲くのが多いようですが、
秋にも咲きます。秋薔薇のほうが、色が美しいように思います。
c0017736_224489.jpg

     ↑↓ ボッテリとしてたカップ咲き。よく外国の絵画や陶器の絵柄で見ますよね。
      「ヘリテージ」イングリッシュローズ
c0017736_23201.jpg

     ↓ すっごい花びらの数。百枚はあるかも。たぶんオールドローズの仲間。
c0017736_233477.jpg

     ↓ 下から撮ってみました。頭が重くて垂れてます。 
c0017736_235028.jpg

     ↓ かなりボケボケ^^;でも色合いと名前「紫音」がステキなので載せちゃった。
c0017736_24472.jpg

     ↓ 薔薇の実。ローズヒップです。リースにしたら映えそうですね。
c0017736_241768.jpg

      ↓ これもちょっと画像はよくないのですが、名前「夕霧」がステキなのでup。
c0017736_244514.jpg

まだまだデジカメ初心者なものですから、ヘタクソです。どうしたら光と仲良くなれるかしらん。
c0017736_2114521.jpg
c0017736_25090.jpg

c0017736_251524.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2005-11-17 02:44 | 季節たより
タタンジャム
「タタンジャム」ってご存知でしょうか?なんでもタルト・タタンの味がそのままジャムになっているらしいのです(baumkuchenさん曰く)。タルト・タタンは一度は作ってみたいと思いながらリンゴの量が半端ではないので躊躇していました。これがジャムで味わえるなんてこんな嬉しいことはありません。早速作ってみることに…。
c0017736_0112483.jpg
スコーンにバターとタタンジャムをのせ、ガブリ。ホホホ美味しいざます。
次に水切りヨーグルトとタタンジャム。これもベストなコンビ。とても美味しいです。

タタンジャムは、カラメルを作ってリンゴの薄切りとお砂糖・りんごジュースを入れて煮詰めたものです。カラメルの苦味とリンゴの酸味それに甘さが加わった不思議なお味。病みつきになります。

「ともこの道楽Memo」のtomoko-ya22さんがこの「タタンジャム」の作り方を載せていてくださっていました。カラメル作りはとても緊張を強いるもので、その悪戦苦闘の一部始終を格闘記として綴られており、とても参考になりました。こうして火傷もなくムキズで作り終えたのは一重にこの格闘記のオカゲです。お作りになりたい方は是非一読されたし(^ー^* )フフ♪。ちょっと脅しすぎかな^^;。

はじめて「タタンジャム」の存在を知ったのは「バームクーヘン日誌」のbaumkuchenさんの「タタンジャム」の記事からでした。もうセンス溢れる盛り付けかたにうっとり。そして今日のスコーンも彼女のレシピを拝借。狼さんのお口のようにガオーと開いてくれました。ウレチイ。

ともこさん、baumkuchenさんお二人とも美味しい物をご紹介くださりありがとうございました。またお願いしますね(^_-)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-11-16 01:06 | その他のお菓子