<   2005年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
無花果(いちじく)
今が旬ですね。今日、直売所に行くと無花果が所狭しと並べられていました。
これは「蓬莱柿」という品種で、桝井ドーフィンに比べるとちょっと小ぶりです。
お天気が続いた日にゲットすると、それはもう甘くてねっとりとして美味しいです♪
c0017736_2033131.jpg
栄養価も高く、食物繊維・鉄・カルシウム・カリウム・抗酸化ポリフェノーが豊富です。

毎年、生で飽きるほと(イヤミ?)食べていたので、今年はなにかお菓子でも作ってみたくなりました。まずはタルトから作ってみようと思うのだけど、迷いが。タルトはシュクレかパイ生地か。クリームはアーモンドクリームかクレームパティシェールか。
あーどの組み合わせにしようかしら?・・・・と悩んでいるうちにいつも時期が過ぎてしまう。あーどうしよう。いっそ、生で食べてしまおうか( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-31 20:43 | 季節たより
水牡丹(和菓子)
葛を半返しにしてラップで包み、蒸し上げました。桃色の餡が透けてみえるかな。
c0017736_14323268.jpg
この水牡丹、作り方は葛桜と同じです。

葛桜・・・かなり難しいヤツです。アツアツのうちに急いで餡を包まないと、すぐ冷めてしまってどうにもこうにも固くなって包めません。この間作った物は、うまく包めず蒸し上げてラップをはずしたら、餡子噴出してました(>_<)。

手におえないと諦めかけて時、sayagata-kissaさんがやはり葛桜をお作りになっているのを見ました。コメントに和菓子職人さんとのやり取りがあって、職人さんは葛を半返しにして包むと、それほど熱くはなく取り扱いもし易いと助言されていました。へぇ~、半返し?本返し?聞き慣れない言葉。どんなやり方なのかな?

すると先日図書館で借りてきた本に、この半返しの方法が載っていました。フムフム。真似しました。まだ包み方はイマイチだけど、だいたい分かった気が。
・・・気だけかも。でもでも嬉しい(^o^)丿。

ところで肝心な水牡丹のお味は・・・ウーン(ーー;)。形や色は可愛いけど味にインパクトがありません。葛桜の方が桜の香りがして美味しい気がします。次は、この二つ合わせていいとこ取りのを作ってみたいな。

■ 人気の和菓子基本のキホン 金塚晴子 講談社 ¥1600
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-28 15:43 | 和菓子
ぶどうの水羊羹
hiro235さんが「天草レッド」という品種で、目の醒めるような「ぶどうジャム」をお作りになっていました。もうそれはそれは綺麗な赤色なんです。なんでもk-aka65さんに誘発されたよう。akoさんは新聞をご覧になって「ぶどうジャム」を作られたとか。

hiroさんがお調べになってそのレシピのURLをのせて下さいました。飛んでいくとジャムの他にそのジャムを使ってぶどうの水羊羹のレシピまでありました。フムフム、オマケで貰ったベリーAが見向きもされずにあったけ。それで作ってみましょう♪。
c0017736_1857510.jpg

ぶどうの種を取ってミルサーにかけ皮をこしたら、100gもありません。ありゃりゃ。なので電子レンジで作りました。出来上ったジャムの色はあまり綺麗ではない赤紫、HPで見たのは美しい紫だったのに。何故なんでしょう(ーー;)。

ジャムが出来上ったので、次は水羊羹に挑戦。レシピにはアガーとあったのですが、持ってないので寒天で作ってみました。・・・寒天液を作る時も少量なので電子レンジで。この水羊羹にはぶどうジャムの他に白餡も入れてます。ぱっと見たら小豆で作ったみたいですよね。でもお味が全然・・・・・・。

ぶどうの味が濃くでてます。ひんやり、つるりん、ぶどう!!!美味しいです、
もうびっくり(◎-◎)。ベリーAを買いに走りたくなりました。・・・・今まで邪険にしてごめんなさいです。テヘヘ。

最後に、紹介くださったakoさん、hiroさんありがとう(^o^)丿。
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-27 19:45 | 和菓子
キャラメルクッキー
blogを徘徊してたら美味しそうなキャラメルクッキーの画像があちらこちらに。なにやら伝染しているらしい。きっと美味しいんだ。矢も盾もたまらずレシピ本図書館で探したら、あっけなく有りました。で、早速作ってみることに・・・。

c0017736_23463164.jpg材料は薄力粉、強力粉、砂糖、バター、それに生クリームで作ったキャラメルクリーム。作り方はスコーンの要領で。BP無し厚目なので固いらしく、歯ごたえ充分とか。ちょっと薄めに抜いて焼きました。

フンフンフン♪ ザクザクしておいひーい!なるほど、これは病みつきになるお味でございますよ。

■栄養と料理 2004年12月号 p,30 菓子製作 / きむらかよ
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-26 00:05 | 洋菓子
豆乳タンタン麺
c0017736_22582136.jpgここ1週間ほど涼しい日が続いています。暖かい食べ物も耐えられそうです。なのでずっと気になっていた豆乳タンタン麺を作ってみました。

材料は豚挽肉、ニンニク・ショウガ・ニラをたっぷり、豆乳、練り胡麻、トウバンジャン、オイスターソースなど。美味しそうでしょ?旨いっす。
しかも栄養たっぷり。

iveveさんが、せめて作った気持ちを味わうために(?)、レシピをご紹介くださいました(笑)。何故に「作った気持ち」なのか事の顛末をお知りになりたい方ははこちらへ「主婦的生活」。フフフ。

最後に、練り胡麻はしっかり準備をしておきましょう。これが有るのと無いのではえらい味が違います。それと、黒胡麻はお止めになったほうがよろしいかと。暗黒のタンタン麺となるや否や。ゾゾー。
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-24 22:58 | 料理
「花火大会」と「鰻のせいろ蒸し」
先週の土曜日、市内で花火大会が催されると聞いていってみることに。
と、その前に腹ごしらえ。鰻屋さんへ。↓鰻のせいろ蒸しです。これって福岡県だけみたいですね。ご飯にタレをしっかり染み込ませ、蒸して、錦糸卵と鰻をドッカンとのせたもの。わしわしわし、美味しい。もう満腹でございます。満足、満足。
c0017736_0211772.jpg

次は、花火。まつこと1時間半。
たった10分間でしたが、ひたすらカメラの液晶覗いたまま。うーん、うーんと唸りながら最後のほうはもうシャッターきりまくり。数打ちゃ1個ぐらいは当たりがでるかもと、チャンスもなにもありません(>_<)。いいのさ、フン!
c0017736_0244728.jpg
↑画像をクリックするとさらに大きな画像が見れます。
次はどこ♪なんでもナイアガラの滝が見られるらしい。・・・雨にならないといいな。
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-23 00:42 | 季節たより
パンケーキ
随分と涼しくなってきました。なのでここ連日お昼にパンケーキを焼いています。パンケーキは、クレープより厚くホットケーキより薄いとのこと。いろいろネットでレシピを見て、一応いいとこどりをしてみました(^_^;)。

c0017736_92782.jpg■材料(5枚分)
薄力粉・・・・・・・・・1C
BP・・・・・・・・・・・・小1~小2
スキムミルク・・・・・大1
卵・・・・・・・・・・・・・1個
砂糖・・・・・・・・・・・大1~大2
牛乳・・・・・・・・・・・1/2C~1C
レモン汁・・・・・・・・大1~大2
バター・・・・・・・・・・大1~大2
塩・・・・・・・・・・・・・ひとつまみ
■作り方
下準備  ・牛乳にレモン汁を入れて混ぜておく。(バターミルクの代用)
      ・電子レンジでバターを溶かしておく。
      ・薄力粉・BP・スキムミルクは篩っておく。

(1) ボールに卵と砂糖を入れ、泡立て器でもったりするくらいまで泡立てる。
(2) 牛乳・溶かしバターの半分入れ混ぜ、粉類を半分入れ混ぜ合わせる。
(3) 残りの牛乳・溶かしバターを入れ混ぜ、粉類も加えて混ぜる。
(4) 小さめのフライパンで中火より弱い火加減で焼く。
    ・・・・・大きなフライパンで焼くと丸の形がバラバラに。

バターとメープルシロップを乗せて、さらに苺ソースや桃ジャムで頂きました。
大変美味しゅうございましたよ。
-------------------------------------------------------------
■追記 8/23 分量に幅をもたせました。お好みの薄さでどうぞ。
  牛乳 1/2C ・・・すこしボテッとした状態。しかしホットケーキよりは薄い。
  牛乳 3/4C ・・・程よい広がり具合。程よい薄さ。
  牛乳 1C  ・・・フライパンにビローンと広がる。かなり薄い焼き上がり。
  ※ 牛乳の増減でBP・砂糖・レモン汁・バターを加減してくださいね。
-------------------------------------------------------------
あとパンケーキと言えば、大川雅子さんのレシピが有名ですよね。ネットでレシピを手に入れたので試してみたい。それとアメリカのビスクィックベーキングミックス(美味しいらしい)を手に入れて本場アメリカのパンケーキを楽しみたい。ハハハ、今週はパンケーキ三昧ざんす。
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-22 09:52 | その他のお菓子
朝の露(和菓子)
ずっと作りたかった「朝の露」。これは一応私のデザインでございます(^_^;)。
練り切り生地は、以前1日講習会で習った寒梅粉を使ってお手軽に。
で、これ何の花に見えますでしょうか?

c0017736_19143545.jpg
↑赤色素で色付け。

c0017736_19144890.jpg
↑赤色素+青色素で。

c0017736_1915534.jpg
↑青色素で。ほんとうは、スカイブルーに色付けしたかったのですが、この青色素はインクの青でした。イメージ違ったよ。夏の日に、清々しいスカイブールの○○を表現したかったのに(;_q)クスン。

しかしこの青色素、悪いことだらけではありませんでした。ベージュがかっている白餡にこの色素をちょっと混ぜると、なぜだか真っ白により近い色になりました。これは使えそう。

肝心なお味は、大変美味しゅうございました。渋めの番茶で頂きました(^.^)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-21 19:33 | 和菓子
ティラミス風
ティラミス風とあるのはマスカルポーネは使っておりませんノ。お高いですからネ。

レストランで頂くティラミス、本当に美味しいと思ったことは一度もありません。なんかべちゃっとしてわけのワカラン味なんです、ウー。それもこれも一番最初に食べたこのクリームチーズを使ったティラミス風のせいなのでしょうか。ずっと以前パン屋さんの講習会で習ったのですが、やっと最近になってレシピが出てきました。早速作ってみることに・・・。

c0017736_23554697.jpg■材料(パウンド型1個分)
クリームチーズ・・・・・・120g
生クリーム・・・・・・・・・120g
卵黄・・・・・・・・・・・・・・2コ
グラニュー糖・・・・・・・・60g
牛乳・・・・・・・・・・・・・・130cc
板ゼラチン・・・・・・・・・・10g
ラム酒・・・・・・・・・・・・・適宜
レモン汁・・・・・・・・・・・・少々
スポンジ・・・・・・・・・・・適宜
ココアパウダー・・・・・・適宜
<コーヒーシロップ>
インスタントコーヒー・・大1強
砂糖・・・・・・・・・・・・・・30g
湯・・・・・・・・・・・・・・・・80cc
ラム酒・・・・・・・・・・・・・大2

■作り方
・下準備 ゼラチンは水でふやかしておく。コーヒーシロップを作っておく。
(1) 牛乳を沸騰直前まで温め、たゼラチンを加え、よく溶かす。
(2) クリームチーズは電子レンジにかけ、柔かくしてクリーム状にする。
(3) 卵黄+グラニュウー糖をよく混ぜ、湯煎にしてすり混ぜる。
(4) クリームチーズの中に(3)を入れよく混ぜ合わせる。
(5) その中に(1)を入れて混ぜ、氷水をあてながらトロミがつくまで冷やす。
(6) 生クリームを(5)のトロミ具合と同じ位に泡立て、(5)と合わせる。
(7) 容器の下にスポンジをおき、コーヒーシロップをたっぷり染み込ませ、(6)を半量
入れ平らにする。これをもう一度繰り返す。
(8) 冷蔵庫でなじませ、固まったらココアを茶こしでたっぷり振り掛ける。

実は、スポンジを焼くのが面倒だったので、お手軽にフィンガービスケットを使いました。しかし、1袋は味見と称して食べちゃったので、1袋(10本)しかありません(>_<)。さらにコーヒー液が足らなかったみたいでフィンガービの中心が白っぽい。さらに昨晩作ったので、少々固く、包丁できれちゃった。もっとゆるゆるがいいな。

↑のレシピのゼラチン量はそのまま、コーヒー液は増やしてあります。
あ、最後に言い忘れましたが、お味は美味しゅうございましたよ(^.^)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-20 00:02 | 洋菓子
鶏ごぼう飯
「吉野のとり飯」に目がありません。地鶏の旨みとゴボウの風味が相まって、美味しいのなんのって。他におかずなんていりません。時々、お昼ご飯用に購入するのですが、なんか買いに行くのが面倒で。それなら自分でと作ってみようと・・・・・。
c0017736_16482845.jpg

たしか、大分の叔母さんから習ったレシピがあったはず、ゴソゴソ・・・・無い(;_;)。
仕方なくネットで調べて作ったところ、甘すぎる!って勝手に蜂蜜いれたんだっけ。
今度は地鶏で、もちっと砂糖控え目で作ってみようっと。

なぜに、「吉野のとりめし」なのか。それは大分県の一村一品運動の中から始まったそうで、大分市吉野地区で食べられた鳥ごぼう飯を「吉野の鳥めし保存会」が販売するようになったとか。あと大分県の郷土料理として「美味しいんぼ」で紹介されたとか。

作り方はいたって簡単。鶏とゴボウを油で炒め甘辛く味付けし、炊き上がったご飯とまぜまぜする。この具材を冷凍しておけば、いつでも食べたいときに美味しい鶏ごぼう飯が食べられるって寸法なんですが。因みに通はおにぎりにして食べるのだそうです。ホンマカイナ(^_^;)
[PR]
by mintoto2 | 2005-08-18 17:17 | 料理