<   2005年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
鯵の手ごね寿司
このレシピは5月10日の日記にあります。
画像やっと撮れました。これが手ごね寿司。手でこねこね混ぜるから、その名が付いたとか。←ホンマカイナ(^_^;)。
c0017736_22353468.jpg

鯵の身、クッキリハッキリご覧いただけるでしょうか?先日は海苔の中の隠れた財宝お見せできなくて残念でした。鯛が黒い!と言われてしまいました・・・・ムムム。
私がわるーございました。次回は必ず鯛の身をご覧にいれますタイ。
こう!ご気タイ!  へへへ。
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-31 22:50 | 料理
鯛茶漬け
鯛祭り(刺身、握り、潮汁)のシンガリは鯛茶漬け。ウマウマ(^.^)
しかし、サラサラと一気にかきこんだ後に感じるこのむなしさ!?
口の中には鯛の余韻が全く感じない。ホントに食べたっけ。

c0017736_11114482.jpg■材料
 鯛(刺身用)・・あるだけ
 酒・・・・・・・・・大さじ1
 みりん・・・・・・少々
 しょう油・・・・・ひたひた
 細葱・・・・・・・一握り
 ゴマ・・・・・・・・たっぷり
 刻み海苔・・・・適宜
 ワサビ・・・・・・・好み量
■作り方
(1) 鯛は食べる2時間前くらいに調味料と薬味に漬け込んでおく。
(2) 熱々のご飯に鯛をのせ、これまた熱々のお茶を回しかける。
(3) 刻み海苔をのせワサビを添える。
  ※ つけ汁を全部かけてしまうと、ちょっとしょっぱい。惜しいけど残すご決断を。
  ※ 最も美味しい食べ方… 熱々のうちに、何はさておいても食べることに専念す。

↑ちょっと海苔をかけすぎてちゃって、鯛がみえんね。タイ量に入れたのに・・・。
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-31 11:35 | 料理
握り寿司への試み。
c0017736_12647100.jpg


新鮮なお魚があるので、握り寿司を作りました。なーんてね、初挑戦ですがね。
ネタはどう切ったらいいのかサッパリ。イメージはシャリは少なく、ネタはダラーンと。
握り方はわけわかんない、要するにバラバラにならなきゃいいのよね。
お味は・・・お寿司屋さんのと変わりない気が(魚はね)。味はいいんだけど、バランスが今一。もっと美味しく作るには、外で勉強せねばいけません。勉強しに行きたいなー・・・聞こえてるかな・・・いびきが・・・・zzz。

ネタは 鯛・ヤリイカ・アジ(玄ちゃんアジとフツーのアジ)
不思議なことにフツーのアジの方が脂がのって、美味しかったです。わからんもんですな。玄ちゃんアジ2匹¥800、フツーのアジ10匹¥500(オマケしてくれたの) ですぞ。
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-30 01:56 | 料理
筑前玄海魚祭り
筑前玄海魚祭りへ行ってきました。新鮮な魚を求めて、テントをウロウロ品定め。
ど・れ・に・し・よ・う・か・な♪
c0017736_031217.jpg生簀に玄ちゃんアジ(ブランド魚)がスイスイ。

でかいなぁ!
アジとは思えん。
体長30cmはあるんよ。

c0017736_0313163.jpg一匹¥1200也
それにしても、お兄さん肉付きが良すぎ。しかも固太り。
アジが小さく見えまーす。

c0017736_03288.jpgこのお魚は伊佐木。
昔 金さん銀さんという双子のおばあさんがいました。
TVのレポーターから「何が一番好きですか」の質問に、金さん曰く「伊佐木のおしゃしみ!」。
なるほど・・・お刺身柔かいです。
c0017736_0322998.jpgタコがいっぱい。
なんちゅう格好。
赤くなって、頭部は足の下。

購入した魚 玄ちゃんあじ2匹(小さいめのヤツ)、伊佐木5匹、あじ10匹、いか3パイ、鯛3匹以上です。どんな料理にし・よ・う・か・な♪
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-30 01:24 | お出かけ
空豆の茶巾絞り(和菓子)
c0017736_2323138.jpg

フカフカのお布団にくるまれた空豆を剥くたびに、驚きの声をあげずにはいられません。大事に守られて育ってきた空豆くん。きょうは、和菓子に変身です。

茹でて潰して裏ごして、砂糖を3割程度加えて鍋で練り、茶巾に絞ります。
きれいな黄緑色の愛しげな和菓子。食べずにずっと眺めていたい気がしましたが、どんなお味なのか知りたくて作ってすぐ食べてみました。ほのかに豆の香りがして、やさしいお味でした。
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-27 02:53 | 和菓子
フレッシュケールで青汁(^_^;)
c0017736_2064925.jpg本物の青汁をいっぱい飲みたくてケールを植えてます。収穫できるほど成長したので、ジュースを作りました。そのお味は・・・・・

・・・・・も、も、もういらん!!(>_<)

口直しに手元の饅頭をパクリ。   
c0017736_207202.jpg
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-25 20:22 | へのへの園芸
バラ園に行きました。グリーンパークin北九州
ばら園は満開のバラで埋め尽くされていました。こんなに沢山咲いている時に来たのは初めて。とても素晴らしかったですよ。到る所で歓声があがっていました。

      *** イングリッシュローズ ヘリテージ ***
c0017736_1146768.jpg
c0017736_11463361.jpg
      *** イングリッシュローズ グラハムトーマス ***
c0017736_11464860.jpg
      以下のバラの名は不明(;_;)
c0017736_11471174.jpg
c0017736_1214582.jpg
c0017736_1230404.jpg

  ■グリーンパーク    北九州市若松区竹並1006番地
   電  話  (093)741-5545
   開  園  9:00 ~ 17:00
   入園料  一般¥100 小・中学生¥50
   駐  車  普通車¥300
   休  園  毎週火曜
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-23 11:50 | お出かけ
たこ飯
たこ飯大好き。もう吐くほど食べ過ぎてしまうので、食卓に登場するのは稀(悲)。
昨日水産物販売所で地場のタコを売っていたので、購入しました。で、久ぶりに作りました。食べました。美味しゅうございました。…今日は自制して2膳で止めました。

c0017736_1124334.jpg■材料
 米・・・・・・・・・2C
 たこ・・・・・・・150g
 だし汁・・・・・適宜
 酒・・・・・・・・大1
 しょう油・・・・大1
 塩・・・・・・・・小1/3
 ごぼう・・・・・1本
 だし昆布・・・適宜
 ゴマ・・・・・・・好きなだけ

■作り方
(1) 米は研いでザルにあげ、30分おく。
(2) たこは小さく切る。ごぼうはささがきにして水に放つ。
(3) ザルにあげた米の容量を量る。同量が炊くのに必要な水分量となる。
(4) 鍋に米・ごぼう・たこ・だし昆布、必要な水分量(だし汁+調味料)を入れる。
(5) はじめ強火、沸騰したら弱火にする。火を点けて消すまでおおよそ17分くらい。
(6) 鍋底がチリチリ音がしてきたら、10秒強火にして火を止め、10分間蒸らす。
(7) 茶碗によそって、ゴマをパラパラと散らす。出来上りです。

  ※塩分量は少し控えめです。もうちょっとしょう油を足すとちょうどいい塩加減に
    なると思います。が、ご飯物や麺類は最初はちょっと塩味が薄いと感じる位の
    の方がいいのではと思います(好みの問題ですが・・・)。
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-22 23:52 | 料理
きゃらぶき作ってみました。
「きゃらぶき」はフキの佃煮のことです。でもなに故"きゃら"とつくのか不明、不思議。
農産物販売所でもデパートでもその名でありますもんね。家人が好きでよく買うのですが、少々しょっぱい。佃煮なのだから当然だけど、ワシワシ食べてもらうと困るんだなぁ。塩分摂取過多はロクなこと無い。で、作ってみましたよン。これが思いの他好評でした。
c0017736_240251.jpg■材料
ふき・・・・・・500g
砂糖 ・・・・・50g
しょう油・・・・80cc
酒 ・・・・・・・・80cc
みりん・・・・・10cc
酢 ・・・・・・・・5cc
赤唐辛子 ・・適宜


■作り方
(1)フキはよく洗って3~4cm長さに切り、半日ほど水に浸す。
  その間4~5回水を取り替えて、アクを抜く。
(2)鍋に調味料を全部入れ煮立たせ、フキを入れる。再度煮立ったら、落し蓋を
  して弱火でコトコト40分ほど煮る。一晩寝かせる。
(3)翌日また、弱火で煮汁が無くなるまで煮る。煮詰めると塩分濃くなるので、
  煮汁が少しになったら時々味見をして、好みの味になったら火を止める。
(4)煮沸殺菌した瓶に詰めて、出来上り。

 ※ポイントは、香りが良いものを使う。弱火でじっくりと煮る。あと皮を剥かない。
 ※ネットでいろいろレシピを調べたら、ええっーーと思うくらい、お砂糖どっさり、
   おしょう油どっさり。ヒョエーーー。で、ぎりぎりの塩分(それでもちょっと辛い)
   で作ってみました。フキの味がしっかり残って、おいしゅうございました。
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-21 03:21 | 料理
ご豆腐作ってみました。
焼き物の里 有田名物ご豆腐をご存知ですか。フツーのお豆腐はニガリで固めますが、このお豆腐は葛粉で作ります。ツルンとした喉越しで大変美味しいのですよ。で、お腹いっぱいこのお豆腐を食べたい(いつもいつものセリフ…恥)ので、自分で作ってみることに。
c0017736_2151430.jpg■材料
豆乳(自家製)・・700cc
葛粉・・・・・・・・・・20g
片栗粉・・・・・・・・40g
■作り方
(1)鍋に葛粉と片栗粉を入れる。
(2)豆乳を少しずつ加え溶かす。
(3)火をつけ、煮立ったら中火にして絶えず混ぜつづける。
(4)ツヤよく、ひと固まりになったら、水に濡らした型に流し冷やす。

 ※手を濡らして型からはずし、まな板や包丁も濡らして使用すます。
 ※ごまタレやお醤油でどうぞ。

今回は自家製のうすめ豆乳で作ったので物足りませんでした。次回は濃い成分無調整の豆乳で、葛粉を多くした配合で、もっと粉の比率を高く(1割)で作ってみようと思っています。・・・固まるのに15分もかかっちゃった。くたびれたよ。って有田のお豆腐屋さんは1時間練るんだって。すごいわー。

 追加1 5/23 市販の豆乳(成分無調整)500cc、葛粉30g、片栗粉20gで
     10分間練り続けました。プルンプルンで更に美味しくできました。ただ、1日
     冷蔵庫に置いていたら、固くなってしまいました。で、レンジでチン!元通り。

 追加2 ごま醤油  すりゴマ大さじ2杯、砂糖大さじ1杯弱、醤油大さじ1.5杯
              みりん小さじ2杯 ・・・・・ごまは出来ればスリスリする。

 追加3 6/5 ご豆腐 黄金の配合見つけました。翌日までプルンプルン。
      豆乳500cc、葛粉30g、片栗粉15gできっかり10分ネリネリします。
      冷蔵庫で充分冷やしてどうぞ。(温かいとデレーンとなって正体なし!)     
[PR]
by mintoto2 | 2005-05-18 22:25 | 料理