<   2005年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
屋形船(和菓子)作りました。
c0017736_2352352.jpg

舟形で作るので屋形舟という名が付いたのでしょう。ずっと前、一度作ってとても美味しかったので、いつか又作ろうと思ってたお菓子です。
白餡に生クリームと卵、レーズンやブランデーを入れてオーブンで焼きます。いろいろネットや本で調べてみたけど、こんな材料を使っている和菓子は見たことがありません。色見はジミだけど、とっても美味しいお菓子なんですよ。

■材料(舟型11個分)
 生クリーム・・・20ml
 砂糖・・・・・・・・10g
 卵黄・・・・・・・・1個
 白餡・・・・・・・・300g
 レーズン・・・・・40g(ぬるま湯に漬けて柔らかくする。orラム酒漬レーズン)
 ブランデー・・・大1(orラム酒)
 薄力粉・・・・・・30g
 スキンミルク・・20g
 B.P・・・・・・・・・小1/2
 舟型・・・・・・・・11枚(12x5㎝位のアルミボード…バルケット型ともいうらしい)

■作り方
 (1)生クリームと砂糖を混ぜ、卵黄を加え混ぜ、白餡を加え混ぜる。
 (2)レーズンの水気を取り、刻んで加え、ブランデーを入れ混ぜる。
 (3)薄力粉、スキンミルク、BPを合わせて篩ったものを加え混ぜる。
 (4)星口金を付けた絞り袋にいれ、舟型に絞り入れる。
 (5)180℃のオーブンで18分きれいな焼色がつくまで焼く。
   ※星口金はあまり小さいとレーズンが詰って絞れないので、要注意です。
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-30 23:55 | 和菓子
藤の花@方城町(定禅寺)
4月25日に藤を見に田川郡方城町にある定禅寺に行ってきました。
まだまだ3分咲き程度でしょうか。今週末には見頃になるようです。
この藤は県の文化財で「迎接の藤」と呼ばれ、樹齢520年だそうです。
c0017736_225353.jpg
c0017736_225371.jpg

デジカメで初めて藤の花を撮りました。一房(この表現でいいのかな)が全部紫色と思ってたけど、一つの花には薄い紫、濃い紫、白、黄色とあるのですね。知らなかったわ。デジカメは見落としてた美しいものを私に教えてくれました。次は何を・・・ワクワクします。

■定禅寺(通称 藤寺)
 福岡県田川郡方城町弁城迫3624
 拝観自由 P有り(狭いけど)
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-27 22:34 | お出かけ
シャクナゲ@豊前市天地山公園
4月23日シャクナゲを見に豊前市にある天地山公園に行きました。
はじめてです、こんな満開のシャクナゲを見たのは。薄く透き通るような花びらはとても上品できれいでした。これはツクシシャクナゲという品種らしいです。
c0017736_22572399.jpg

c0017736_22553464.jpg

c0017736_22545330.jpg

この天地山公園は「日本の都市公園百選」に選ばれていて、緑豊かなとても整備の行き届いた公園でした。国道10号線から「天地山公園入口」交差点から5分もかからないところにあります。今からはツツジが見頃をむかえそうです。
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-26 23:22 | お出かけ
お気に入りのクリーム・パティシエール
苺タルト↓用のクリーム・パティシエールの作り方です。

【材料直径18cmタルト型1台分】
 牛乳・・・・・・・・・200ml
 卵黄・・・・・・・・・2個
 グラニュー糖・・・60g
 薄力粉・・・・・・・25g
 バター・・・・・・・・大さじ1
 洋酒・・・・・・・・・大さじ1(ブランデーやコワントロー、グランマニエなど)
 生クリーム ・・・・40ml(牛乳の2割)
【作り方】
(1) 小さなボールに卵黄と牛乳少々を合わせておく。
(2) ボールにグラニュー糖と薄力粉を入れ合わせ、そこに温かい牛乳を入れ混ぜ、さらに(1)を入れよく混ぜ合わせ、漉し鍋に移す。
(3) 中火でフツフツするまで煮る。火からおろしてバターを入れ洋酒を入れ、よくよくまぜる。
(4) パットに流しラップでピッタリ覆い冷ます。
(5) 冷めて固くなったクリームを柔らかく練り、そこに泡立てた生クリームを加えトローリ滑らかになるまで混ぜる。

※このクリームは幾分固めです。でないとタルトを切り分けたら最後、クリームが柔らかいと台から流れ出てしまいます。そうすると上にのった苺も移動。キチャナクなってしまいます。
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-26 22:38 | 洋菓子
苺のタルト作りました。
c0017736_1775884.jpg

やっとやっと、苺のタルト作りました。・・・・御託が長かったもんね。
パート・プリゼ(練り込みパイ生地)に湿気防止のためにチョコレートを塗り、その上にクリーム・パティシエールに生クリームとコワントロー(洋酒)を入れたものを詰め、「あまおう」の小粒をのせ、杏ジャムを塗りました。飾りは庭のセルフィーユ。
苺の爽やかな酸味とクリームの甘くトロリとした舌触り、タルト生地はサクサク、ホロホロ。もうすごく美味しくできました。あまり洋菓子の好きでない家人も「美味しい」との賛辞を。ホホホ。これは私の定番菓子。これからも毎年作ることに致しましょう。
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-26 17:11 | 洋菓子
パート・プリゼ(練り込みパイ生地)の作り方
何故だか私の苺タルトのタルト生地にはパート・プリゼで作ります。サクサク、パリパリ、ハラハラと美味しいのですよ。本格的なパイ生地はとても、とても作れないので、もっぱらパイ生地はこの方法で作っています。作り方は簡単です。この時ちょっと大きめの長パットで作業をすると作りやすいです。

【材料(直径18~20㎝のタルト型)】
 薄力粉・・・・・・・・・100g
 バター(無塩)・・・・70~80g
 塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3(1.6g)
 冷水・・・・・・・・・・・40~45ml
【作り方】
(1) 長パットに薄力粉を篩い入れ、粉の中に冷たいバターをスケッパーで小豆粒になるくらいに切り混ぜる。(粉をまぶしながら切ります)
(2) 真中をくぼませ、塩を冷水で溶かしたものを入れ、スケッパーで切るようにまぜ、少しまとまってきたら、半分に切って片方にのせを繰り返し、多少粉っぽさがあってもラップで包み、冷蔵庫で1時間以上冷やす。 
(3) 生地を麺棒で長方形に伸ばし三つ折りにし方向を変えて、再度長方形に伸ばし三つ折りにしラップに包み、冷蔵庫で1時間休ませる。これを3回繰り返す。
(4) 正方形に伸ばし、型に敷詰め、余分な生地は取り除く。ピケし冷蔵庫で30分休ませる。
(5) アルミホイルをしき、重石をのせ200℃のオーブンで15分、重石とアルミホイルを外して、15分こんがりキツネ色に焼く。
(6) 型から外し、網にのせ冷ます。

※パイは焼いてから3時間以内に食べること。でないと湿気てパリパリとしないらしい。でも湿気防止のためにチョコレートでコーティングすると良いとネットで見知って、今回は試してみました。結果は、24日に作って3日目の今日、パリパリ!でした。いい方法!教えてくださった方に感謝です。ありがとう!
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-26 17:01 | 洋菓子
苺ソース&苺ジャム
直売所で「あまおう」の小粒が安かったので、苺ソースと苺ジャムを作りました。
c0017736_20213434.jpgc0017736_20215568.jpg

 苺ソース                          苺ジャム
どちらも糖度30%でレモン汁は最初から入れて作ったのですが、仕上がりの色が違いますね。苺ソースは鮮やかな赤でトロミがちょっとあります。片や、苺ジャムは苺の色は幾分濃い赤でソースはトローリ。この差は作り方の違いからです。

苺ソースは苺+砂糖+レモン汁を鍋に入れ、ゆすって水分を出し、強火で10分間煮ます。
苺ジャムは苺+砂糖+レモン汁を鍋に入れ、一晩おく。次の日、沸騰させた後ボールに移し冷まし、また一晩おく。次の日、ザルでこし、実とジュースを分け、ジュースを適度なトロミがつくまで煮て(10分位)、実を加えさらに5分ほど煮る。・・・私はこの方法でソースを作りたかったのだけど、煮すぎてトロミがつきすぎてジャム状態になっちゃいました。
・・・この方法は<「いちごスゥィート」いがらしろみ著>を参考にしました。

昨今流行のコンフィチュール(フランス語でジャムの意味)どんななのでしょうか?
今までのジャムのコトコト煮た甘いもののイメージからフレッシュ&フルーティーで旬な果物の美味しさが凝縮されているもの…らしいです。フランスのアルザス地方に住むクリスティーヌ・フェルベールさんがこのブームを巻き起こした…らしいです。

フランスでは糖度60%以上をコンフィチュール、50~60%をミ・コンフィ、それ以外のものをコンポートと呼ぶ…らしい。ので、私が作ったのはジャムではないですね。フランスではね。

もものジャムも美味しいということなので、作ってみました。丁度去年より冷凍してた桃があったので。捨てようかどうしようか迷ってた代物。作ってみて、驚きました。メッチャ美味しい!
c0017736_2118183.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2005-04-19 21:19 | 料理
小豆ショートブレッド
c0017736_1102914.jpg

小豆とショートブレッド どちらも大好きなので、嬉しいレシピです。ネットで発見しました。
その方(くいしんぼうさん)のレシピでは植物油(!)や全粒粉、ゆで小豆を使っていました。植物繊維が豊富でヘルシーなお菓子です。早速私もと思ったけど、全粒粉が無かったので、泣く泣くフツーの薄力粉とブランシュガー、シナモン、グレープシードオイル、粒餡で作りました。美味しい。しみじみ。やみつきになる味です。

今度作るときはもっとヘルシーに、全粒粉か玄米粉で作りたい。で、バクバク食べるぞ!

■秋田産直くいしんぼ
 http://www.kumagera.ne.jp/kuisinbo/
  レシピ集→(豆やおイモのレシピ)のなかに「小豆ショートブレッド」はあります。
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-19 01:35 | 和菓子
苺がいっぱい!--- 直売所---
c0017736_102733.jpgc0017736_105162.jpgc0017736_111993.jpg


いつも行く行橋市にある野菜の直売所「ふれあい市場」です。
先日行ったら、苺がいっぱい!「あまおう」「とよのか」「さちのか」がズラー、反対側にもズラズラズラーっと並べられていて壮観でした。旬ですね。値段もお安くなりました。

蕗やそら豆も出ていました。
スーパーには季節を問わずいろんな野菜が売られていますが、ここ直売所では旬のものしか並べられてません。なので、1週間ぶりに来ると、新顔さんが出てたりして季節の移ろい、大地の恵みを強く感じます。

■JA福岡みやこふれあい市場 今井店
  住 所   行橋市大字今井1272-1
  電 話   0930(22)8057
  営業時間 7:00~17:00(季節によって変更有り) 
  休 み   盆・正月
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-19 01:05 | 市場大好き!
うそっぽアスパラガスのリゾット
c0017736_031038.jpg

うそっぽとつくのは、イタリアのリゾットとは程遠い代物だからなのです。残り物のご飯(今日は冷凍したもの)で作る、西洋オジヤと思っていただければ。うそっぽだけど、ウマイ。ホワイトソースにチーズの旨みを加えたちょっとトロトロご飯。アハハ、アルデンテなんて遠い、遠い歯ざわり。イイノサ、ここはJapan。

今日のアスパラは特有の香りがしてこりこりした食感でした。こんなに美味しいのは久しぶり。そろそろ旬なのかしら、楽しみですね。
[PR]
by mintoto2 | 2005-04-19 00:21 | 料理