カテゴリ:へのへの園芸( 15 )
緑のカーテン計画 濡れ衣
「ありゃりゃ、ゴーヤーの葉っぱになりすまして、よからぬことをしているのは誰だぁぁぁ!」
「現行犯逮捕するだに。」
c0017736_142189.jpg
                    「へっ?」

                    「あっしのことでっか?」
c0017736_144765.jpg

                    「あっしに何用?」
c0017736_15443.jpg

「ウチの可愛いゴーヤーや朝顔の葉っぱに悪さをしてやしませんかつーの。ガミガミ」
c0017736_152335.jpg
「そんな…濡れ衣でごぜえますだ。世のため人のため身を粉にして働いているというのに。」
「あんまりだぁね。オラ悲しいだに。。。」


調べてみると、カマキリは肉食性の昆虫なので、葉っぱは食さないとか。なので植物には全く害は無く、むしろ草食の害虫を食べてくれるので益虫の部類に入るらしいです。

「う~む、君を誤解してたよ。ごめんよ~」
[PR]
by mintoto2 | 2008-09-28 01:00 | へのへの園芸
緑のカーテン計画 朝顔やトマトで
緑のカーテン計画、ゴーヤーだけではありません。花も見たいので、朝顔も植えてみました。
c0017736_2204050.jpg

するすると伸びて早朝、清々しい花を沢山見せてくれています。
c0017736_2211317.jpgc0017736_2213391.jpg
縞模様や、絞り、空色、青と色々な花たち。実は、たった1本の苗からなんですよ。
c0017736_2223791.jpg

c0017736_2272090.jpg適当な鉢が無かったので、土が入っていた袋を鉢代わりに。カッコ悪いのだけど、これが中々良かったみたい。根っこが袋の穴を通過し、地中へと伸び、そこへエアコンの水が流れるように排水ホースを垂らしてみたら、水遣りの手間がかなり軽減されラクチンでした。

実はゴーヤーもこの袋でお育ちです(^_^;)。

軒下の地面を掘り返して畑にする意気込みの無い私にぴったりなビニール袋、大変気に入りました。次は絹さや・インゲンマメ・芽キャベツなんぞを植えてみましょうかね。わくわく

緑のカーテン計画、あとトマトも。蔓植物ではないけれど葉っぱがワサワサ大きいのでね。
c0017736_22105549.jpg
トマトは過酷な環境のほうが、甘く育つとか。ここは軒下。あまり雨の当たらない場所。トマト栽培にはびったしではないかいなと大玉2本とミニを1本植えてみました。

この地がお気に召したのか、お盆に1回買っただけで、7、8月とこのトマトで間に合いました。んで、これが最後のトマトとなりまして、9月に入ってから成長も色づきもゆるやかです。あと2~3日の辛抱かな。
c0017736_2211511.jpg
ってもう食べちゃいましたけどね~。美味しさ格別でしたよん(^.^)。

この夏、エコ対策にと思って始めた「緑のカーテン計画」、エコだけではなく様々な楽しみを与えてくれました。来夏はどんな植物を植えようかとワクワク。花も実もどちらも楽しみたいな。

最後に、トマトの花を。ミニトマト、オレンジパルフェと申します。
c0017736_2253445.jpg
皮も薄くて甘さも酸味もあって、とっても美味しいトマトでしたよ。
[PR]
by mintoto2 | 2008-09-27 23:00 | へのへの園芸
緑のカーテン計画 ゴーヤー
今年の夏は、エコ対策にと窓の外側にゴーヤーを植えてみました。
するするとまたたく間に伸びて、青々とした葉が目にも涼やかです。
c0017736_0425078.jpg

実の成長も著しく、収穫のタイミングを見計らうのが大変。これはちょっと早かったかな。
c0017736_0431173.jpg

いい加減、味噌炒めや白和えも飽いてきた頃、こちらこちらでゴーヤーチャーハンなるものを見かけました。ゴーヤーチャーハン!だなんてと一瞬ためらってしまいましたが、まずはチャレンジ。材料のカニカマも十穀米も家には無かったので、勝手にお二人のミックス(ごめんなさい)、ゴーヤー・卵・ちりめんじゃこ、ご飯、それとナンプラーで味付けを。
c0017736_0433296.jpg

まぁ~これがね、とてもとても美味しくて、ゴーヤーを収穫するたびにチャーハンばかし。中々飽きないの。多少ゴーヤーの苦味が残るのですが、卵の柔らかな甘さとナンプラーの旨み、病み付きざます。栄養的にもいいんでないかい。

9月に入ってからも、ゴーヤーの赤ちゃんそこやかしこにポーニョポニョ。
ただ成長は真夏のように、みるみるとはいきませんが、ゆるやかに成長。c0017736_0435926.jpgc0017736_0441393.jpg
c0017736_0443093.jpg

c0017736_0445099.jpgc0017736_04552.jpg
緑のカーテン計画、確かに効果がりました。7月中旬まで冷房未使用でしたし、あんなに暑かったのに故障寸前の古いクーラーでも例年より温度設定、2度位は違っていました。新しいクーラーに替えてからは省エネ温度の28度で十分でした。これって緑のカーテンのお陰かな。
[PR]
by mintoto2 | 2008-09-11 01:00 | へのへの園芸
お花の中にサクラ?
2~3日前、庭の片隅にブルーのお花が咲いているのに気がつきました。
苗は多分、スイートマジョラムのはずなのに…こんなお花だったっけ。
c0017736_1524272.jpg
調べてみると、スイートマジョラムではないみたい。
とすると、あなたは誰?
c0017736_15254663.jpg

このお花、よく見ると中心部分、サクラのようにも見えません?
c0017736_1526029.jpg
ね、ね、面白いですよね。真っ白なサクラの花なんて。私も見つけたよ、と言いたくなりました。というのも、以前フーさんチで拝見した花の中のお花がとても印象的だったのでね。

ところでこのお花の名前は何というのでしょう。
アメリカンブルー。よく見ますよね。
記憶を辿ると苗は、2年前くらい買ったような。過酷な環境でよくぞ存えてくれました。。。
[PR]
by mintoto2 | 2008-09-03 15:30 | へのへの園芸
シェードガーデンの白い花たち
びっくりするくらい早い梅雨明け宣言に、ほんとかしらと気象庁を疑ってかかってたのですが、あれからまとまった雨も降らず、連日猛暑が続いています。この暑さ、緑のカーテン計画ももはやこれまで、我慢の限界です。ついに昨日冷房を入れてしまいました。で、今日はせめて目に涼しげなシェードガーデンへのお誘いです。ってこの画像、1ヶ月ほど前に撮ったものなので、ちょい季節はずれかもしれませんが、許してくらはいね~。

ホタルブクロ
c0017736_2162580.jpg
名前からして蛍が中に潜んでいるのではと思ってしまいますが、勿論そんなことはなくて。
可憐な花に似ず、とても繁殖力が強く庭のあちこちに遠慮会釈なく顔をだしてくれます。

ギボウシ
c0017736_2165062.jpg
半日陰にあって、斑入りだと周りが明るくなってとてもいい感じ。この植物は昔、シーボルトがヨーロッパに持ち帰って品種改良を重ねたとか。イングリッシュガーデン等でよく見かけますよね。ことのいきさつを知ると、なんだか自慢したくなります。この植物は日本からのものだぞって。確かアジサイも同じ経路でしたよね。

そのギボウシの後ろに咲いている小さなお花、これは何年か前、友達とほんの近くの野山を散歩してた時に見つけました。露草と思って持ち帰ったのですが…。今年はじめて咲きました。が、花色は青ではなく、真っ白です。へ? 君は誰?
c0017736_2172125.jpg

クリスマスローズ
c0017736_2181441.jpg
2月から咲き始め、6月に入ってからもずっと咲きっぱなし。いささか色褪せてしまったけれど、散らずにこの状態のまま。まるで造花のよう。不思議な花です。

名前がわからなかったこの植物、先日他の植物を検索していた際、偶然見つけました。
c0017736_2183741.jpg
ノハカタカラクサ(ツユクサ科ムラサキツユクサ属)、南アメリカ原産の帰化植物。ツユクサの仲間ではあるようです。この植物も繁殖力が強く、なんとあのドクダミを差し置いてはびこりつつあります。ガンバレ~、とつい応援したくなります。だってだってするすっと簡単に引っこ抜けるんですもの。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-16 02:00 | へのへの園芸
可憐なお花、オキザリス。
庭の隅でひっそりと咲いているお花に目が止まりました。
うつむき加減の、その慎ましやかで可憐な姿にうっとり。こちらを向いてくれないかしらん。
c0017736_17551459.jpg
すると…。
c0017736_17553160.jpg
しずしずと…。
c0017736_17554774.jpg
お顔を見せてくれました。
c0017736_1756253.jpg
この植物の名前は オキザリス トリアングラリス/紫の舞。典雅な名ですね。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-11 18:00 | へのへの園芸
ダブルのホリホック、足掛け3年。
5月の下旬、あの時蒔いた種から蕾らしきものが出てきました。
c0017736_22162242.jpg
6月に入ってからはスルスルと上に伸び、蕾も日に日に膨らんできています。
ついについにお花を見ることができると思うと、嬉しくて。

イングリッシュガーデン(本で)や種屋さんのカタログを見てずっと憧れていたホリホック。
アップリコット色したダブルのお花。本物を見たくて3年前種を購入して育てていたのです。
しかし種は赤・白・黒・アップリコットのミックス種。
どんな色の花が咲くのか、咲いて見なければわからない。ハラハラ、ドキドキ。
c0017736_22164581.jpg
結果、真っ白なお花でした。ちょうど梅雨真っ盛りにぽっかりと咲いて。

残念ながらアップリコット色ではないけれど、これはこれで可愛いよね。
c0017736_2217644.jpg
まるで昔作った柔紙のお花のような。。。
[PR]
by mintoto2 | 2008-07-10 22:00 | へのへの園芸
リベンジの野菜たち ズッキーニ・ルバーブ
今年こそズッキーニのお花を天ぷらだかフリッター(よくは知らない)だか食べてみたいものだと、種を手にして意気込んでいたのに直売所で苗を見かけるやレジへ。へのへの~。

そんなこんなで(どんな?)苗を手にして1ヶ月半。そろそろ実が成ってもいい頃なのに。この日、雌花が今にも咲きそうなのに雄花の蕾は小さくてとても間に合いません。といういのは、ズッキーニは雌雄異花のため受粉を行わなければ実がつかないんです。雌花と雄花が同時に開花しなければ受粉ができず、美味しい果実を手に入れられないってことなんですよ。
c0017736_11245184.jpg
実は以前にもズッキーニを植えたことがあったのですが、ジメジメ・ムシムシのこの時期が苦手のようでダメになってしまいました。今はまだ元気なのですが、ナメクジやら団子虫、それに蟻がゾロゾロと寄ってきて。せっかくの家庭菜園ですので、薬は使いたくありません。さりとてヤツらにやられっぱなしも悔しいですしね。

でいろいろ調べてみて蟻にはコーヒーが有効だとか。飲み残しやカスをまいてみたり。あと木酢液や卵の殻など。卵の殻のトゲトゲはナメクジや団子虫が痛がるのだとか(笑)。ホンマカイナ

あ~ズッキーニ、いつになったら収穫できるのかしらん。。。


去年、ルバーブ、ルバーブと大騒ぎしてたのに、すみません、音沙汰なしで。結局のところ収穫できたのは100g以下。あまりの少なさに気が萎えて。さらに7月に入って全滅してしまいました。再度、種を蒔いたのですが、発芽せず。

そしてこれもまた、直売所で苗を目にして、たった1株(ケチ)ほどお買い上げ。この地で梅雨を越すのが無理なのかもと思いましたが、諦めきれません。大きくなると聞いてはいましたが鉢植えで。これだと雨降りの時は軒下に置けますものね。
c0017736_1125499.jpg
で、なんとかこんなに大きくなりました~。このまま長生きしてほしいな。。。
[PR]
by mintoto2 | 2008-06-20 11:45 | へのへの園芸
ルバーブってどんなお味なんでしょう?
このところルバーブが気になって、気になって。茎のところをジャムにすると美味しいのだとか。最近ハマっているコンフィチュールのレシピ本にもルバーブとなんたらという組み合わせが目に付きます。どんなんかしらんとモンモンの日々。でついに種を注文してしまいました。
c0017736_22444629.jpg
しかーし、うまく育てられる自信は無いんですね、これが。トホホホホ。
んでどなたかご一緒にスタートしませんか…保険のために(^_^;)

それからずっと欲しかったホリーホック(タチアオイ)の種も。これ一重の花ではなくダブルなんですよん。アプリコット色したタチアオイなんて珍しいのではないでしょうか。

どなたかご入用の方いらっしゃいますか。ルバーブはわずか…5粒ほどですが。
多分私は、夢だけで終わりそう。。。しっかり育てて送ってほちい、エヘこれ本音。

只今から明日10/13 21:00 まで受け付け。それから勝手に(いかん?)抽選会。
種はルバーブとホリーホックの2つだけですけど(汗)。

21:00を過ぎました。
希望者は3名様ですね。ではでは勝手にちゅうせ~~ん。カラカラカラ~。
パンパカパ~ン!発表!!今回特別にご応募くださった方全員(アハハ)にお送りします。
お所、お名前を鍵コメントでお知らせください。
なお、個人情報決して漏らしは致しません。他に流用いたしません。
私は怪しいものではございません!!!ご安心を!!!こんなんでいかが。。。


追記 そこの涙のお方、本気かしらん。
    送りつけますことよ。実はまだ種、ございますのん。うぷぷ。


追記 10/16の午後郵送致しました。
    私は明日種を蒔く予定です。
    緑の親指ならず、ただのぶっとい親指の持ち主のわたす。。。
    来年、タルトやジャムにして食べられるかしらん。。。夢は膨らみ放題♪

[PR]
by mintoto2 | 2006-10-12 22:44 | へのへの園芸
種まき用土
懲りずにまた種蒔きです。春はほぼ全滅。ナメにやられちまいました(;_;)。
それに用土もイマイチだったし。今回は気分一新!種まき用土変えてみました。
うまくいくかなぁ・・・・ワクワク、ドキドキ。
c0017736_2261267.jpg←圧縮パームピート
説明書を読むと、水を注ぐと8倍にふくれ、550型プランター1鉢分の用土が出来上るとか。天然ヤシ100%。抜群の保水性とゆたかな通気性とか。フフーン。それになんと言ってもお安い。ホームセンターで1コ=175円也。

種まき用土は、いつもバーミキュライト・ピートモス・モミガラ燻炭をブレンドして作っていました。しかし、水がはじいてなかなかスゥーと浸透してくれませんでした。

c0017736_2262799.jpg
←これが8倍に増えたもの。
こんなに沢山あったら、もういっぱい種まきできそう(^。^)。
あるHPの調査によるとフツーの培養土より発芽率が良いそうな。ふふふ~ん、それは楽しみですねぇ。

9月3日にちょっと早いけど種まき決行しました。
☆お花
 ビオラ(F1ビビアンティークミックス)
 ビオラ(自家採取)
 花菱草
 アイスランドポピー
 アルメニア
 ネモフィラ
 紫花菜
 矢車草
 デージー
※ビオラ・花菱草・アイスランドポピー・アルメニア・ネモフィラの発芽適温は15~20度と低いので、これらは保冷剤を入れた発砲スチロールの中に入れてます。

☆食べられる物
 ロケット(自家採取)
 セルフィーユ(自家採取)
 サラダ用水菜(自家採取)
 ガーデンレタスミックス
 エンダイブ

9月8日
「お花」はビオラ・アイスランドポピー・アルメニアを除いて全て発芽。
「食べられる物」たちは双葉が沢山でています。
この圧縮パームピートなかなか良いです。
あとはナメやダンゴ虫やネキリ虫にやられないよう木酢液を霧吹き。
[PR]
by mintoto2 | 2005-09-09 03:09 | へのへの園芸