カテゴリ:パン( 11 )
オーブン無しで美味しいピッツア。
ガスオーブンから電気に換えて数年、未だ納得のいくピッツアが焼けたためしがありません。
もうお家で、美味しいピッツアは食べられないと半ば諦めておりました。
ところが去年、画期的なピッツァの作り方と焼き方の番組をチラっと見てビデオに収録。
しかしそれをも何時しか忘れ去り。。。
つい最近ビデオの整理中に見つけ、思わず見入ってしまいました。

なんと、ピッツア生地は2日間かけて発酵させ、焼きはフライパンとグリルでというもの。
1日目は常温(25度)で少し発酵させ、あとは冷蔵庫にて1晩低温発酵とのこと。
翌日、常温に戻し、フライパン(約2分)とグリル(約2分)で焼くのですって。
石窯なしに、あのナポリ・ピッツアみたいのが出来るんですってよよよ。

でもって、まずはタコとエビのピッツア。ソースやチーズは、きっちりレシピ分量とおりに。
c0017736_15224100.jpg
もうもう、これがとってもとっても美味しいのよよよ。
底はパリッと、生地は薄いのだけどひきもあって、薄切りにしたタコがいい味だしてます。


次はビスマルク・ピッツア
レシピではマッシュルームにハムなのだけど、無かったのでベーコンで、それと卵。
c0017736_1525791.jpg
卵はもっと固まって欲しかったのだけど、やさいい味のピッツアでした。

このレシピを教えて下さった山根シェフに頭が下がります。
私でも気楽に(ここんとこ重要!)ピッツアが作れちゃいましたのよよよ。
トマトソースは加熱無しで、生地は冷蔵発酵(旨みが増すとか)なのでのんびりびり。
生地とソースさえあれば、ものの10分もせずにピッツアは食卓に。
余ったソースや生地は冷凍可能。なので、いつでもピッツアが焼けるんですのよよよ。

ところでこのレシピ、10枚分の分量なので手捏ねではきついですよね。
私は半量(粉400g 5枚分)を、FP(日本製で粉150gが限度)でこねてみました。
150gしか捏ねられない、と嘆いていたのですが、分割して30秒ずつグルグル。
これを何度か繰り返してみたら結構いい生地に仕上がりました。
変な思い込みで使い手を勝手に狭めていたようで、なんだか得した気分。

さぁ、あと1枚分、冷凍庫に生地が残ってます。次は何をのせて楽しみましょうか。
[PR]
by mintoto2 | 2009-08-11 01:57 | パン
いちじくのガレット
1年前こちらで拝見したいちじくのガレット、ずっと気になってはいたのですが、パン生地に苦手意識があってどうにも踏ん切れずにいまいした。でも今年はベーグルで少しはパン作りにも慣れてきたようなので作ってみることに。。。
c0017736_22411454.jpg
レシピは図書館で借りて。いちじくをこれでもかっ!というほど思いっきりのせて。本ではお砂糖パラパラとふるのですが、カラメルソース(pinotさんのいちじくのキャラメリゼをヒントに)をたら~りたらたらかけて、バターを所々にちらしていざオーブンへ。

ありゃりゃ。なんですろ。いちじくがするりとすべり落ちて。なんだか見栄えがよくないな~。
それにこちらにも全然似ていない。パン生地膨らみすぎじゃないですろ。
c0017736_22413010.jpg
とまぁちょっと落胆しつつ口に運べば、んまぁ~このパン生地の美味しいことといったらございません。生地自体に甘味はそんなに入れてないのだけど、キラメルソースの優しい甘さが心なごませます。おいし~い! んでいちじくはというと…う~ん、仰せの通り皮のまんま焼いてしまったので、嫌いとするいちじく独特の匂いが際立ってしまい…う~ん、う~ん。どちらかというと私は生のいちじくのほうが好きかも~。┐(-。ー;)┌

■ モーニングブレッドとパンケーキ 堀井和子 柴田書店 1800円 1998年発行

いちじく、こちらは産地に近いので直売所ではまだまだ沢山並べられております。それも1パック100~300円。おかげでいちじくから抜け出せず、あと1~2品作らねば(^_^;)。


↑の生地を使ってりんごのガレットも作ってみました。
c0017736_2242083.jpg
紅玉が無かったのでフジで。レモンを絞ってお砂糖をふりかけて、シナモン(ふりかけすぎ)、アクセントに赤いクコの実を散らして。
c0017736_22421478.jpg
りんごの生を直接焼いたのははじめてでして、なんだかフカフカした食感になりました。なるほど。煮りんごとは違う食感になるようです。願わくばシャキシャキ感が残って欲しかったな。カラメルソース味には及ばなかったけど、まずまずの美味しさでした。合格!

ところで「いちじくのガレット」へのリンク先、多分みなさまご存知ですよね。
ばーさんがじーさんに作る食卓」 ついにご本が出版されるとか。関連記事はこちら
[PR]
by mintoto2 | 2006-10-20 23:30 | パン
ベーグル3種・ヨモギと薬膳とゴマ
azumiさんのつるつるなベーグルを見て私も久しぶりにベーグルを焼いてみました。一つはヨモギにグリーンピースの甘煮(余り物)を入れ、もう一つは薬膳風に松の実・クコの実・生姜の砂糖漬けを。さてさてどんなお味になるでしょうか。。。
c0017736_20141745.jpg
いつものように手抜きのFPまかせといきたいところでしたが、柔らかい材料は潰れてしまうので生地が捏ね上がった後混ぜて手捏ねに。手捏ねだと生地の状態がよくわかりますね。

さてと、今回は和風でベーグルを頂いてみることに。薬膳ベーグルには「ごぼうチキン味噌マヨネーズサラダ」を挟んで、ヨモギベーグルには餡子を。
c0017736_20143458.jpg
オホホ、とても美味しい。薬膳の方は松の実の油臭さが気になっていたのですが、このサラダ(ゴボウや味噌)で打ち消されたようでススミます。ヨモギの方は何の文句もなく美味しい。餡子ですから合わないわけはありません。

実はこの餡子、この春の新商品「パンにぬるシリーズ」の一つなんです。
c0017736_20144659.jpg
原材料は国産小豆・砂糖・寒天の安心素材。甘さは45度。軽くてパンに塗る前に一瓶いっちゃいそうなくらいでした。って今成分表を見ながら残り全部食べちゃった。オヨヨ

これは白・黒ゴマ入りベーグル。
c0017736_2015118.jpg

ゴボウのきんぴらを無理矢理押し込んでと。。。
c0017736_20151350.jpg
ベーグルってついクリームチーズ塗りたくってしまいがちだけど和風のオカズとも相性いいみたいです。美味しい美味しい。あとほかにどんなものが合うのかしらん。。。
[PR]
by mintoto2 | 2006-06-15 23:15 | パン
ベーグル・シナモン&レーズン
c0017736_22412280.jpg前回作って失敗したレーズン入りベーグル。再度作ってみました。

今回は最初からレーズンを全量入れてFPを回しました。生地にもレーズンが混ざってしまってきれいな形のレーズンは見当たらないけど、これはこれで美味しい。

けど…粒々も残したいな。FPでは無理なのかな。やっぱり手捏ねでなければダメなのかな~( ̄~ ̄;)ウーン。
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-03 23:25 | パン
ベーグル・フルーツミックス
c0017736_22364919.jpg想定外のキツネ顔のベーグルが出来ちゃいました(涙)。ラブリーなハート型になるよう成形したつもりなのに。耳が…尖っちゃってます、トホホ。

しかしお味は物凄く美味しくて、更にこの尖ったお耳が香ばしくもカリカリして実に美味しかった。

なんてったってクリスマス用にと大事に取っておいたフルーツミックス(年代モン)使っているもんね。このミックスは「うめはら」の物なんですが、中に入っているオレンジが風味も味も抜群なんですよ。

c0017736_22371493.jpg
ラブリーなハートのベーグルに見合うよう用意しておいたピンクの用紙とレースペーパー。無理矢理キツネ顔のベーグルを乗っけてパチリ。

しかし小麦色に焼けた肌には似合わないよね、“o(><)o”くう~。 
[PR]
by mintoto2 | 2006-05-03 23:00 | パン
ベーグル・よもぎ&甘納豆
c0017736_2126693.jpg庭の雑草が春の陽射しをいっぱい浴びてスクスクスク。仕方なくむしり取りまくっていたら、あらら、よもぎを発見!ちょうど欲しいと思っていたのです。急遽よもぎ摘みに変更…つうたって狭い庭2~3分で終了ですけど…。で、早速よもぎ入りのベーグルを、ついでに甘納豆も入れて作ってみました。

1度目は生地が捏ね上がった後、甘納豆は手で混ぜ込みました。しかし豆が潰れたり表面に出たりで散々な結果に。なので2度目は伸ばした生地に豆を置いてクルクルクル巻いてみました。

c0017736_21262413.jpg←このような状態に。空気穴がぽっかり空いちゃいました(汗)。理想はもっとムギュ~と生地が詰っていて欲しかったな。マキマキは難しい。

お味は美味しくて文句無し!引きも強くモチモチ、よもぎの香りと甘納豆の甘さ、これはクセになります。母の所に持っていったらえらく気に入って貰いました。嬉しかったのだけど…なんとなく饅頭仲間と思っているフシが…おかーさん!これはパンです。ニューヨークでは大流行なの!
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-30 22:00 | パン
ベーグル・チェダーチーズ&ブルーポピーシード
今回はチェダーチーズとブルーポピーシードの組み合わせでベーグル作ってみました。
チェダーチーズはダイスに切って、形が残るよう生地が捏ね上がった後加えて、FPでガーッとひと混ぜ。ぐがぁ、チーズゴロゴロを想定していたのに溶けて所々生地に混ざってしまいましたよ( ̄~ ̄;) ウーン。。。
c0017736_2359757.jpg
で焼き上がったものを食べてみますと…(◎-◎)すんごく美味しい!チーズの風味が口一杯に広がります。表面の焦げたチーズも香ばしく、もっといっぱい露出させるんだったと後悔。チーズが溶けて混ざって(問題なし)柔かめな生地になったけど、引きが強くてモチモチしてブルーポピーシードのプチプチ感も楽しくて、これはヒットです。ブルーベリー同様、定番に決定!

c0017736_23594325.jpg今回から粉と水を変えてみました。分量は同じなのに膨らみ方が歴然と違います。ひきも強いし。味の違いは…分かりません。

粉……スーパーキング(最強力粉)
水……硬水
砂糖…三温糖
塩……シママース
イースト…サフ・インスタントドライイースト
オリーブオイル…あるもの
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-28 23:45 | パン
ベーグル・ブルーベリー
c0017736_0375937.jpg顔色の冴えないベーグル。ブルーベリー(ドライ)で作ったらこのような色になっちゃいました。

粉150gにドライブルーベリーを30g。ウチ1/3量を最初から混ぜ込み、残りは生地が捏ね上がったのちFPで1分ほど混ぜました。

クリームチーズをたっぷり塗って、ガブリ!ブルーベリーの酸味とクリチの相性ピッタンコ。
ベーグルのモチモチした歯応え粉の旨み。あ~美味しゅうございますよ、かなり! 私は5つも食べてしまいました。勿論2回に分けて。。。その日は2回も焼いたのでした(^_^;)。

c0017736_0382797.jpg←これはパンの羽根 国産N社のFP用のものです。

最初見た時、頼りなげでほんとにこれでパンが捏ねられるのだろうかと不信感あらわでしたが、最近これに頼りっぱなし。私のベーグルライフには不可欠です。

手捏ねのほうが美味しいらしいのですけど。。。体力無くて、図体だけは大きい!(恥)
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-27 01:30 | パン
ベーグル・ドライ苺&フリーズドライストロベリーパウダー
c0017736_23283871.jpgとうとうベーグルにハマってしまいましたよ。

今日はドライ苺とフリーズドライストロベリーパウダー(長い!)を使って作りました。しかしあんまり苺の風味感じません。それにはじめからドライ苺の刻んだものを入れてFPにかけたものだから、あんまし粒が残ってないし。もうちょっとフリーズドライ苺(以下省略)入れればよかったかな。
c0017736_2328517.jpgゆうくり~むママさんの真似っこをしてベーグル生地でお花の形のパンを作ってみました。本物はすごく可愛いかったのですが私のはシワシワに。ううう

オーブンの温度と茹で上がり時間に気がいってすっかりケトリングのお砂糖を入れ忘れてしまいました。( ̄‥ ̄)=3

c0017736_23291496.jpg私のオーブンの発酵機能は40℃。温度が高すぎるのである一定の温度になったらスイッチを切ります。その指針となるのがこの温度計。これ100円ショップで買いました(^_^;)。

私がパン作りに足を踏み出せなかったのは温度管理に悩んでいたから。それがたった100円の温度計を買うことで解決しました。高ければスイッチを切り、冷めたら温めるとです。
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-18 23:40 | パン
ベーグル・セサミ
c0017736_20564299.jpgまたもや、ベーグル焼いちゃいました。今回はゴマを入れて。

つるつるお肌になるよう生地を傷つける濡れ布巾は使用せず、オーブンで発酵させる際には熱湯が入ったボールを庫内に置き湯気をモウモウと立たるよう致しました(バームさんの教え)。その甲斐あってか前回のものより肌に改善が見られ。。。ますよね、ちょこっと(汗)。

今回は発酵、茹でと生地の具合もよく順調にことは運んでいっているワイと内心ワクワクでしたが、が~作業が早すぎて、オーブンの設定温度まで上がっておらずしばし待つことに。確か茹で上がったら一気に高温で焼くことが大切と聞いたような。。。ああ。

側面からはこんな↓。もうちょっと高さが出てくれたらな~。
c0017736_20565843.jpg
お味はモチモチっとして、噛みごたえがあって美味しかったのですけどね。
次回は、茹で上げたら即オーブンに入れられるよう時間配分に気をつけなければ。。。
[PR]
by mintoto2 | 2006-04-16 21:45 | パン