温泉卵、実験開始!
温泉卵入りのお吸い物を作ろうと、市販品を買いました。どんなに美味しいお吸い物ができるのか、とても楽しみにしておりました。ところが卵を入れた途端、汁が濁り、黄身からは生よりほんのちょっぴり固めの液体がトロトロトロ~と流れでてきました。あれぇ~、温泉卵ってこんなんだったっけ、と、がっくし。オマケにちょっと生臭いし。こんなん嫌じゃ。

かくして、こちらに続いて温泉卵、実験開始!とあいなりました。
初回はぶっかけうどん(温)で頂いてみることに。
c0017736_1394993.jpg

黄身はこんなふう。
c0017736_140615.jpg
ちょっと固まりすぎかも。次回はもうちょっと温度を下げたほうがいいかしらね。

① 道具は、小さな発泡スチロールの箱と温度計。
② 熱湯4:水1 のお湯を1000cc この時点でお湯の温度は78℃
③ 卵2個入れます。かき混ぜると 温度は75℃
④ 蓋をして20分間そのまま 温度は67℃まで下がってました。
⑤ 冷水にて冷却


ところで理想の温泉卵ってどんなんかしらん。明確に定義できないんです(>_<)。
熱く語れない自分がハガユイ。温玉博士!、ヒマな折、ご指南くださいませね。
[PR]
by mintoto2 | 2008-09-30 01:31 | 料理
<< ウフフな温泉卵。 緑のカーテン計画 濡れ衣 >>