自家製ドライチェリー
自分でもよく分からないのだけど、旬の物を見ると干してみたくなってしまいます。
干すことで味がギュッと濃縮され、しかも保存性も良くなっていいことづくめなんですもの。

で、沢山採れた庭のさくらんぼで干し物を。ドライ苺の要領で作ってみることに。。。
c0017736_043561.jpg
こんなん出来ました~。一見して赤いレーズンみたいな。
なんかショボそうに見えるかもしれませんが、これが食べてびっくり玉手箱。
ほのかな桜の香りとなんとも言えない甘酸っぱさにクラクラ~。おいち~。
たった一粒、口に入れただけなのに。オドロキの美味しさでしたよ。

とその前に、チマチマと面倒な種取りと整列作業に励まねばなりませんけどね。
c0017736_045399.jpg

さらに、鳥に狙われないようヒカリモノをかざして(^_^;)。
c0017736_051156.jpg
効果抜群、してやったり!チュンともキキキの声も聞こえてきませんでした。
さくらんぼの鳥対策、CDを木に吊り下げておいても効果があるんだとか。
フムフム、やっぱ敵(鳥)はヒカリモンに弱いってことですかね。むふふ

結局、生のさくらんぼ550g(種抜き)に対して160gのドライチェリーができました。
c0017736_052841.jpg




<材料>  さくらんぼ 好きなだけ、グラニュー糖 さくらんぼの25%、レモン汁 少々
(1) さくらんぼに切れ目を入れて種を取り除きます。
  熟して柔かいと押すだけできれいに取れるのですが、固い場合は切れ目を長く入れて種をかき出します。
(1) ボールに材料を全部いれて軽くまぜ、ラップをして冷蔵庫で2日間ほどおきます。
  グラニュー糖が溶けるよう、時々かき混ぜますがさくらんぼを潰さないよう。
(2) 水分が出てきてグラニュー糖が溶けたら、鍋に入れて強火で7~10分煮ます。
(3) ザルにさくらんぼをあけて(一粒ずつ)余分な水分を落とします。   
(4) オーブンペーパーにさくらんぼを並べ、110℃の温度のオーブンで10分焼きます。   
   スイッチを消してもしばらくそのままに。
(5) 冷めたら、にオーブンペーパーごとザルにのせ乾かします。
   手にベタベタくっつかなくなったら出来上がり。
[PR]
by mintoto2 | 2008-05-21 23:50 | その他のお菓子
<< 南のラズベリー便り① 「青い実」編 さくらんぼVS鳥軍団 こんなん... >>