アスパラと目玉焼き。
アスパラが美味しい時期になりましたね。そこで、絶品「アスパラ目玉焼き」のお料理をご紹介させて頂きまっする。「へっ、そんな簡単なもんわざわざ載せんかて…」と、お思いのアナタ、確かに…。んでもすごく美味しいので紹介させて頂きまっする。私の中ではアスパラ部門、目玉焼き部門においてダントツなんですもの、これが。

まずは作り方をば。フライパンに油をしいてアスパラを防波堤のように置き、卵を割り入れます。防波堤は、白身が流れて相手方(2人分同時焼)に侵入しないためにも必要なんです。

次に、私の愛してやまない究極の目玉焼きを語らせていただきまっする。火加減は中火より弱め。白身の底が香ばしく焼けて、黄身から小さな泡がブクブクと湧き上がってきたら勝負のしどころ。一番美味しいと思う(経験値…見極めが肝心)1歩手前で火を止めます。なぜって、火を止めたあとも卵は固まっていきますものね。

出来やした~。究極の目玉焼き♪ と自画自賛(^_^;)
c0017736_2124810.jpg

お醤油をかけて~、いっただきまっする♪
c0017736_21242869.jpg
まずはアスパラから。同じアスパラでも茹でた物とは雲泥の差。勿論、茹でたのも美味しいけど卵と一緒に焼いたのは、格段と美味しいんです。ジューシーさを保ちつつ濃縮されて。時々白身にも箸をのばし、パリパリな香ばしい底とお醤油をからませて頂きまっする。美味しいのなんのって。ぶはは~~~。

そして最後に控えしは、黄金色に輝く黄身。周囲を食べ尽くして、やっとこさ辿りつきました。
c0017736_21263889.jpg

さて、ここから最も緊張感あふるるところです。心して持ち上げねば。。。
c0017736_21265410.jpg

本来ならば黄身が垂れないうちに、素早く口に運びたいところですが、どんな焼き具合かお見せしなければね。焦げた白身と、黄身の「固さグラデーション」が見てとれますでしょうか。
c0017736_2127791.jpg

どうよ!このトロリ加減。絶品なの~。
c0017736_21272487.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2008-03-14 22:40 | 料理
<< ブロッコリーの花 糊こぼし…遠く及ばず。。。 >>