風邪にご用心!
+++ 紅茶倶楽部 部活 №3 +++

こちらではここんとこ暖かい日が続いています。
このまま春…いえいえ寒さはこれからが本番ですよね。
風邪を引かぬよう、去年からせっせと生姜ペーストで作った飲物を頂いています。
そのせいかどうか、いつもならお正月明けに風邪をひくことが多いのですが、
誰も風邪を引いておりませぬ。

ある日はランチで。豆パンと生姜紅茶を。
普通に紅茶を入れて、生姜ペーストをお砂糖代わりに。
ペーストを入れると紅茶が濁ってしまうけど仕方がない。
これを飲むと、体がポカポカ温まります。
c0017736_1105527.jpg

c0017736_1111572.jpg次は、ジンジャーミルクティーで。
鍋に水を入れ沸騰したら火を止め、紅茶葉を入れ蓋をしてしばらく蒸らします。その後牛乳を入れて温め、生姜ペーストを加え混ぜ漉したら出来上がりです。あとクローブやカルダモン等を加えたら本格的なスパイスティーになりますね。

こんどは、シンプルに生姜湯で。
ストーブの上でシュンシュン沸いてるお湯を注いだなら、もうそれだでピリリと辛くて甘い飲物に。生姜は風邪の初期や食中毒(韓国ドラマの影響)にもいいとかでじゃんじゃんと飲んで健康を維持したものです。

c0017736_1113962.jpg生姜ペーストは去年の夏以来ずっと。本を見てその食し方の斬新さを試してみたくて。どんなのかと言うと、食事の後の口直しに、このペーストと生クリームを合わせたものと京番茶を一緒に頂くと美味しいとのことでした。
ええええ、真似っこしてみましたとも。でもね、京番茶が飲めない。どうにもこうにも。まるで籾殻薫炭のようないぶした臭いが強烈すぎて。あのラプサンスーチョン(正露丸のような匂いがする紅茶)の方がまだましと思えるほど。
ああ京番茶。。。す○○?(^_^;)

c0017736_1115839.jpgこの生姜ペースト、お料理にも思いの他大活躍。鯖の味噌煮、豚の生姜焼きにだって。卸し金でする手間が省けて樂チン。
では、生姜ペーストの作り方をば。
生姜を薄く切って水に1~2時間ほど漬けてアクを抜き、1~2回茹でて(水から)辛味を抜いたあと、同量のお砂糖とひたひたにかぶるほどの水を入れて20~30分ほど煮た後、ミキサーにかけ、再び鍋に戻して練り上げます。最後にレモン汁を数滴垂らすと、生姜の色が幾分冴えてくるような。  

さて、あるお方が生姜紅茶を飲んだその年は風邪を引かなかったとか。俄然せっせ。お腹ちゃぽんちゃぽんな日々。

[PR]
by mintoto2 | 2008-01-13 02:00 | その他のお菓子
<< ルピシア2008年福袋 明けましておめでとうございます。 >>