飛んできましたデニッシュ食パン。
北の大地にお住まいのこの方から心のこもった品々が送られてきました。
デニッシュ食パンに豆マメブレッド、ラズベリージャムに柚子ケーキとどれもこれも手作り。
全品、片っぱしから口に入れたい衝動を押さえて、がまんの子。う~う~。
c0017736_122583.jpg

でお昼にワクワクしながら、まずはデニッシュ食パンを頂きました。
c0017736_124852.jpg
サクサクサクと軽い食感。豊かなバターの風味が口一杯に広がって、とても美味しい!
さらにラズペリージャムを乗っけて食べたなら…(◎-◎)。
ラズベリージャムってこんなに美味しかったっけ。その上、香りが素晴らしんですよ。
まるで桜の葉っぱのような。人を夢見心地にさせる香りなんです。
さすが、お庭で採れたラズベリーのジャムは、市販のものとは一味も二味も違ってました。
あう~。来年こそはちゃんと実のなるヤツを手に入れるど~~~。

えっと、ラズベリーに熱くなっちゃて…おかずのご紹介まだでしたね。
次は、ほうれん草と白いホニャララの和え物ざんす。
ホニャララって何でしやう? わかるかにゃ~。
c0017736_13570.jpg
正解は豆腐、じゃなくてカッテージチーズなんですよ。自家製のね。
茹でたほうれん草とカッテージチーズをめんつゆで合えた物なんです。
先日、岡田美里さんがテレビ(その時はクレソンを)で紹介されていたのを見ました。
ちょうど、牛乳はダボダボあるし、ほうれん草はだんだん食べるのシンドくなってきているし。
で真似っこしてみましたらば、これがかなりなヒット!美味しかったのですよ。
作り方も簡単で、自家製カッテージチーズなんて、ものの5分でできちゃうんですもの。

<作り方> ほうれん草は茹でて適当な長さに切っておきます。
鍋に牛乳(2人分で300cc位)を入れ、10秒ほど沸騰させ火を止めます。お酢(牛乳の3%)を加えてかき混ぜ続けます。しばらくすると分離してきて、水分が透明になってきたら固形分を玉じゃくしですくいあげます。水気を切ってほうれん草、薄めためんつゆをかけ、混ぜ合わせたら出来上がりです。


次は今秋、気に入って食べ続けたカスピ君とバナナ、無花果の白ワイン煮のせ。
c0017736_133241.jpg
いろんな無花果のジャムを作ってきたけど、この白ワイン煮が一番のお気に入り。
レモン果汁たっぷり、白ワイン少々、糖分はギリギリの10~30%に抑えて。
果肉が煮崩れないよう、水分が無くなるまでコトコト炊きます。
そうすると果肉ねっとり、プチプチはじける種、より鮮やかな赤い色になって、美味しすぎ~!
[PR]
by mintoto2 | 2007-12-12 01:30 | 料理
<< つるん・ぴりりなパンナコッタ。 新生姜のパウンドケーキ >>