新生姜のパウンドケーキ
ここんとこ生姜のスイーツに夢中です。生姜は漢方薬の一つ。ちょっとばかし甘くたって、身体にいいもんなんだかだ~、と新生姜のバウンドケーキを作りました。
c0017736_1723188.jpg
レシピは小嶋ルミさんの「おいしい生地」から。
このケーキ、バターの扱いが今までとは違って、最後に溶かしバターにしてから加えるんです。さ~て、出来上がりはどんななんでしょうかね。
c0017736_1724790.jpg
バターケーキ(BP不使用)なのにふんわりしています。いつもの(クリーム状)だとどっしりとした感じなのに。これほど食感が変わるとは、びっくりです。さて、お味はというと、生姜の甘煮たっぷりなスパイシーケーキ、舌にピリリ。でも優しい甘さで緩和され。食べすすんでいくと、身体がホカホカと暖まってきます。これからの季節にぴったりなケーキかも。


生姜は風邪の初期症状や咳・喉の痛みに効果があり、身体を暖める働きがあるそうです。
風邪予防のためにも生姜を沢山摂りたいものです。なので次は生姜糖をば。
c0017736_1725211.jpg
これはこの夏に作ったものなんですが、もう病みつき。辛くて甘くて美味しい。私は夏~秋にかけ夜、口淋しい時これで凌ぎました。そのせいかどうか別にダイエットしたわけではないのに、ウエスト指3本(微妙~)ゆるくなりました。聞くところによると生姜には脂肪燃焼効果もあるんですってよ~~。

<作り方> 生姜は皮を剥いて繊維に沿って厚さ1ミリに切り、1~2時間ほど水に浸してアクを抜きます。
それを2回ほど茹で(水から)こぼします。鍋に生姜・グラニュー糖(生姜の60%)にひたひたの水・を加え、弱火で水気が無くなるまで煮詰めます。ねちょねちょとして水分がなくなってきたら取り出し、グラニュー糖をまぶします。
ザルに並べて半日~1日干し、手にくっつかなくなるまで乾燥したら(まだ柔かい)、ビニール袋に入れて乾燥剤を3~4個入れて保存します。
   ※ あまり煮詰めすぎるとお砂糖が焦げてカラメルになっていけません。
   ※ 1回の分量は生姜は200gが適当かと。多いとグラニュー糖をまぶすのに手間。

4/1追記 自家製の生姜糖は市販の物(漂白剤使用)に比べるとかなり色味が悪いです。
      なので仕上がり時にレモン汁を少し加えると多少改善されるように思います。

                  
leperlineさんがご紹介してくださった生姜糖(島根の來間屋)は生姜の絞り汁と砂糖を溶かして固めたものらしく甘味も辛味もマイルドなものとか。片やstudiopinotさんがお作りになる生姜糖は砂糖を結晶化させたもので、アイスクリームやブディングと一緒に頂くと美味しいんですって。一口に生姜糖と言っても、いろいろあるもんですね。
[PR]
by mintoto2 | 2007-12-03 17:30 | 洋菓子
<< 飛んできましたデニッシュ食パン。 蕎麦ぜんざい。 >>