土鍋 de 豆腐
土鍋シリーズ第3弾、今回は白い食べ物でございます。な~んだ?
c0017736_2245511.jpg

ってすぐお分かりですよね。そうです、お豆腐なんですよ。
c0017736_2251661.jpg

苦節んヶ月、やっと満足のいくお豆腐が作れました。
どうです、このエッジ。しっかり固まってますでしょ。えへん、おほん、うふん♪
c0017736_2252811.jpg

今まではこんなかんじ。電子レンジや蒸し器、土鍋やルクで作ってみましたが、どれもイマイチな出来でした。固まったかと思えても、匙を入れるとボロボロ崩れて離水してと、散々。
c0017736_22521396.jpg

ではどうしてしっかり固まるようになったかってぇ、まあ聞いておくんなまし。

c0017736_2252259.jpg豆腐は豆乳とにがりで作ります。

豆乳は成分無調整で大豆固形分10%以上の濃いものを使用。これを知らず8%のもので作って何度失敗したことか…トホホ。
にがりは天然の物がよろしいかと。

で豆乳に対してにがりは1%。にがりを入れすぎると苦味が出てきて不味いです。何事も適量が大切ですね。

<材料:そば猪口2杯分>
 豆乳・・・・・・250cc
 にがり・・・・・2.5cc(1%)
 水・・・・・・・・25cc(10%)
<作り方>
(1) にがりと水を合わせておく。
(2) 豆乳ににがりと水を合わせたものを入れよく混ぜ合わせる。
(3) そば猪口に注ぎいれ、表面の泡を取りアルミフォイルの蓋を被せる。
(4) 土鍋にキッチンペーパーを敷き、その上にそば猪口をのせる。
(5) 土鍋に熱湯を注ぎ、火を点けフツフツと8分間沸かし続ける。
(6) 火を止め、土鍋の蓋をして20~25分おきます。
   するとそれはそれはなめらかなお豆腐の出来上がり♪

  ※にがりの凝固が始まるのは70~75℃。
    フツフツと8分経過するとそば猪口の内部はだいたい75℃くらいになってます。
    7分ではまだなんです。温度計を突き刺して確認しましたのでね。
  ※前回のプリンではフツフツは5分間だったのに、今回はなぜに8分間?
    プリン液は既に40度に暖まっているのに対し、豆乳は冷蔵庫から出しだち。
    冷たいままからなのでプリンより時間がかかるのです。


お豆腐といっても、あの木綿や絹豆腐の食感ではなくもっとやわやわ、そう豆腐花のような。
…って本物の豆腐花は食べたことがないのですけど、おそらく(^_^;)。
アツアツで喉越しつるん、んもぉすんごく美味しいです。

んでこんな風にデザート感覚で頂いてみましたら…これも美味しい。
黒砂糖を好きなだけのっけて、生姜汁を垂らしたりなんかして。ムフフ♪
c0017736_22524473.jpg

[PR]
by mintoto2 | 2006-12-20 23:30 | 料理
<< 一夜干しふくの炊き込みご飯 土鍋 de プリンⅡ・栗 >>