がんづき(黒砂糖蒸しパン)
ずっとずっと美味しい黒砂糖蒸しパンを作りたいと思ってました。温かいうちはまずまずの美味しさなのに冷めるとパサパサになってしまいます。糖分を増やすかそれとも油脂を入れたらいいのかと試行錯誤の連続。なかなかこれはというものが出来ません。

と・こ・ろ・が、もうすっごく美味しいのが出来たんですよ~~~。思わず叫びたいほどに。勿論、私が編み出した訳ではありませんことよ。本を見て作ってみたのです。
c0017736_23501482.jpg
■参考図書 モーニングブレッドとパンケーキ 堀井和子 文化出版局

なんでも宮城県にお住まいの妹さんから教えてもらったレシピとか。宮城県では黒砂糖入り蒸しパンを「がんづき」と言うそうですね。材料は黒砂糖・水・牛乳・卵・重曹、それになんとりんご酢が沢山入っているんですよ。大さじ1とか2なんてではなく。ドボドボと。

c0017736_2350289.jpgむか~し和菓子屋さんで買ったみたいなしっとりふわふわ。まさに食べたかった黒砂糖蒸しパン。油脂ゼロ、砂糖もそんなに多くなくて。絶品なお味。やっと出会えました~♪
しっとりしているのは水分が多いせいもあるようで。その分重曹も多くなっているのですが、全然重曹臭くありません。りんご酢が重曹のクセを和らいでくれて、ほんのりりんごの香りもしています。

あまりにも美味しくて、夕方まで顔がほころんでしまいました。これでいつでも食べれるぞい!


次に、これも気になっていた辰巳芳子さんの「玄米スープ」。
c0017736_2350535.jpg
■参考図書 あなたのために いのちを支えるスープ 辰巳芳子 文化出版局 2,600円

テレビで彼女のスープ作りに取り組む真摯な姿勢を見て、なまくらな私は恐れをなしつつ気にはなっていました。これまたテレビである女優さんが由布院にある老舗旅館の朝ご飯に出てきたクレソンのスープをえらく気に入ったようで大絶賛してました。クレソンは由布院に自生している植物。これをなんとか生かしたいとこの旅館の女将さんがわざわざ辰巳芳子さんのもとまで習いに行って覚えたスープだとか。私も飲んでみたい。

しかしクレソン、スーパーではちょろっとしかもお高くて。ぱらぱら本を開いてたらこの玄米スープに目が止まりました。これなら出来るかも。しかもすこぶる評判の良いスープのようです。
c0017736_23512599.jpg
玄米を洗ってざるにあげること数時間。フライパンで炒った物をコトコト30分煮出します。それを漉したものが玄米スープ。香ばしい玄米の香りが口いっぱいに広がって、梅干しのほのかな酸味と昆布のうまみ。しみじみ。強烈においし~いって物では無いけれど、飲んだあと体中に染み渡る感じです。まさに滋味溢れるスープ。

彼女のレシピは私にはハードルが高いのですが、少しずつ近づいていけたらいいな。
[PR]
by mintoto2 | 2006-12-06 23:30 | その他のお菓子
<< 生姜たっぷりあんかけ豆腐 男爵のニョッキと誘惑?? >>