干しいちじく
今年、はじめてドライいちごなるものを作って、以来ドライ物に夢中です。でこの度はいちじくで作ろうと。調べてみると砂糖煮にして機械で乾燥したり、お日様に干した後オーブンで低温乾燥したりして作るそうです。時は10月。湿度も低いようなので、天日干しにしてみることに。
c0017736_21543124.jpg

まぁ~それがなかなか乾きにくくて。ザルを持って日の当たるところを探してエッサッサ~ウロウロ。数日後、心なしかすえった臭いがほのかに。うわぁ~どうしやう。
c0017736_21544510.jpg
なんとかしなければ。思いついたのが車の中。これはなかなか具合がよくて、以後変な臭いもしなくなりました。10日経った頃、触ってみると皮のところがネチネチ。思い切って、意を決して口に運べば・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
な・な・なんと!おいしーい! ひなびた甘さにプチプチした歯ざわり。滋味溢れるお味。嫌いなのに仕方なく買っていたセミドライいちじくとは大違い。ただ中には種だけプチプチしてスカスカのものもありました。糖度の高い低いによって出来上がりも当然違うんですね。


c0017736_21565330.jpgこの器は今月 小鹿田(おんた)焼民陶祭にて買いました。技法は刷毛目でしょうか。

一目見て瞬時に3種類のお料理が頭の中に…とはいきませんでしたが、持ち帰ってすでに3種類のお料理を盛りました。この深さ、なかなか使い勝手が良いみたい。しかも。いつもの料理がなんだか美味しそうに見えてく~る。

[PR]
by mintoto2 | 2006-10-28 23:50 | その他のお菓子
<< きみしぐれ(かぼちゃ) いちじくのパイ >>