サルティンボッカ(豚肉で)
以前レストランで頂いた生ハムといちじくの組み合わせ。生ハムは苦手だけどこれは美味しかった記憶があって、それにtnk_atkさんのこんな画像が頭にこびり付いて、いちじくが旬の今、早く作らねばとイタリア産の生ハムを買い行きました。ぐがぁ、品切れ。急にブレーキかけられたって作りたい気持ちは誰にも止められません。横にイベリコ豚の生ハムがあったけど手が伸びきれず、手近な国産に。こわごわ乗っけてみました…1人1枚ぽっち(^_^;)。
c0017736_19323932.jpg
う~んう~ん、口に入れるやいなや脂が溶けてトロッとなるはずなんだけどなぁ、厚すぎてモサモサ。ってイメージ先行しすぎかしらん。。。


苦手な生ハム、実は「サルティンボッカ」というお料理を作りたいがためでもあったのです。
落合務氏がテレビ(NHK生活ほっとモーニング 2006年7月11日放送分)で豚肉と青シソで作られているのを見て、ふ~んへぇ~そんなお料理もあったのねぇてな具合だったのですが、ippopotamooさんが牛肉とセージで作られてるのを見て、絶対作ると決めてました。
c0017736_19325836.jpg
豚ロース肉にセージの生葉を乗せ生ハムを巻き、カレー粉と小麦粉をまぶしてフライパンで焼いただけ。ちょっと生ハムの塩気を甘くみてしょっぱくなってしまったけど、生ハム苦手の私でもすごく美味しく頂けました。簡単なのに美味しい、これ一番ですね。


いちじくの赤ワイン煮に水切りヨーグルトを添えて。
c0017736_19331455.jpg
さっぱりしながらもコクがあって美味しかったです。カロリー控え目なところもいい感じ。

こちら産地に近いので11月頃まで産直市場に出回ります。まだまだまだまだいちじくを使ったお菓子などなどupの予定。いちじくの苦手の方すみませ~~ん。
[PR]
by mintoto2 | 2006-09-28 19:33 | 料理
<< 醤油味の栗おこわ 桔梗(和菓子) >>