ボンゴレ・ロッソ --- セミドライトマトで ---
ずっと以前より作りたかったセミドライトマト。庭のミニトマトでと計画していたのだけど、ぼっちんぼっちんしか色付いてくれません。待ちきれずに市販のトマトで作ってみることにしました。
c0017736_23412085.jpg
120度のオーブンで1時間。まだ水っぽい感じでしたが待ちきれずに終了。オリーブ油に漬け込んでさてさてこれで何を作りましょうか。作りたいリストはたくさんあれど、ちょっと背伸びをしなければ作れないものも多し。

leperlineさんチで見かけたボンゴレ・ロッソがとても美味しそうだったので早速真似っこ。
c0017736_23414628.jpg
実は2人とも3月にアサリにあたってしまい、それ以降恐ろしくて食べてなかったのです。が、あまりにもソソラレル画像と記事につい、フラフラと。ビクビクしながら作ってみることに。
アサリがいい味出してます。そしてなによりセミドライトマトが美味しい。トマト本来の味(酸味と旨み)がぐぐっと濃縮されて。それに炒めてもぐちゃぐちゃにならないで形を保っているし。夢中で完食。おいしかった~♪ 

2日後、で次に何をとオイル漬けセミドライトマトの蓋を開けてみたら、ら、ら、ガ~ン、白カビがはえてます!オイル漬けだからと冷蔵庫には入れず常温においていたのがいけなかったのか、それともトマトをもっと乾燥すべきだったのか。そう言えばazumiさんが賞味期限は2、3日って言われていたっけ。ちゃんと聞いておけば良かったよ~。勿体無いけどすべて破棄。

しか~し幸いなことに冷凍してた物もありまして、これをソテーしてみようかと。
でチキンとズッキーニのソテーにセミドライトマトを加えて作ってみることに。。。
c0017736_2342313.jpg
鶏はオリーブオイル・ニンニクスライス・粒マスタード・塩・黒コショーであらかじめマリネしてたのを焼きます。いつもなら鶏に十分火をとおさんがため焼きすぎてパサパサになってしまうのですが、ここはチキンソテーの名人mayさんの技を真似っこして弱火でじっくり焼いてみたら、今までとは月とスッポン、皮は少しパリパリ(まだ修行の身)、中は柔らかくてジューシーに焼き上がりました。すごく美味しかった。同じ材料でも焼き方ひとつでこうも違うんですね。うれしい発見。

ズッキーニは干し野菜(お日様に1~2時間当てる)にすると水分が飛んで美味しくなり、使用オイルも少なくなるように思います。先日雨で干せなくてそのままソテーしたら油っぽさが気になりました。で肝心なセミドライトマトのソテーは…今回は無くてもいい。ソテーはしないでそのまんまが美味しい(爆)。
[PR]
by mintoto2 | 2006-07-03 23:30 | 料理
<< 梅仕事 枇杷 >>