豆ご飯
いつも行く直売所で空豆の生育不良のような小さい莢のものを見つけました。ちょうど搬入中だったのでおば様に尋ねたところ「赤とう豆」との返答。莢を剥いて出てきたお豆さんは赤褐色な色。はじめて見ました。「ご飯と一緒に炊くとお赤飯みたいな色に染まっておいしいよ」との助言を頂き、早速買い求めて炊いてみました。。。
c0017736_23355225.jpg
なるほど、お赤飯のような色。これはポリフェノールのなせる技かしら。ブルーベリーと同じアントシアンを含んでいるのか…体にいいかも!お豆さんは固めの皮に包まれて中はホコホコ。幾分皮に渋味があってそれが一層美味しさを引き立てているよう。二人とも無言でただただお茶碗を見つめモグモグモグ。美味しい、すごく美味しい!画像でもおわかりのように、薄皮を剥いたら鮮やかな緑色のお豆さん。チビッ子空豆くんみたいで可愛いの。


赤とう豆があまりにも美味しかったので是非とも又手に入れたいと勢い勇んで直売所へゴーゴー!しかしこんな時は決って無いものなんです…やっと2軒目(いつも最低4軒は回ります)でらしき物発見。しかし「はじき豆」との看板が。莢を剥いてみると空豆とおんなじ色のが出てきました。ムムム、違うじゃんけ。どうしやう、赤いお豆さんが欲しいのよ。袋にはこれでどうだ!ってな量がギュウギュウに詰められて100円也。安い!試しに買ってみましょ。。。
c0017736_2336716.jpg
ムフフ、このお豆さんも美味しいです。固めの皮に包まれて中はホッコリ。ただちょっと色がね、もっちっときれいな色だったら一層美味しく見えるのに。でもでも美味しいですけどね。


で忘れてならないピースご飯。最初からお豆さんを入れて炊くと、どうしても豆の色がくすんでしまいます。料亭の豆ご飯が美しいのは茹でたものを炊き上がったご飯と混ぜるからなのだそうですが、お家のご飯はいいのです。美味しければね。ついつい色見を気にしてしまうけど美味しければいいのです( ̄‥ ̄)=3。
c0017736_23362177.jpg


------- 豆ご飯レシピ (ル・クルーゼで) -------
<材料> 米1合(160g) もち米大匙1 酒大匙1弱 みりん大匙1/2 塩小匙1/2 
      昆布少々 豆(正味)1C
      6/10訂正 申し訳ありません米1合は160g。180gは間違いでした(´△`)。
<作り方> 
(1) 炊く30分前にお米を洗ってザルに揚げ、豆も洗って塩水に浸けておきます。
(2) 30分経過後、水分を吸ったお米の量を計量カップで測ります。その量がお米を炊く必要水分量(酒・みりん・水)になります。この方法だと新米だろうが古米でもぴったしちょうど良い固さに炊き上がります。ガチガチ、ベチャベチャには決してなりまへん。
(3) 鍋に洗ったお米と昆布・塩・豆それに酒・みりん・水を注いで蓋をしてスイッチオン。
(4) お米はきっかり17分で炊き上がります。始めは強火で。吹いてきたら弱火にして最後パリパリの音が聞こえてきたら(もしくは蓋を開けて確認)火を強めて1、2、、、10数えて火を止めます。そのまま10分蒸らしたら、できあがりです。
※豆ご飯の塩加減って難しいですね。少ないと面白くない味で、多すぎたら勿論しょっぱいし、ちょうど良い塩加減だとワシワシ。食べ過ぎると危険なので2人で1合。3膳分しかありません。
[PR]
by mintoto2 | 2006-06-07 23:30 | 料理
<< 空豆と海老の旨煮 草餅風おからけいく >>