牡蠣三昧
牡蠣を頂きました。あまり好きではないのにです(>_<)。
当たったとか苦い経験なんて無いのですが、あの強烈な磯臭い味が受け付けないんですよ。
克服しようと幾度食べても、拒否反応。今年は牡蠣は食べずに終わるのね、ヤレヤレと思ってた矢先の出来事(-_-;ウーン、なんとかせねば。。。

■殻付き
まずはこのでっかい殻付きをご覧あれ。ゆうに13cmはあります。
これは現在「豊前海一粒牡蠣」のブランドで売り出し中なんですよ。
c0017736_23555853.jpg

■焼き牡蠣
まずは、一番簡単な焼き牡蠣を。。。
c0017736_23571353.jpg
そのまま焼き網にのせて。グツグツグツ、カパッと口が開いてくれます。
それを貝を開ける道具を使って、火傷しないように、汁をこぼさないよう開けて、
お醤油を1滴、橙をキュッと絞って…立ったまま、ハフハフ。美味しいジャン!(◎-◎)

■道具
さてと、今度は殻から身を取り出せねばいけません。でないと調理に取り掛かれません。
c0017736_23564970.jpg
身を取り出すのには貝むき専用のナイフを使います。
上が金物屋さんで売ってたやつ。頑丈そうで力がいらなさそうですよね。
下は以前に牡蠣小屋で買ったやつ。ちょっとヘナヘナですけど、こっちの方が使いやすいんですよ。
殻の隙間に入れて貝柱を切り離し、テコの原理でナイフを立てるとカパッと蓋が開いてくれます。
うまくいったらの話ね(^_^;)。この薄くて細長いのが使い易さの決め手かな。
それと殻で怪我をしないように、いらないような布巾を厚めに折りたたんで左手に持ちその上に牡蠣をのせて、こじあけるようにしています。軍手だと水に濡れるとずっと冷たいんです。

■むき身
苦労して取り出したるむき身。これもでっかい!30gはありました、たしか。
c0017736_23562616.jpg


■牡蠣のコキール2種
せっかく殻もあることだし、殻を使って。。。
むき身は大根をすったもので洗うとありますが。。。ただの塩水で洗って水分を拭いて。
c0017736_2358389.jpg
先日作ったふき味噌をみりんでのばしお酒をちょっと振ってオーブントースターへ。
グツグツグツ、青葱を散らして…うまーい。ここでお酒が飲みたくなりますね。

c0017736_2359597.jpg
コショーを振って、チーズをのっけて、エスカルゴバター(バターにニンニクのすりおろしとパセリを加えて練ったもの)ものせて、オーブントースターへ。グツグツグツ、再度パセリを散らして・・・う、う、旨すぎる!!!へっ?なんか言った?嫌いじゃなかったのかって…へっへっへっ(^^ゞ。


■牡蠣のチャウダー
お次はチャウダーに。牡蠣は切り刻んでコショーを一杯かけて。。。
c0017736_23592549.jpg
たった4粒しか入れなかったのに、牡蠣の旨みがぁぁぁ、すごいです。美味しい!


■牡蠣のリゾット
そして忘れちゃならない、リゾット。これまた切り刻んで、サフランも使って。。。
c0017736_005449.jpg
いつもなら、野菜のブロードを作るところですが、今回は昆布のお出汁で。それと牡蠣をバターで炒めお酒で蒸し焼きにした際に出たお汁も加えて。さらにサフラン水も。ほぼお米が柔かくなったら春菊を加えて、トッピングに菜の花を。
ううう、これもまたメチャメチャ美味しいです。たった4粒の牡蠣でこの旨みが出るなんて。


■サフラン
やっと手に入れたサフラン。ずっとお高いものだと思っていました。ところが。。。
c0017736_011962.jpg c0017736_0112884.jpgホール1g¥408(GABAN) カルディの店頭にありました。
スーパーでは0.5g¥500位ですから随分とお安いですよね。同メーカーでホール3g、5gのもあるようです。このサフランなかなか使いでがありそうです。前回は10本、今回は20本も使ったのに、物の数ではないみたい。


■牡蠣フライ
で最後に控えしは、牡蠣フライ。これを食べずにいらりょうかてんで。。。
c0017736_0131778.jpg
はひ~、やっぱりダメです。全身ムカムカ。気持ち悪い~。一晩中、お腹モヤモヤ。

しかし、嫌だ嫌だと言いながらも牡蠣堪能致しましたよ。ご馳走様(^o^)丿。
[PR]
by mintoto2 | 2006-03-01 23:30 | 料理
<< タルト・オ・シトロン 食物繊維たっぷりなスコーン2種 >>