肉まん
最近とみに寒くなってきました。何処や彼処から温かな中華まんの湯気が立ち昇っています(^。^)。ドイツのwhitewaterlilyさんが オーブン(だよね?)で作られる肉ま~んやピザま~ん、熊本県は牛深のhiroさんが蒸し器で作られる留まるところを知らぬ中華まんの数々切り干し大根まん春雨まんタナカの油炒めまんトマトチーズまんカレーまんチーズのせ。さらに京都のcincoさんがフライパンで作られる蒸し焼き中華まん。三者三様どれも美味しそうでアツアツを頬張りたい衝動にかられます。なんとか私も肉まんを食べたくて、でもイーストの扱いは苦手。なのでなんちゃっての肉まん、ベーキングパウダーでこしらえましたー。
c0017736_16362253.jpg
出来上がった皮は、ご覧のようにあんまり膨れてくれませんでした。BPが古かったのかなぁ。それに皮の色は黄色味を帯びちゃいました。お味はモチモチとして粉の旨みがあって美味しかったのですが、もっとフカフカして欲しかった。

中のアン、奮発して干し貝柱を入れたのですが、なんだか乾燥物特有の臭いが鼻につきました。貝柱ってなかなか柔かくなりませんね。戻し方を調べたら1~2時間も蒸し器にかけるとあり唖然。たった3個の貝柱にそんな時間かけらんない!ガスも勿体無い!でレンジでチン!

なんやかんやと文句を言い言われ、中華コーンスープも飲み干してお腹いっぱいに。
かなり満足、満足、美味しかったですぅ。でもいつの日かイーストで作ってみなくっちゃ…。

<材料 12個分>
 皮    小麦粉400g 砂糖大さじ2 BP13g ぬるま湯200cc
 あん   豚ひき肉150g 干し椎茸4枚 干し貝柱3個 春雨少々 玉葱1/2個弱
 調味料 砂糖小さじ1 酒大さじ1 醤油大さじ1 ゴマ油大さじ1 塩小さじ1/3 
       コショー少々 片栗粉小さじ1
<作り方>
下準備 ・ 干し椎茸は水で戻し、みじん切りにする。
      ・干し貝柱は水で戻し、そのままレンジにかけて柔らかくし身をほぐしておく。
      ・春雨は熱湯をかけて柔らかく戻ったら、みじん切りにする。
      ・玉葱は粗みじんに。
      ・小麦粉・BPは合わせてふるっておく。

(1) ボールに小麦粉・BP・砂糖を入れ、中央をくぼませてぬるま湯を注ぎいれます。
   耳たぶくらいになるまでよく捏ね上げ12個に分割して濡れ布巾を被せておく。
(2) ボールに豚ひき肉と調味料(片栗粉を除く)を入れネバリがでるまでよく混ぜます。
(3) 残りの具材を全て入れよくよく混ぜます。固さは貝柱の戻し汁で調整。
(4) 生地を麺棒で包めるくらいまで広げ手にもちあんをのせ包んでいきます。
(5) 蒸気の上がった蒸し器にオーブンペーパーを敷き蓋をして強火で20分蒸します。
   蒸し上がったら、辛し醤油か酢醤油でお召し上がりくださいませ。


c0017736_16364568.jpg■中華コーンスープ 
<材料>水 中華顆粒スープの素 缶詰のコーン 缶汁 えのき 卵 ゴマ油  塩 コショー 水溶き片栗粉
<作り方>
鍋に水を入れ火にかけスープの素、コーン缶と汁、えのき、ゴマ油を入れ沸騰させます(2~3分)。塩・コショーをして味を整え水溶き片栗粉をいれてトロミをつけ、溶き卵を回し入れれば出来上がりです。

ものの10分もせずに出来てしまう簡単スープ。お味は本格的中華とはいきませんが、そんじょそこらのお店より美味しい…と思います。量もたっぷりいただけますしー(^ー^* )フフ♪。
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-12 11:39 | 料理
<< 信玄餅風 花梨のジュレ >>