花梨のジュレ
花梨は咳止めの薬効があると聞いて、以前蜂蜜漬けやサワー漬けなど作りました。
しかし途中発酵したりしてどれも終いまで飲めませんでした。勿体ない(ーー;)。
もっぱら市販の花梨茶や花梨の雫(商品名)を買って飲んでました。
しかーし先日uneuneさんチ(diary 11月8日分 他いっぱい見所あり!!覗いたアナタは暫く帰れまてん!!!)でそれはそれは美しい茜色に染まった「花梨(正確にはマルメロ)のジュレ」を見ました。以前作った私の蜂蜜漬けの花梨は汚く茶褐色に変色してたのに、なぜに綺麗な茜色なんでしょう(◎-◎)。早速、直売所で探しまわって花梨を手に入れ作ってみました。
c0017736_23502971.jpg
          ムフフ、こんなんできました~(^ー^* )♪
<材料>
   花梨・水(花梨と同量)・砂糖(花梨の20~30%)
<作り方> 
(1) 花梨はよく洗い皮をつけたまま半分に割り5㎜幅にスライスします。
(2) 鍋に花梨(皮も芯も種も!)と水を入れ、はじめ強火、沸騰してきたら弱火にして
   フツフツと30分ほど煮ます。
(3) これを布で濾します。するとヌルーとしたものが出てきます。ここで強く絞りすぎると
   液が濁るらしいのですが、何分にも薬効がある実です、構いまへん。
   残さず絞っちまいましたよ。
(4) それを鍋に入れ砂糖も入れ、アクをしっかり取りながら煮詰めていきます。
(5) するとあららドロドロで鮮やかな茜色になってきます。お好きなトロミ具合の所で
   煮るのは止めにします。あとはしっかり消毒した瓶に入れ脱気すればよろしいかと。

c0017736_23504213.jpg今回、砂糖は30%にしてみましたが、これだとトロミが出るまで煮詰めてしまうと甘くなってしまいます。
次は20~25%ではどうかな。

これはケーキのナパージュ用に作ったのですが、なんだか咳止め薬になっちゃった。効果抜群のようで、咳が聞こえてきません(^。^)。

あ、肝心のお味ですが、ちょっと苦味が感じられますが甘酸っぱくて花梨のいい香りとともに一舐めすると喉も心地よく、なんだか今年の風邪は怖くないかも!
[PR]
by mintoto2 | 2005-12-09 23:51 | その他のお菓子
<< 肉まん マカロン・ショコラ >>