Musical Baton
deartenさんからMusical Botanなるもの受け取りました。

Musical Batonとはなんぞや?
海外のプロブに端を発する音楽に関する企画 とな。
音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選び、その人にバトンを渡すというルール らしい。

うーーーん、最初、こんな私でいいの?最近音楽聞いてないよ。どーしようかなぁ(オロオロ)と思ったけど…ナニお遊びなのですよ、かるーく受け止めましょう(自分いいきかせ)。音楽センスが無くったっていい!音楽音痴でも生きられる(へっ)。

■質問1……コンピュータに入っている音楽ファイル容量は?
なーんも入ってござんせん。無しです。古いPCなもんで負荷をかけたくない。

■質問2……今聞いている曲は?
ハナミズキ 一青窈

■質問3……最後に買ったCDは?
ふぇ~、「冬の恋歌(ソナタ)ORIGINAL SOUND TRACK」(汗)。
実は、これ母へのプレゼント。常日頃シニカルな母が冬ソナにハマり、それまでビデオもCDも扱えなかったのに、見たさ聞きたさで私の厳しい指導に耐え、ついに1人で操作できるようになったのには吃驚。もうビデオは10回以上見たと豪語しております。そして今は「大長今」に夢中のよう。私のビデオ撮りを心待ちに。あ~恐るべし、韓国ドラマ。

■質問4……よく聞く、または特別の思い入れのある曲5曲?
うーん、よく聞くのは落語の出囃子、なーんてね(^_^;)。実は落語大好きなんです。そこで私の落語ベスト5を紹介いたします(趣旨取り違え?イヒヒ)。

1. 古今亭志ん生 火焔太鼓(かえんだいこ)
お人良しの道具屋の主人甚平さん、いつも変な物を仕入れてはしっかりもの女房に小言を言われている。ある日お店の小僧さんが太鼓の埃をはたいていると、通りかかった大名からお声がかかる・・・・。
甚平さんと女房の会話が抜群に面白い。もう抱腹絶倒。何回聞いても飽きることがありません。志ん生の十八番中(沢山ある)の十八番です。
笑いながら眠りについて欲しくて、母に初めて落語のカセットをプレセントし、それから親子共々落語に夢中になったそんな思い出の演目です。

2. 古今亭志ん生 替り目(かわりめ)=元帳
いつも酔っ払って、女房に迷惑をかけている男、今日も酔っ払って帰り、酒の肴に難癖つける。そんな我侭な男が見せる女房への感謝の気持ち。

3. 古今亭志ん生 唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)
吉原に通い詰める大店(おおだな)の若旦那、とうとう勘当され無一文に。川に身投げしようとしたところ叔父さんに助けら、慣れない天秤棒を担いで唐茄子(かぼちゃ)を売り歩くことに。叔父さんや周りの人々の人情に触れて…。

4. 古今亭志ん生 大山詣り(おおやままいり)
酔っ払って暴れたことを理由に皆に坊主頭にされた熊公、一足早く長屋に戻り、仲間の女房たちに亭主は死んだとウソをつく。嘆き悲しんだ女房たちは、尼になろうと。そこに帰ってきた亭主達が目にしたものは…。

5. 桂三木助 芝浜(しばはま)
怠け物の魚屋がしっかりものの女房にせかされて、早朝河岸に着き革の財布を拾う。中には大金が。しかしこれは夢だった??? 桂三木助の十八番。最後にホロリとさせられます。

質問5……バトンを渡す5名様。

プラハなchihuahua
プラハ在住のtabirin2000さん、音楽の都プラハにて何をお聞きでしょうか?
愛犬のチワワのtabiちゃん、ママの弾くピアノで今日も夢見ごこち。

主婦的生活
イケてる主婦街道驀進中のiveveさん。今日も今日とてなにやら事件が!(◎-◎)
なにやらワイン片手に音楽の風にのって世界めぐりを楽しんでいる模様。

申し訳ありません、5名はとても無理です。
誰が、こんな規則作ったのかなぁ。関係者でてこーーーい!なんちゃって(^_^;)
[PR]
by mintoto2 | 2005-06-20 17:40 | その他
<< 水無月(和菓子) 甘夏かん >>