今日も練り練り。
最近になって間違いだと気がつきました。
やちむん(沖縄の焼き物)のこと、ずっとやむちんだと。
それからサーターアンダギー(沖縄のお菓子)をターサーアンダギーって。
さらにジーマミー豆腐(沖縄のピーナッツ豆腐)をジーマーミー豆腐って。

実は、沖縄へは1度も訪れたことはありません。
これから先、行けるかどうかわかりません。
が、ここ数年blogから沖縄の風がソヨソヨと吹いてきて。
行けないならせめて沖縄物産展へと馳せ参じたり。
そこで、ジーマミー豆腐に出会いました。
とても美味しかったのだけど、高いわりにはちょびっとしか無くてね。

去年の秋、農産物直売所で地場の殻付きピーナッツを発見しました。
千葉でもなく国内産のピーナッツってあるもんなんですね。
早速、ジーマミー豆腐を作ってみました。
風味豊かで美味しかったのだけど、殻の膨大さに比べると可食部分は少なくて。
出来上がったものは、またもやほんのちょびっと。うぐうぐうぐぅ。
これって、まるで馬の鼻面に人参ぶら下げて少しずつしか与えないような(>_<)。
ピーナッツ、収穫時期(10月頃)を過ぎるどこにも無くて。1年待たねばならぬよう。
c0017736_1591317.jpg

と思っていたら、あら~まぁ~、なんと暮れに旦過市場で見っけました。
殻をむいた状態で500gの袋入り。ほほほ。
c0017736_1595237.jpg
嬉しいことにこの落花生、買ってから6ヶ月(12月時点)は持つとのこと。
さらにこのお店では1年中置いてあるんですって。
これで思いっきし美味しいジーマミー豆腐を食べれるというものです。

で朝から、練り練り。
c0017736_202186.jpg
ごま豆腐やご豆腐は葛粉で作るのだけど、このジーマミー豆腐はタピオカ粉で。
葛粉は美味しいのですが、冷蔵庫に入れると固くなって味も落ちてしまいます。
でもタピオカ粉だと冷やしてもずっとプルンプルンの状態のまま。
ジーマミー豆腐だとタピオカ粉で作っても遜色なく美味しいと思います。
c0017736_214951.jpg
ピーナッツは健康に必要なミネラルやビタミンが沢山含まれているとのこと。
心臓病や生活習慣病の予防や肝機能を助ける物質も沢山含まれているとか。
なんとなく油脂たっぷりであまり食べてはいけないものだと思っておりました。
食べて美味しく、さらに健康効果もあるなんてありがたや~。せっせと食べるさ~。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

■材料(玉子豆腐器 140x110x45mm)
生ピーナッツ(薄皮付き)100~120g、水 500cc、タピオカ粉 50g

■作り方
1.ピーナッツの薄皮をむいて、一晩水につけておく。
2.分量の水をミキサーにいれ、水気を切った豆を少しずつ入れ粉砕する。
3.布か大き目のお茶パックでこす。
4.鍋にタピオカ粉を入れ、3の液を少しずつ加え混ぜる。
5.きれいに混ざったら火にかけ、沸騰した後中火弱で5~10分練り続ける。
6.なめらかになり、ころんころんとしてきたら型に流し入れる。
7.表面が乾燥しないように、クッキングペーパーで覆い冷まします。
8.完全に冷めたら冷蔵庫にて保存。

※ピーナッツの薄皮は水につけるとむきやすいです。
※賞味期間は冷蔵庫で2~3、いや4日は大丈夫かも。

[PR]
by mintoto2 | 2009-03-20 02:00 | 料理
<< 花も和菓子も ごろごろ芋むし、だんご。 >>