「柚子練り」に悪戦苦闘。
沢山の柚子を前にして、はて何を作りましょうか。
c0017736_16582431.jpg
夕飯の用意をしながらテレビを見ていたら偶然、「柚子練り」というのを紹介していました。
大分県の由布院では昔から伝わるおやつで家庭の味なんだそうな。初めて知りました。
マーマレードに似ていますが、そうではなくお茶請けのお菓子なのだとか。

作り方は。。。
1 柚子の皮(白い部分も)を使いますが、表皮は苦味が強いので薄皮をむく。
2 1cm幅の短冊形に切り、熱湯にくぐらせ、ほど良い苦味になるよう水にさらす。
3 鍋に柚子皮と砂糖(1.5倍!)を入れじっくり1時間ほど煮る。
  果汁を加え皮に透明感がててきたら出来上がり。

ですって。なんだか簡単そうではございませぬか。作ってみることに。。。

しかし柚子皮をむくっていう部分に納得がいかなくて。
柚子って皮が命だと思うのですよ。なのにその皮をむくなんて。
そんな勿体ないこと私にはできまへん。これが吉とでるか、凶ととでるか。。。
聞く耳持たずにそのまま使って1時間じっくり煮込んでみました。
で出来上がってアツアツを試食してみると、多少固くはありますが美味しいなり~♪

と!喜んでいたのも束の間、冷めるとめちゃくちゃ固くなって、歯がたちまへんねん。
とても食べられたものではござらぬよ。さりとて捨てるには余りにもしのびなく。
拙者、だめもとで水を加えてミキサーで粉砕してみたでござるよ。
ガリゴリとまるで小石が入っているかのようなケタタマシイ音を立て回って回って。
その音も小さくなり、蓋を開けて舐めてみると、これが…。

なんと美味!美味しい柚子ペーストの出来あがり~♪ わからぬものよのぉ。
c0017736_16592577.jpg
しかーし、私はちゃんとした「柚子練り」が食べたいんじゃて。

お~し、反省点を踏まえて再度挑戦するだに。柚子はまだまだ沢山あるだに。
薄皮はちゃんとむいて、砂糖は心もち少なく(1.2倍)入れてと。。。
アツアツを試食。柔か~い。
ただ砂糖を減らしたので心もとなげな味になってしもうた。初回の方が美味しかったかも。
で冷めると、え~ん、固いではござらぬか。なんでなんで、皮はちゃんとむいたのに。
う~ん、もぉ~何としよう。。。

こうなったら奥の手、圧力鍋の登場だぁよ。なんとしでも柔かくしてやるもんね。
水と砂糖(1.5倍になるよう)を加えて、シュシュシュ。
さ~さ~どうよ。
な・な・なんと、ふにゃふにゃ~になっちゃって、にゃんとも柔らかくなりすぎだわさ。
ほんで冷めると、ひゃ~固くなっているではありませぬか。しぶといヤツめ!
おまけに味は水っぽくなって全然美味しくありません。もう最悪だ~よ。
c0017736_1721344.jpg
あ~ん、ワシはこんなの作りとーはなかった。なしてこうもマズいのじゃ。
どーすりゃ美味しい「柚子練り」が食べられるというんじゃよぉーーぉぃぉぃ(泣)。


さて気を取り直して。。。
この表皮の削りカスで兼ねてから作ってみたかった「柚子糖」なるものを作ってみました。
切り抜いておいた新聞記事を参考に。柚子皮と絞り汁、大量の砂糖と合わせて。
なめてみると、なかなか美味しいではございませぬか。
c0017736_1723696.jpg
まずは、柚子ペースト+ 柚子糖 + 葛粉で温かい飲物を作ってみたら。。。
c0017736_172506.jpgc0017736_173334.jpg
まるでフレッシュなホット柚子ジュースのようで、ねっとりとしてとても美味しいの。

次は、トーストにバターを塗って柚子糖をパラパラふりかけてと。。。
c0017736_1732130.jpg
柚子シュガートースト、これもとても良い感じです。
とまぁ失敗から生まれた副産物なんですけど、これが思いのほかヒットでした。

さてさて、まだまだ柚子がありましてね。懲りずにシツコク3度めの挑戦です。
こうなったらヤケクソ、好きなように作ってみることに。
オレンジピールを作る時のように、徐々に糖度を増して表皮は削らず、お砂糖は1.5倍で。

ふふふんふん、なかなかいい感じの色艶でしょ。
c0017736_1733869.jpg
透明感もでて。2回目と月とスッポン。冷めても美味しくいただけましたよ。やれやれ。
c0017736_1741070.jpg

今年もお返事遅れてすみません。必ずお返事させていただきますがしばし。
風邪をお引きにならぬよう暖かくしてお待ちくださいませm(__)m。
[PR]
by mintoto2 | 2009-01-30 17:00 | その他のお菓子
<< ごろごろ芋むし、だんご。 明けまして おめでとうございます。 >>